Mac miniがようやく新しくなりました。

2014年10月17日、ようやく新しいMac miniが登場しました。なかなかアップデートされずに、このまま消えてしまうような噂さえあったのですが、第4世代Intel Coreプロセッサや最大90%高速化した統合型グラフィックスなどを搭載してきて、ほっとしたってところでしょうか。

とはいえ、今回、Mac miniの一番のインパクトは、価格なのかもしれません。最も安いモデルは5万2800円と、20%ほど値下げしてきています。

ところが、この最安モデルは、正直、スペック的にはかなり物足りない印象ですから、実際には、その一つ上のモデルを選ぶのが良さそうです。

というのも、エントリーモデルは、メモリが4GBで、その上のモデルが8GBになっています。通常、ノートパソコンはさておき、デスクトップパソコンなら、メモリは、足りないようならあとで足せばいいやというところですが、どうやら新型Mac miniのRAMは基板に半田付けされているようなのです。

従って、メモリを増やそうにも増やせないようになっているわけです。余談にはなりますが、不正開封防止ネジも使われているということで、基本的には、開けないでね、というスタンスのようです。HDDは一応交換可能のようですが、これも保障対象外となります。

そんなわけで、4GBのメモリでは少々心許ないということで、新型Mac miniを検討している人は、結局のところ、エントリモデルは買わないのではないだろうか?と私は感じています。アップルもこのモデルを買う人は少ないと見てるのではないかと想像します。ならば、価格を下げて、Macを持っていない人にも買って貰おうってところではないでしょうか。

そんなことはさておき、新しいMac miniの中身ですが、OSは、OS X Yosemite搭載で、iWorkも搭載されています。

今回、私は、Mac miniを買う予定はないので、各サイトのレビューが出てきたら、紹介していきたいと思います。

2014/10/23 8:56:01

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ