LTEデータ量が無制限格安SIMのぷららモバイルLTE

LTEが普及してから、データ通信は上限があるのが当たり前になったが、速度が遅くてもデータ量が無制限の方がいいという人も多い。そんな人に人気なのがぷららモバイルLTEの定額無制限プランだ。

2015年春現在、LTEデータ量が無制限の格安SIMは他にもあるし、他の格安SIMの中には、最大通信速度が150Mbpsを謳っているものもある。

一方のぷららモバイルLTEの無制限プランの通信速度は、3Mbpsとスペック上かなり見劣りするのが正直なところだ。

そうはいっても、実際に使ってみるとスペック上の速度というのはあまり関係ないことは、ユーザー自身よく知っているのだ。

無制限の有無にかかわらず格安SIMの多くは、昼間の通信速度は遅いといわれている。無制限プランの場合は尚更だ。

ネット上には各格安SIMの速度を計測しているサイトが多々あるが、総じて、あまり評判は良くない。

格安SIMの場合、限られた帯域の中にたくさんのユーザーを割り当てることによって格安にしているため、どうしても速度低下は免れない。

無制限プランの場合は特にその傾向が強いのはいうまでもない。

そんな中ぷららモバイルLTEは最初から3Mbpsと謳っていることもあり、比較的、定格に近い値が出ているようだ。

また、設備の増強も随時実施しているようだから、比較的使える無制限SIMと言えそうだ。

7GBプランも実は格安なのだ!

ぷららモバイルLTEは、株式会社NTTぷららという文字通りNTTグループの会社が運営している。

格安SIMでは最もシェアがあると言われているOCNモバイルONEのOCNもNTTグループだし、他にもNTTグループが運営している格安SIMもある。

基本的には独立して運営しているようだが、そうはいってもグループ内でユーザーの取り合いをするメリットも少ないようで、ある程度、ターゲットユーザーが被らないようにプランを考えいるようだ。

そのため、ぷららでは無制限プランというOCNにはないプランが登場したわけだが、同様に、ぷららモバイルLTEが力を入れているのが、7GBプランのようだ。

実際には月間7GBを使う人はそんなにたくさんいるわけではないし、最近では10GBというプランも各社設定しているので、実は7GBプランというのは比較的少ないプラン名のだ。

ぷららモバイルはそこを狙ってきたようで、7GBプランでは2015年5月27日までは、最安値になっていたが、5月28日が最安値宣言しているDMM mobileが値下げをしたために、最安値の座こそ失ったが、安いのは間違いない。

DMMを選ぶかぷららを選ぶかは、価格かブランドかというところだろうか。

ぷららの特典

ぷららモバイルLTEならではの特典としては、「ひかりTVエントリープランが無料」と、「独自のセキュリティサービス」がある。

ひかりTVエントリープランが無料

ひかりTVが提供している映画やドラマなどの人気ビデオのうち約3,000本が視聴できるエントリープランが、通常324円/月が無料になる。

ひかりTVエントリープランで視聴可能な作品一覧はコチラ

独自のセキュリティサービス

ネットバリアベーシックとして、有害なホームページをブロック、不審な通信をブロック、Winnyをブロックするセキュリティサービスも無料で利用できます。

ぷららモバイルLTE

NTTぷららが提供する格安SIMカードのサービスがぷららモバイルLTEだ。ぷららは、定額無制限プランと、定額ライトプランが人気となっている。NTTグループのOCNがOCNモバイルONEという格安SIMを提供し人気となっていることもあって、他社などと比べても、かなり特徴的なサービスとなっている。

定額無制限プランは、上下ともに最大3Mbpsと、LTEにしては随分遅い設定になっている人も多いかもしれないが、最大150Mbpsのサービスが実際その速度が出ているかというと、そんな速度はほとんど出ない。一方、ぷららモバイルLTEの場合は安定的に速度が出ているようなので、実際の使い勝手はむしろこちらの方が良さそうだ

ぷららの上位MVNEはOCNだが、このOCNをMVNOにしているMVNOは総じて回線の評判がいいのだ。他社では、最大150Mbpsで無制限のプランを用意しているMVNOも存在するが、実際にはかなり遅いと言われている。ところが、ぷららの無制限プランは、安定的にそこそこの速度が出ているため、実用的な面では一番おすすめだ。

ぷららモバイルLTEのデータ通信プラン一覧

プラン名通信量上限通信速度月額料金
定額ライトプラン110MB/日150Mbps900円
定額7GBプラン7GB150Mbps1,885円
定額無制限プラン無制限3Mbps2,760円
二段階定額プラン※100MB/日150Mbps362円※

※月間30.5MB以上の場合2,362円となる。

ぷららモバイルLTEの音声通話付きデータ通信プラン一覧

プラン名通信量上限通信速度月額料金
定額ライトプラン110MB/日150Mbps900円
定額7GBプラン7GB150Mbps2,586円
定額無制限プラン無制限3Mbps3,460円

国内通話料:20円/30秒

SMS送信料:送信:3円/通 受信:無料

スマホセット対象のスマホ一覧

機種名価格備考
ASUS ZenFone2 Laser30,024円(税込)
ASUS ZenFone249,460円(税込)
ファーウェイ P8lite27,792円(税込)
ファーウェイ Ascend G620S21,186円(税込)
Lenovo YOGA Tablet 239,080円(税込)
NEC Aterm MR04LN21,600円(税込)
NEC Aterm MR03LN20,430円(税込)

2015/09/16 1:07:05

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

  • OCNモバイルONEは安定感抜群の格安SIM!3日間の速度制限無しOCNモバイルONEは安定感抜群の格安SIM!3日間の速度制限無し
    OCNモバイルONEはシェアトップクラスの格安SIMだ。他のMVNOの攻勢でやや陰りは見られるが、それでも回線の安定性などで人気の格安SIMだ。3日間のデータ通信量による速度制限が無いのが最大の魅力だ。無料WiFiにも対応している。
  • LTEデータ量無制限のおすすめ格安SIMカード比較LTEデータ量無制限のおすすめ格安SIMカード比較
    高速データ通信量が定額無制限で使い放題の格安SIMを集めて紹介している。各MVNOによってLTE無制限はユーザーを詰め込んだり、速度を予め遅くするなどで実現する為、実際の使い勝手が良くないMVNOをある。おすすめのLTE使い放題プランを紹介。
  • U-mobileはデータ量無制限プランが魅力の格安SIMU-mobileはデータ量無制限プランが魅力の格安SIM
    ユーモバイルはLTE使い放題プランというデータ量無制限のプランが魅力の格安SIMだ。最大150Mpbsでデータ量無制限で利用できるのだ。ほとんど使わない月がありそうな人なら2段階のダブルフィックスというプランもおすすめだ。
  • DTI SIMは格安SIMの中の格安SIMDTI SIMは格安SIMの中の格安SIM
    DTI SIMは積極的なキャンペーンと格安な価格設定で人気の格安SIMだ。通常の音声通話のかけ放題にも対応しており、電話を頻繁にかける人におすすめだ。また、ネット使い放題プランもある。