ポケットwifiとは

ポケットWiFiはソフトバンク(元ワイモバイル、イーモバイル)の商標だが、一般的には4G、3Gを使ったモバイル通信できるポケットサイズのWiFiルーターでのインターネットサービスのことを指す。

ポケットWi-Fiとは、ポケットに入るWi-Fiルーターという意味だろうから、データ通信の回線については、LTEや3G回線のみならずWiMAXや格安SIMなども含めて検討されている方も多い。

このページを読んでいる方の中にも、ワイモバイルのポケットWiFiでないとダメだという人よりも、もう少し広義なポケットwifiということで検討されている人も多いのではないだろうか。

当サイトでもWiMAXやMVNOの格安SIMについては、別途紹介している。

このページではWiMAXや格安SIM以外のLTEや3G回線を使うWiFiルーターを使った回線を契約するにあたりお得なキャンペーン情報を紹介していく。

従って、基本的にはソフトバンク(旧ワイモバイルの)のポケットwi-fiか、そのMVNOがほとんどだ。

ところで、ホテルでホテルの固定回線に繋いでスマホなどからWiFiを使えるようにする小型のWiFiルーターもあるが、これらはホテルルーターとかモバイルルーターと呼ばれており、このWiFiルーターは別途インターネット回線が無いといこともあり、ココでは紹介していない。

ホテルルーターに興味のある方はこちらを参照いただきたい。

ポケットwifiとWiMAXの比較

まずはポケットWiFiを検討している人に、ポケットWiFiと同様に高速モバイルデータ通信のWiMAX2+とどちらにしようか迷っている人に向けて比較してみたい。

最初に、通信速度で比較してみよう。結論からいえば通信速度はポケットwifiよりWiMAXの方が速い

ただし、WiMAXの場合ちょっとビルの中に入っていくと繋がりにくかったり、地方に行くと、エリア外と言うことが多い。これは、WiMAXが2.5GHzという周波数帯を使っているためだ。

この周波数は直進性が強く、コンクリートなどで反射するなどするため建物などが苦手なのだが、その代わり通信速度が速くなる特徴がある。

一方で、ポケットwifiはWiMAXに比べて低い周波数の1.7GHz帯を使っているため、WiMAXよりは建物内に入っても繋がりやすい。その代わり、WiMAXと比較すると通信速度は出にくい

ということがおおまかなところなのだが、最近では、ポケットwifiにも、SoftBank 4G LTE(900MHz)や、SoftBank 4G(2.5GHz)の回線に対応するルーターが登場している。

ポケットWiFiでは、今後、AXGPとかSoftBank 4Gと呼ばれる通信方式が主流になりそうなのだが、AXGPは2.5GHz帯を使用する。そのためAXGPエリアならWiMAXと条件は同じで、WiMAXでもポケットwifiでも速度も繋がり易さも違いはない筈なのだ。

このように、ポケットWiFiもWiMAXも速度面、エリア面では、大きな違いはなくなりつつある。

比較するとすれば、自分がよく利用する場所が”どのエリア”なのかが一つの目安なのだが、実はエリア検索しても周波数の情報は出てこないので、実際に使ってみないと分からないというのが、実情だ。

エリアで考えれば、ポケットwifiの方が繋がり易い傾向はあると思うが、各電鉄会社が最近はWiMAX対応を謳っているので、通勤中など電車で移動する際に利用を検討しているのであれば、WiMAXの方が接続状況が良い可能性は十分あり得る

また、WiMAXはギガ放題というデータ通信量が無制限のプランが人気なのだ。

そのため、WiMAXの方がデータ量が気になる人には向いているのだが、これに対抗してなのかポケットWiFiもAXGPエリアでアドバンスモードに設定しておけば無制限で使えるプランが始まっている。

ただし、ポケットWiFiには3日間で1GBの制限があるので注意が必要だ。

とくにポケットWiFiは速度制限がかかると極端に遅くなるようだから、データ量が多い場合はWiMAXの方がおすすめではある。

もちろんWiMAXのギガ放題でも3日間の制限はあるのだが、3GB/3日とデータ量が大きいことと、速度制限自体が緩めである。「少なくとも700Kbpsの速度は確保したい」と社長が話しているようにYouTubeの標準画像程度なら問題ない程度の制限となっている。

ちなみに、筆者はGMOとくとくBBのWiMAX2+を利用していたことがあるが、月間50GB以上利用していても特に制限がかかった印象はなかった。おそらくポケットwifiだと完全に速度制限されているくらい利用していた筈だ。

もう一つ、ポケットWiFiのデータ量無制限のプランは、AXGPエリアでアドバンスモードに設定しておく必要がある。これは、WiMAXと同じ周波数を利用することであるから、ポケットWiFiの周波数の方が繋がり易いというメリットは無くなる。いざというときにはアドバンスモードを外すことで、ポケットWiFiの方が繋がり易いというメリットはあるが、この場合、データ量が7GBなどで制限がかかってしまうため、あくまでも緊急用ということになるだろう。

さて、最後に、どちらがおすすめかと言うことになると、通信速度などを求めるのであれば、WiMAXだ。

繋がりやすさを求めるのであれば、ポケットWiFiの方がまだ有利だろうか。これも先述のとおりAXGPエリアで使うという話になると、有利性はかなり薄れてしまう。そうなると、MVNOの数が多く、キャンペーンが活発なWiMAXの方がおすすめしやすい。

月額料金もポケットWiFiがやや有利な感じではあったが、やはりデータ量無制限のプランで検討すると、WiMAXの優位な印象は否めない。

そもそも、筆者のようにデータ量が増えてしまう可能性の高い人なら、少々月額料金が高くなってもWiMAXのギガ放題がおすすめだ。

ポケットwi-fiもAXGP限定のデータ無制限プランが登場したが、正直な印象として、ポケットWiFiである必要性はかなり薄い。

このプランで、データ量無制限で利用するためにはエリアが狭いし、このエリア内で利用するのであれば、WiMAXと同じ周波数帯であることから繋がり易さに大差はない。

契約も3年契約が前提だし、3日間のデータ量の制限など、WiMAXの諸条件と比較すると、壁が多い印象だ。

加えて月額料金もWiMAXと似たような価格にもかかわらず、WiMAXならキャッシュバックキャンペーンが年間通して実施されている。

一方、ポケットWiFiは、おすすめMVNOも減っているのが現状で、お得なキャンペーンも期待しづらい。

どうしてもワイモバイルのポケットWiFiがいいという人でなければ、WiMAXを検討してみて損はないだろう。

WiMAX2+キャンペーン比較はコチラ

無制限ではないポケットWiFiを選ぶ意味はない

ポケットwifiは基本的にはデータ容量は無制限ではない。例えば601ZTの3年契約のプランの場合、月間5GBで128kbpsに制限されてしまうのだ。

もう一度書くが僅か月間5GBで制限がかかる

しかし、価格は月間で2,480円とか3,696円とか、条件により異なるが、安くても2,500円ほどかかっているのだ。にもかかわらず5GBで制限がかかる。

ちなみに2,480円というのはYahoo!プレミアム会員限定価格であるので別途会員料金が必要だ。

これを読んでいる人ならご存じだろうが今時の格安データSIMで5GBなら1,500円以下だ。スペック上の速さは格安SIMでもポケットwifiでもそんなに変わりはない。むしろ格安SIMの方が速くてエリアも広く、メリットがありそうだ。

これを考えると1,000円以上高いポケットwifiをわざわざ選ぶメリットがなかなか見えてこない。加えてポケットwifiは3年契約だ。格安SIMのデータプランなら契約年数の縛りはほとんどの場合ない。

これらのことからあえてポケットwifiを選ぶのであれば無制限プランでないと意味がない

ポケットWiFiと格安SIMの比較

次に、ポケットWiFiとLTEの格安SIMと比較してみよう。

まず、ポケットWiFiを探している人が、格安SIMを利用するのであれば、データ量が無制限のプランか、かなりの大容量のプランとなるだろう。

たとえば、筆者は毎月WiMAXで50GB以上使うが、これを格安SIMで考えると、どうしても1万円/月以上かかってしまう。

また、速度面でも格安SIMの実際の速度はかなり遅めなので、PCで使う場合などは結構ストレスがある。

ポケットWiFiを探している人の中には、スマホの料金を下げる為に使おうという人もいるだろうが、そういう用途なら尚更ポケットWiFiやWiMAXの方が向いているだろう。

格安SIMはあくまでもデータ量が少ない人向けだ。例えば、タブレットやPCを週に1回くらい外で使いたい人で、月に5GBくらいあれば大丈夫というのであれば格安SIMを選ぶのもありだろうが、それ以上となるとおすすめしがたい。

無制限プランの格安SIMはかなり遅めなのでスマホで動画をみたいというような、限定された用途の人なら何とか使えるが、PCを接続して使うような使い方だとどうしても遅さが目立て結局はWiMAXに食指が向くように思う。

おすすめポケットWiFiキャンペーン比較

ポケットWiFiのキャンペーンは実施はされているが、WiMAXがキャッシュバックキャンペーンなどが積極的に展開されていることを考えると、非常にさみしい状態だ。

料金的には、ポケットwifiを積極的に契約する理由は見つからないように思う。それは上述したとおりだ。

WiMAXで問題なさそうならWiMAXをおすすめする

ポケットWiFi比較ランキング1位

Yahoo WiFi

ポケットWiFi504HWでアドバンスオプションが6ヶ月無料になるキャンペーンで、月額4,380円が月額3,696円(アドバンスオプション加入)になる。

また、Yahooプレミアム会員専用プランになるため、別途462円が必要になる。

このプランは、アドバンスオプション加入の場合、AGXPエリアでアドバンスモードに設定すると、データ量に制限がなくなるのが特長だ。ただし、3日間で1GBを超えると速度制限されるので、注意が必要だ。

このポケットWiFi504HWだが、キャリアアグリゲーションと4x4MIMOに対応することで、下りは最大261Mbpsのポケットwifi史上最速だ。

無線LANはIEEE802.11 a/b/g/n/acに対応しているが、3Gエリアには対応していない。

なお、月額料金は4年目からは4,880円に上がるが、その頃にはまた別のサービスに乗り換えればいいだろう。

このキャンペーンは2016年9月30日まで!

ポケットWiFi401HWのキャンペーンも実施中だ。3年契約で月額2,480円だ。こちらもYahoo!プレミアム会員限定料金で、また、4年目からは月額2,980円になる。

なお、このプランは、データ通信量が7GBを超えると速度制限がかかる。

ポケットWiFi401HWは75gでポケットWiFiのルーターでは史上最軽量だ。下り最大速度は112.5Mbpsだが、電源を入れて5秒で使える。なお、無線LANは、IEEE802.11 b/g/n飲みに対応している。3Gにも対応している。

通信速度ルーター初期費用月額
下り最大185MbpsポケットWiFi 502HW、401HW3,000円2,480円~
(別途Yahoo!プレミアム会員費462円が必要)
更新日:2018/09/19 11:53:13
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

  • WiMAXキャンペーンのおすすめを比較!2018年11月最新版WiMAXキャンペーンのおすすめを比較!2018年11月最新版
    WiMAX2+はキャンペーンが盛んだが各社のキャンペーンは日を追う毎に複雑化しているのだが、今後は3年契約のみとなる見通しだ。2018年10月末現在販売されているルーターの在庫がなくなり次第、3年契約のみとなるので2年契約したい人はとにかく急いで契約すべきだ
  • Softbank Airキャンペーン比較!自宅に固定回線の代わりのネット回線Softbank Airキャンペーン比較!自宅に固定回線の代わりのネット回線
    Softbank Airはソフトバンクの機器を電源に繋げばすぐにインターネットに繋がる自宅の固定回線の代わりの通信サービス。これを使えば工事なしでネットに繋がり、また、パケット量も無制限だから、スマホを繋げばパケット代を節約できそうだ。
  • 格安SIMとは?!おすすめMVNOの格安SIMプランはこれだ!格安SIMとは?!おすすめMVNOの格安SIMプランはこれだ!
    格安SIMでスマホ代は本当に安くなるのでしょうか?今なら月額1,980円からのプランが中心になっており間違いなく格安だ。安かろう悪かろうではないの?格安SIMに変更したいけど難しくない?など格安SIMの疑問を解消!
  • イオンモバイルなら格安スマホの契約も超簡単!格安SIMも登場イオンモバイルなら格安スマホの契約も超簡単!格安SIMも登場
    イオンスマホの登場で格安スマホ市場が一気に活性化したがそのイオンスマホは現在イオン自らがVINOとなったイオンモバイルとなっている。それまで難しそうだった格安スマホだが、イオンモバイルなら大手キャリア同様にイオン店舗で契約することもできる。簡単に使える格安スマホが欲しい人におすすめの格安スマホだ。