SIMフリースマホと格安スマホ

格安スマホというと、大きく分けて、月額料金などの支払額を格安になるようにSIMフリースマホで格安SIMを利用することと、文字通りの端末が格安であるSIMフリースマホの2種類を指すことが多い。

前者の場合、Y!mobileやイオンスマホのようにスマホ+通信サービスを含めたものも入る場合もあるし、自分でSIMフリースマホなどを用意して格安SIMを使って通信するというケースがある。

ここでは、SIMフリーの格安スマホ端末自体を紹介している。

格安スマホで人気のMNVNOの格安SIM比較はコチラ

格安スマホとか、SIMフリースマホとかとか・・・

最近は、格安SIMが普及しつつあり、たくさんの格安SIMが販売されており、また、実際かなり売れている。

ところが、格安SIMを指すSIMフリーのスマホというのが案外、そんなに無いのが実情だ。

2016年夏現在、格安SIMのほとんどがドコモの回線を使っているため、SIMフリーではなくても、ドコモのスマホなら使えてしまうのだが、そうは言っても、どうせなら、海外旅行に行ったときにも使いたいだろうし、ドコモ以外のキャリアの格安SIMも少しずつ登場して来ていることもあり、格安なSIMフリーのスマホも次第に増えてきてはいるし、今後はもっと増えるだろう。

VAIOもスマホを発売することを発表して以来、あっちこっちで話題になっているように、SIMフリーなスマホや、格安SIMが使えるスマホというのは、今、もっとも注目されているのは間違いない。

実際、SIMフリーのスマホがないとはいっても、全くないわけでもなくて、ジワリジワリと登場してきているのだ。

GoogleのNexusシリーズや、SIMフリースマホの決定版ともいうべき、ASUSのZenFone2、ZenFone5などもあり、キャリアが出すスマホと全く遜色のないスマホも登場してきている。

SIMフリーのiPhoneは10万円前後の価格だが、ZenFone5は、3万円を切った価格で、このスマホと格安SIMを組み合わせれば、かなり出費を抑えられそうである。

さらに、マイクロソフトもWindows Phoneの制約を緩めたり、Windows10が登場するなど、実はWindows Phoneも2015年は注目なのだ。もちろん各キャリアからもでるのかもしれないが、やはり、マイクロソフトにしても端末を普及させたいこともあり、今は、開発が容易になっているようだ。そのため、2015年に入ってからはWindows Phoneの開発の噂があちらこちらで聞くようになっている。

おすすめSIMフリースマホ比較ランキング

格安なスマホから、ミドルレンジクラスまでのSIMフリースマホを紹介している。

機能面では、キャリアから販売されているスマホと比べると劣るのは仕方ないところで、VoLTEなどには対応していないし、対応周波数も全て対応しているわけではない。

繋がり易さは、ドコモから販売されていたスマホに一日の長があるが、価格的にはミドルレンジクラスのスマホとなり、格安スマホというにはやや高めになっている。

なお、SIMフリースマホに変えたら繋がらないといった声もよく聞くが、SIMフリースマホは、一般的にキャリアで販売されているスマホと比べると、対応周波数が少ないことが多いので、地域によっては繋がりにくくなる。これについてはコチラを参照して欲しい。

FUJITSU ARROWS M02/RM02

繋がり易さ星4
おすすめ度星5
機能・動作星5
ディスプレイ星3
価格星5

docomoでは3バンド対応の格安スマホで、しかも、auでの利用も考慮して作られている。おサイフケータイにも対応し、モバイルSuicaが使える。

FUJITSU ARROWS M02/RM02のスペック

OSAndroid 5.1
画面1280x720(5.0インチ)
294ppi
SIMサイズnanoSIM
サイズ・重量68.9x141x8.9mm
149g
カメラ810万画素
その他機能GPS、IPX5・IPX8/IP5X、NFC/FeliCa
対応周波数LTE Band 1/3/8/18/19/26
WCDMA Band1/6/19
GSM 850/900/1800/1900MHz

FUJITSU ARROWS M02とセット販売しているMVNO格安SIM

MVNO価格備考
楽天モバイル29,800円楽天モバイル限定モデル
DMM mobile29,800円
Nifmo33,334円
BIGLOBE1,380円×24回
IIJmio29,800円
U-mobile29,800円
UQ mobile34,800円ぴったりプランで無料
mineo32,400円
イオンスマホ34,800円

ASUS ZenFone2 Laser

繋がり易さ星4
おすすめ度星5
機能・動作星3
ディスプレイ星3
価格星5

ZenFone5の後継機種。ドコモLTEはBand28にも対応しBand21以外は対応している。

ASUS ZenFone2 Laserのスペック

CPUQualcomm Snapdragon 410
OSAndroid 5.0
画面1280x720(5インチ)TFT
294ppi
RAM2GB
ストレージ16GB
SIMサイズmicroSIM × 2
サイズ・重量71.5x143.7x10.5mm
145g
カメラ1,300万画素
その他機能GPS (GLONASS、BeiDouサポート)/加速度センサ/電子コンパス/近接センサ/光センサ/磁気センサ
対応周波数LTE Band 1/3/5/6/8/9/18/19/28
WCDMA Band1/2/5/6/8/19
GSM 850/900/1800/1900MHz

ASUS ZenFone2 Laserとセット販売しているMVNO格安SIM

MVNO価格備考
楽天モバイル22,800円~
DMM mobile22,800円
Nifmo9,800円
BIGLOBE1,150円×24回
OCNモバイルONE17,800円
IIJmio27,800円
U-mobile27,800円

ASUS ZenFone Max

繋がり易さ星4
おすすめ度星5
機能・動作星3
ディスプレイ星4
価格星5

大容量バッテリーを搭載し、LTE接続時で約28日間(約683.6時間)の連続待受時間を実現した格安スマホ。その分、202gとやや重めだ。

ASUS ZenFone Maxのスペック

CPUQualcomm Snapdragon 410
OSAndroid 5.0.2
画面1280x720(5.5インチ)TFT
267ppi
RAM2GB
ストレージ16GB
SIMサイズmicroSIM × 2
サイズ・重量77.5x156x10.55mm
145g
カメラ1,300万画素
その他機能GPS、電子コンパス、光センサ、加速度センサ、近接センサ、磁気センサ
対応周波数LTE Band 1/3/5/6/8/9/18/19/28
WCDMA Band1/2/5/6/8/19
GSM 850/900/1800/1900MHz

ASUS ZenFone Maxとセット販売しているMVNO格安SIM

MVNO価格備考
BIGLOBE1,150円×24回
OCNモバイルONE24,800円
IIJmio27,800円

HUAWEI P8lite

繋がり易さ星4
おすすめ度星4
機能・動作星4
ディスプレイ星3
価格星5

人気の格安スマホのASUS ZenFone5とよく似たスペックで価格面でも競合している。ただし、後発の分、P8liteの方が、カメラやセンサー類など機能面では勝っている。LTEもドコモのBand21以外には対応しており格安SIMフリースマホとしては一般的だ。

HUAWEI P8liteのスペック

OSAndroid 5.0
画面1280x720(5.0インチ)
294ppi
SIMサイズmicroSIM×2
サイズ・重量71x143x7.7mm
131g
カメラ1300万画素
その他機能GPS(GLONASSサポート)、加速度、近接、環境光、電子コンパス
対応周波数LTE Band 1/3/5/7/8/19/28/40(TDD)
WCDMA Band1/5/6/8/19
GSM 850/900/1800/1900MHz

HUAWEI P8liteとセット販売しているMVNO格安SIM

MVNO価格備考
OCNモバイルONE28,600円
IIJmio28,600円
Wonderlink27,742円I/Fシリーズ契約者限定特別クーポン適用後価格

ファーウェイ honor6 Plus

繋がり易さ星3
おすすめ度星4
機能・動作星5
ディスプレイ星5
価格星3

ミドルレンジの格安スマホ。800万画素のカメラが背面に2つ、前面に1つあるなど、カメラ機能はかなり充実している。

ファーウェイ honor6 Plusのスペック

OSAndroid 4.4
画面1920x1080(5.5インチ)
401ppi
SIMサイズmicroSIM
サイズ・重量75.7x150x7.5mm
165g
カメラ800万画素×2
その他機能GPS/AGPS/Glonass/Beidou、NFC
対応周波数LTE Band 1/3/7
WCDMA Band1/6/8/19
GSM 900/1800/1900MHz

ファーウェイ honor6 Plusとセット販売しているMVNO格安SIM

MVNO価格備考
楽天モバイル45,800円

2016/09/06 11:27:54

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

  • 格安スマホ比較!おすすめ格安スマホは1,980円~格安スマホ比較!おすすめ格安スマホは1,980円~
    格安スマホでスマホ代は本当に安くなるのでしょうか?今なら月額1,980円からのプランが中心になっており間違いなく格安だ。安かろう悪かろうではないの?格安スマホに変更したいけど難しくない?など格安スマホの疑問を解消!
  • LTE対応周波数帯を調べてSIMフリースマホを買おうLTE対応周波数帯を調べてSIMフリースマホを買おう
    SIMフリーの格安スマホやタブレットを買った後によくあるトラブルの一つに繋がらないというのがある。海外と日本では周波数帯が異なるため、海外製のスマホを買う場合などは特に気をつけたい。使いたい周波数帯に対応したスマホを買う必要があるのだ。
  • 富士通製の格安スマホARROWS M02が人気!SIMフリーで防水防塵!富士通製の格安スマホARROWS M02が人気!SIMフリーで防水防塵!
    ARROWS M02/RM02はおサイフケータイに対応し、モバイルSuicaが使える格安スマホだ。M01よりスペックダウンしている部分もあるが、SIMフリーの格安スマホとしてはそつなくまとまっている印象だ。
  • おすすめSIMフリータブレットはこれだ!おすすめSIMフリータブレットはこれだ!
    格安SIMが普及してきましたが、格安SIMを使うにはSIMをさせる端末が必要です。格安SIMフリースマホもたくさん登場してきましたが、SIMフリータブレットもチラホラ登場してきました。