おすすめMVNOの格安SIM比較

格安SIMといっても、いろんなMVNOが、いろんな格安SIMを提供していて、どれを選んだら良いのかが分かりづらい。

ここでは、人気のMVNO中心に、格安SIMを比較して、おすすめランキングとして紹介している。

格安SIMキャンペーン

人気MVNOの格安SIM比較

2015年は格安スマホ市場が大きく成長した。

そんな中、従来人気MVNOだったOCNモバイルONEやIIJmio、リニューアルしたBIGLOBE SIMは更にシェアを伸ばした。OCNやIIJはかつてほどの勢いは無いが、堅調に人気を得ているようだ。

人気の格安SIMを比較してみると、概ねOCN、IIJ、ビッグローブといったプロバイダー業を営んでいるMVNOが安心感があるためか人気となっており、概ね速度的にも高速で通信できるようだ。このへんは、設備面や運用面での経験がものをいうというところだろう。

mineoのケイ・オプティコムもeo光など光回線の運営をやっている実績があり、また、auとdocomoの両回線に対応するなどユニークなサービスのおかげで順調にシェアを伸ばしている。

そんな中でも楽天モバイルの人気はスゴイ。調査会社によっては、楽天モバイルがシェアNo.1になったという話もあるくらいだ。

スマホセットのスマホの種類の多さが多分に影響しているようだ。

2016年はイオンがMVNOとして格安SIMに参入し、こちらも受付を中止するほどの人気となっている。恐らく大きくシェアを伸ばすだろう。

今後は各MVNOはネットでの競争ではなく、実店舗での競争が激化するだろうと想像されるが、その点でイオンモバイルは大きくリードしていると言わざるを得ない。ネームバリューもあるため、かなりのシェアを占めてくるは間違いないだろう。

一方、価格競争については、2015年春以降は、ほとんど変化していない。

ニッチなところを各社が狙って最安値に打って出るなどは繰り返されており、全てのプランで業界最安値だったDMM mobileもさすがに追随しないようになるなど、落ち着いていた。

ところが、2016年春以降、各MVNOは音声通話の料金で差別化を図り始め、各社かけ放題プランなどが盛り上がってきている。

これまで格安スマホと言われながら、音声通話は決して格安でなく、むしろ割高だった。

格安SIMで人気のプランはデータ通信のみのプランが大半で、音声通話プランはあまり人気がなく、キャリアからMNPで格安スマホにするような人は少なかった。

ところが、ここにきて、各MVNOは、音声通話の料金での競争がはじまってきた。

特にイオンモバイルは、シニア層をはじめとしてスマホなどに詳しくない層を大きく取り込むのは間違いなく、MVNO間のみならずキャリアからの乗り換えも今後一層増えてくると想像される。

格安スマホという点では、ソフトバンク系のY!mobileが1,980円/月のプランを発表すると、au系のUQ mobileも同様のプランを発表している。

UQ mobileは、au回線を利用していることもあり、SIMフリーのスマホ端末の選択肢がないという大きな弱点があったが、iPhone 5sの販売が開始されることと也、今後、人気となりそうだ。

この後は、LINEも格安SIMを始めるという話もあるので、格安SIMの選択肢は増える一方だ。

一次事業者のMVNOと、二次事業者のMVNOの格安SIM比較

ところで、公表はされていないのだが、MVNOには一次事業者と二次事業者がある。

二次事業者のMVNOとはドコモと直接接続するのではなく間にMVNEと呼ばれる一次事業者が入っている。

MVNEのサービスそのものや、設備を借りてサービス提供しているため、比較的簡単に参入でき、運用コストも抑えることができるため、料金を安くできる。

しかしながら、上流のMVNEの回線が細くて遅い場合、下流にあるMVNOの回線も遅くなる。逆に上流が速くても下流のMVNOがユーザーを詰め込んだり、設定次第では遅くなるのは言うまでも無い。ちなみにイオンモバイルも二次事業者に該当すると思われる。

この点でいうとプロバイダ業を運営している会社がMVNOになっている場合は、ノウハウが蓄積されていることもあり、短期的に速度が落ちたとしても、長期的には改善してくるので、ある程度安心感はあるだろう。

また、あまりよく知らないMVNOの場合、もし上位のMVNEがどこかが分かれば、ある程度回線の速度の予測はできる。ネット上の口コミなどを見る限りIIJやNTT系がMVNEになっているMVNOの回線の評判いい。品質のIIJを謳うだけあってIIJ系MVNOは比較的速いことが多い。

格安SIMを比較してみると、概ね、一次事業者の方が人気がある傾向がある。

各MVNOのプランを比較してみても、そんなに大きな価格差があるわけでもない。プロバイダー系MVNOは、固定回線を利用している人は、さらに格安になるので、そういう意味では人気を得やすいだろう。

たとえば、OCNの光回線を使っている人がOCNモバイルONEを利用する場合、200円安くなるのだ。月額900円が700円になるというのは、大きな違いだろう。

そういう意味では、格安SIMの比較だけでなく、他の回線も含めて全体で比較する必要がありそうだ。

楽天モバイルが人気なのは、おそらく、セット販売されているSIMフリースマホの種類が多いのと、そのSIMフリースマホが不定期にキャンペーンで安くなっていることが大きく牽引している。

U-mobileの場合は、無制限プランが人気だ。mineoも、他のMVNOと比較すると、ドコモとauの両方に対応しているなど、特長がはっきりしている。

au回線のMVNOであるUQ mobileはもっと人気がでても良さそうなのだが、これまで対応するSIMフリースマホに魅力あるモデルがなかったため苦戦を強いられてきたがiPhone5sの投入で人気になってくると思われる。実際、おすすめしたい。

音声通話料金からみる格安SIM比較

格安SIMに乗り換える時に、一番問題となるのが音声通話に関する部分だろう。

基本的に、格安SIMの音声通話は高い。

従って、音声通話を頻繁に利用する人が格安スマホに乗り換えると、格安スマホどころか割高スマホになるケースも十分考えられる。

現在、キャリアの音声通話は、話し放題が一般的だが、格安スマホの場合は20円/30秒だ。

格安スマホにして、仮に月額基本料金が5,000円安くなっていても、125分/月通話すると、その安くなった分はなくなってしまうのだ。

しかし、格安SIMにしたいけど、音声通話もそれなりに使用するという人もいるだろう。

音声通話を前提に、格安スマホを比較してみよう。

まず、音声通話には、通常の音声通話と、IP電話の2種類がある。

一般的に、IP電話は格安だが音声の品質は落ちる。昔ほどではなくなってきたが、それでも個人的には、仕事などで使うことは考えられないし、あまりおすすめしたくはない。

それでも、友達や家族と話すのなら、十分だろう。

また、通常の音声通話にも、格安にする方法がある。

それが、プレフィックス型サービスだ。電話番号の前にプレフィックス番号という特定の番号を付けて電話をすることで、格安になるサービスだ。

プレフィックス番号を付与するのが面倒だが、ほとんどの場合、専用アプリが用意されているので、そのアプリを使って電話をかければ通常の電話と何らかわらない。

それで通話料金が半額などの格安になるのだから、利用しない手はないだろう。

データ通信料金でみる格安SIM比較

格安SIMもたくさん登場してきたが、どのMVNO、どんなサービスが人気かというと、やはり月額1,000円未満の格安SIMが人気の中心で、それ以外だと、データ量が無制限の格安SIMも人気だ。

月額1,000円以下の格安SIMでは1~3GB/月のデータ量だが、ほとんどの人が、その範囲内で収まっているそうだ。

格安スマホを使ったデータ通信は、基本的にはWiFi接続できる時がメインで、移動中にメールやLINEなどを使ったりする程度であれば、まず問題ない。

あとは、音声通話をどの程度利用するかで、もう少し通信量多いプランがいいというケースも考えられる。

格安スマホは、従来は、音声通話が高いこともあり、データ通信をメインに比較することが多かったが、最近は格安スマホも音声通話の料金の競争が始まっている。

公衆無線LAN(Wi-Fi)が使える格安SIM比較

格安SIMに関わらずLTEはデータ容量に上限があるため、可能な限りはWi-Fiなどを利用してパケット量を節約したい。

自宅は光回線などを引いて無線LANを利用することが一般的だが、外出して利用する機会が多い人は、WiFiサービスのある格安SIMを契約すると、WiFiスポットを別途契約する必要もなく、格安になるだろう。

公衆無線LAN(Wi-Fi)が使える格安SIMは、あるのかというと、いくつかのMVNOで対応している。

多くの格安SIMで対応しているのが、BBモバイルポイントと、Wi2 300だ。

Wi2 300は、国内最大級のスポット数を誇るが、かなり小規模な店舗も多く、また、整体院などWiFiの為に立ち寄ることもできないようなスポットも多く、実際につかるスポットとなると、案外少ない人が多いだろう。

BBモバイルポイントにしても、マクドナルドやルノアールなどのチェーン店が多いので、それらの店に行く機会が多い人は悪い選択ではないが、例えばマクドナルドは無料WiFiサービスを開始したこともあり、わざわざBBモバイルポイントのアカウントを持つ必要もないのかもしれない。

スターバックスや各コンビニなども無料WiFiサービスを実施しているなど、格安SIM比較する際にWiFiが利用できるか否かを考慮に入れるのは、重要ではなくなりつつあるのかもしれない。

おすすめMVNOの格安SIM比較ランキング

格安SIMを比較するには、色々視点があるだろうが、ここでは、格安SIMのブランドで人気のMVNOを紹介している。

もう少し、具体的に比較したい場合は、以下のページに人気プランをまとめて紹介しているので、そちらも参照してもらいたい。

格安SIM比較ランキング1位

UQ mobile

UQ mobileは、他のMVNOと異なりau回線を利用している。au回線は、LTEの場合は、周波数が対応しているスマホなら通信することができるのだが、3G回線の場合は、特殊な通信方式のため、ほとんどの格安スマホが対応していないと考えていいだろう。

そのためUQモバイルのSIMを利用するのであれば、auで販売されていた白ロムスマホを用意するか、UQモバイルで購入するかのいずれかとなり、ドコモ系の格安SIMと比較するとややハードルが高い印象だ。

au 4G LTEは、プラチナバンドで人口カバー率99%を誇ることもあり、接続はし易そうだ。また、回線速度も、昼夜問わず安定して十分な速度が出ているようだ。

価格については、当初は、やや高めの設定だったが、通信量が増えたことで、ドコモMVNOの格安SIMと比較しても格安な設定となっており、割高感はなくなった。

また、通信量無制限のプランもあるが、無制限プランの場合、通信速度が最大500kbpsとなっている。

3日間のデータ量に対する速度制限は、1GB/3日以上となっているため、他の多くのMVNOと比較し緩い設定となっているのは魅力の一つだろう。

また、新料金プランも登場した。これは、データ量1GB+無料通話1,200円分+スマホ代金まで含んで月間2,980円~となっている。スマホが不要な人にはお得度は低いが、au回線を利用するMVNOであることから、スマホを同時購入する人の方が多いだろうから、そういう意味では、お得なプランとなっている。

なお、このプランは、MVNOとしては珍しく2年契約となっているので注意が必要だ。

格安SIM比較ランキング2位

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEは、MVNEを挟まないドコモと直接接続しているMVNOだ。

もちろん、老舗プロバイダが提供している安心感もあり、回線速度はあまり芳しくなかった時期もあったが、不定期に回線増強して改善しており十分な帯域があるようだ。

例えば、データSIM3GBプランでは900円/月だが、もし光回線などでBIGLOBE接続サービスを利用していれば200円(ベーシックコース)割り引かれるので700円/月となる。加えて光☆SIMセット割を利用すると月額料金が最大300円割り引かれる。BIGLOBEユーザーは、すなおにBIGLOBEにしておけば良さそうだ。

また、6GBプラン以上の場合はで利用中は、BIGLOBE Wi-Fi(250円/月)が1ライセンス無料で利用できる。

BIGLOBE WiMAX 2+

格安SIM比較ランキング3位

mineo

au、ドコモ、ソフトバンクの回線から選べる格安SIMだ。

ドコモプランでは直近3日間のデータ量での速度制限がないのが魅力の一つだろう。ただし、auプランを利用の場合は3GB/3日で制限がかかる。

しかも、繰り越した分は家族間でシェアできたり友達に贈るなどの仕組みもあるので、パケットの無駄をかなり抑えられる

050で始まるIP電話は基本料無料。SMSはデュアルプランは当然ついているが、シングルプランでも申し込みさえすれば、無料で使える。

格安SIM比較ランキング4位

楽天モバイル

楽天モバイルは、ドコモ回線に加えてau回線も選べるようになっている。

ドコモ回線で提供しているスーパーホーダイプランは、データ通信容量を使い切った後でも、1Mbpsで使い放題なるのが特長。1Mbpsという速さはLTEにしては遅いし快適とは言わないが、SNSやYouTube動画を見る程度なら十分な速度とも言える。

また、スマホセットとなっている格安スマホの種類の多さが最大の特長だろう。格安スマホからミドルレンジクラスのスマホやタブレット、モバイルルーターまで揃えている。スマホセットなら、自分でスマホの設定をする必要もないため、格安スマホ初心者でも安心して利用できる。

また、スマホセットで申し込むと、楽天らしくポイントバックが受けられる。

楽天モバイルでは、通信速度が200kbpsと低速だが、無制限プランも用意されている。

格安SIM比較ランキング5位

NifMo

3GBプランでは、Nifmoが900円/月だが、@nifty(固定回線)を利用している方なら、ココからさらに200円割り引かれるので、700円/月となる。また、BBモバイルポイントのWiFiスポットが追加料金無しで利用できる。専用アプリを入れておけば、WiFiを検知すれば自動でWiFiに切り替わってくれる。

料金的にも最安争いの中に含まれるが、NifMoのセールスポイントは、NifMoバリュープログラムだろう。これは、専用のAndroidアプリをダウンロードしておけば、提携サイトでの買い物で割引される。提携サイトにはYahooショッピングも含まれているから、全く使えないサービスでは無さそうだ。

3日間の通信量による速度制限も、他社と比較すると比較的緩い。例えば、3GBプランの場合1日で650MBとなっており、他社より5倍ほど多いので繰り越し機能も比較的有効的に使えるだろう。

「@nifty接続サービス セット割」で@niftyの接続サービス(固定回線)を利用中の方は基本料金から200円/月割り引き。

格安SIM比較ランキング6位

イオンモバイル

9/3まで初期費用1円キャンペーン、イオンでんわ10分かけ放題初月無料キャンペーン、イオンスマホ安心パック60日間無料キャンペーン、HUAWEI P20シリーズデビューキャンペーンなど納得!夏得!イオンモバイルキャンペーン2018を実施中だ。

イオンの格安SIMは、プランがとても豊富なのが、特長。今のところ通信速度も速いといわれている。

格安スマホにする時に、サポートが気になる人もいるだろうがイオンモバイルなら全国にあるイオン店舗でサポートを受けられるため安心だ。

使い方の電話サポートは月額300円、スマホ端末の安心サポートは月額350円~に、月額150円のセキュリティサービスがセットになったイオンスマホ安心パックは600円~となっている。

元々格安スマホとして人気のイオンスマホは、特にシニア層に人気がある。

シニア層に向けた格安スマホとのセットが人気の秘訣なのだが、イオンスマホではシニア層だけでなく、年代別におすすめの格安スマホを用意している。

格安SIM比較ランキング7位

OCNモバイルONE

人気No.1の格安SIMだが、各プラン微妙に他社とは異なるラインナップで特徴を出している。あまり声高でないが、3日間の速度制限がないのが最大の特長といえるかもしれない。

OCNモバイルoneの場合は、最安プランが、110MB/日となり、他社とは若干異なるので、3GB/月がいいのか、110MB/日がいいのかとうところが判断のしどころかもしれないが、上記の通り、3日間の通信量が規制されていないので、110MB/日だと、その恩恵にあずかれず、結果的に他社の3GB/月と使い勝手はほとんど同じになってしまうだろう。

従って、若干他のMVNOより価格面では高くなってしまうが、3GB/月プランはおすすめだ。もしくは、毎月プランを切り替えられるので、通常は110MB/日プランにしておき、通信量が増えそうな月は、3GB/月プランなどのするのも良さそうだ。

また、繰り越しも使えるため、月単位のプランより無駄が少なくなりやすいので、OCNモバイルONEを使うのであれば、おすすめのプランと言えそうだ。

データ専用SIMの場合SMSを後から追加することができないので、SMSが必要な人は、SMS対応SIMパッケージを予め購入する必要があるので注意が必要だ。

OCNユーザーも割引があるが、@niftyやビッグローブより若干条件が厳しくなって、OCN 光の接続プランを使っている場合に200円割引となる。

2016年7月1日より無料WiFiが正式提供となり、アクセスポイントも全国約82,000ヵ所となった。

格安SIM比較ランキング8位

DMMモバイル

DMMモバイルの最大の魅力は、価格だろう。「一時的なキャンペーン価格と原価を下回る場合を除いて、さらに安い値段での提供を目指す」としており、実際、他社が値下げした場合も追随しており最安値になっている。コストで選ぶならDMMモバイルで決まりだろう。

中でも、660円/1GBの超格安プラン。これは、DMM.comの会員獲得など相乗効果を狙った戦略的価格のため、DMMのようなコンテンツを持っていないプロバイダなどでは難しい価格だろう。

1GBと容量が少ないが、大半の時間でWiFiを使えるという人や、そもそもほとんど使わないという人なら、1GBでも十分使える方も少なくないはずだ。

加えて、DMMモバイルの場合は、速度制限になった場合でも、バースト機能として、最初の一定量のみLTEの速度が出るようになっているので、動画は厳しいが、メールのチェックくらいすぐに読み込んでくれるので、速度制限になってもさほど問題ない。

プロバイダ以外の業者の場合、システム不安はあるのだが、DMMモバイルでは、IIJのMVNOサポート事業を利用しているため、システムなどはIIJのものを使用している。IIJのシステムなら、やはり安心感が違う。

なお、通信速度は、最大225Mbpsとなっている。残念ながら、対応している端末は現時点ではほとんど無い。

また、DMMモバイルはスマホセットの格安スマホの種類も、楽天モバイルについで多いのも特長だ。

格安SIM比較ランキング9位

IIJmio

IIJmioは、格安SIM最大手ともいえるMVNOだ。

バースト転送機能があり、速度制限がかかっても、ちょっとした表示なら高速表示されるので、テキスト中心で使うなら、速度制限されても、通常通り使えてしまう人もいるだろう。

また、高速通信のON/OFFを簡単に切り替えられる機能もあるので、高速通信は必要な時以外はOFFにしておけば、データ量を超える可能性が低くなる。

ファミリーシェアプランもあり、これは、SIMを最大3枚まで使えるので、家族で、共有したり、複数の端末に使ったりできる。

格安SIM比較ランキング10位

nuromobile

nuroモバイルはSo-netブランドで提供されていた格安SIMだ。

2GB~10GBまで1GB刻み(+200円/GB)で細かくわかりやすいプランを用意していたが、このたび更にシンプルな料金プランへと変更となった。

ドコモ回線とソフトバンク回線に対応していおり、最安プランは0.2GBとデータ容量はかなり少ないが月額300円で利用できる。

音声プランは最低利用期間が12ヶ月となっているが、違約金は最大12,000円で毎月1,000円ずつ減額されていく。

更新日:2018/10/10 12:56:55
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。