Aterm MR05LN

Aterm MR05LNが登場した。あまり大きな変更点はないが、細かい点で変更されている。

MR04LNはMicroSIMのデュアルSIMだったが、MR05LNではnonoSIMのデュアルSIMとなった。最近のスマホはnonoSIMが増えているため、この方が使い勝手がいいだろうと思う。個人的には、今回の変更ではこの点が一番嬉しい変更点だった。これだけのために買い換えようかと思っているくらいだ。

SIMの切り替えはわずか10秒で完了する。また、予め設定しておけば、通信量/時間/クレードル装着の有無で自動的にSIMを切り替えることも可能となった。

APN設定の設定も、MVNOを選択するだけだ。

実はMR04LNからほんの少しだけ大きくなっている。しかし、その分通信時間は増えており、Bluetoothテザリングの場合、最大24時間から30時間に伸びている。

通信速度も最大300Mbpsから3CA対応で375Mbpsに上がっている。

Aterm MR05LN

繋がり易さ
おすすめ度
機能・動作
価格

Aterm MR05LNのスペック

伝送速度LTE:最大受信150Mbps
LTE-Advanced:最大受信375Mbps
SIMサイズnanoSIM×2
サイズ・重量63x115x11mm
115g
WiFiIEEE 802.11ac/n/a/g/b
対応周波数LTE Band 1/3/8/11/18/19/21
WCDMA Band1/5/6/8/19
GSM 850/900/1800/1900MHz

Aterm MR05LNとセット販売しているMVNO格安SIM

MVNO価格備考
DMM mobile23,000円

Aterm MR04LN

人気のAterm MR03LNが更に進化して登場したのがAterm MR04LNだ。

次世代通信方式LTE-Advancedに対応し、最大300Mbpsの受信速度を実現している。

さらに、SIMロックフリーとなり、格安SIMの利用も更にしやすくなっている。ドコモのMVNOが大半であるため、国内ではあまりメリットは無さそうだが、海外での利用や、ソフトバンクやauのMVNOも増える可能性が高まってきていることから、今後SIMフリー化したメリットを活かせることが増えそうだ。

SIMフリー化に伴い、SIMスロットも2つのデュアルSIM対応となった。デュアルSIMの格安スマホも存在するが、そのほとんどが、デュアルSIMとはいっても両スロット共にLTE対応していない。ところが、このAterm MR04LNの場合は、どちらのスロットでも同等に動いてくれるから、格安SIMを2枚挿しておくなんてこともでき、仕事用・プライベート用で分けたり、国内用・海外用と分けたりと、各人に合わせた使い方ができるだろう。

どちらのSIMを使用するかを切り替えのも、画面でタッチするだけだから簡単だ。

MR03LN自体、モバイルWiFiルーターとしての機能はほとんど網羅されていた印象だったが、SIMフリー化、高速化と、確実に進化しており、価格面で問題がなければ、このMR04LNをおすすめしたい。

Aterm MR04LN

繋がり易さ
おすすめ度
機能・動作
価格

Aterm MR04LNのスペック

伝送速度LTE:最大受信150Mbps
LTE-Advanced:最大受信300Mbps
SIMサイズmicroSIM×2
サイズ・重量63x111x11mm
111g
WiFiIEEE 802.11ac/n/a/g/b
対応周波数LTE Band 1/3/8/11/17/18/19/21
WCDMA Band1/5/6/8/9/19
GSM 850/900/1800/1900MHz

Aterm MR04LNとセット販売しているMVNO格安SIM

MVNO価格備考
DMM mobile23,000円
BIGLOBE933円×24回
OCNモバイルONE23,889円25,926円(クレードルセット)
mineo24,000円
イオンスマホ25,920円
Amazon.co.jpロゴ

Aterm MR03LN

モバイルルーターといえば、このAterm MR03LNの一択といってもいい位の決定版的な存在だ。

SIMフリーではないが、ドコモのクアッドバンドLTEに対応しているため、一般的なドコモのMVNOの格安SIMならバッチリ使える。

画面もタッチパネルとなっており、直感的に操作できる。

WiFi機能も11acに対応するなど、モバイルWiFiルーターに求められそうな機能は、だいたい含まれている。

専用クレードルを使えば、ホームルーターとしても十分使える。

専用クレードルの重さが60g程度であることを考えると、旅行時に持ち歩いて、ホテルルーターとして使うというのも悪くないだろう。

少し変った機能としては、公衆無線LANに対応している点も、かなり便利だ。WiFiスポットに入ったら、タッチパネルを操作するだけで、LTE/3G回線から、公衆無線LANに切り替えることができる。このルーターに接続しているスマホなどもWiFiに切り替えるのが簡単だから、別にいらなさそうだが、各端末にそれぞれ設定するのも案外面倒だったりする。

また、Bluetoothのテザリングも対応しているため、スマホなどがより少ない消費電力で通信できるというメリットもある。

ただし、この機能は、SIMカードがついていない状態では利用できない点は注意が必要だろう。

Aterm MR03LN

繋がり易さ
おすすめ度
機能・動作
価格

Aterm MR03LNのスペック

伝送速度LTE:最大受信150Mbps
SIMサイズmicroSIM
サイズ・重量64x111x11mm
105g
WiFiIEEE 802.11ac/n/a/g/b
対応周波数LTE Band 1/3/19/21
WCDMA Band1/5/6/9/19
GSM 850/900/1800/1900MHz

Aterm MR03LNとセット販売しているMVNO格安SIM

MVNO価格備考
ぷららモバイルLTE20,430円(税込)
mineo24,000円Aterm MR03LE(au回線用)

mineoで提供されるのはAterm MR03LEで、au回線用となっているため、対応周波数がLTE Band 1/11/18となっている。ただし、CDMA2000には対応していないので、auの3G回線では使えない。

2016/09/01 13:39:51

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

  • ポケットwifiよりWiMAXがおすすめ!キャンペーン比較!ポケットwifiよりWiMAXがおすすめ!キャンペーン比較!
    ポケットWi-FiはY!mobileのモバイルデータ通信だがモバイル対応のWiFiルーターを指すことも多く最近はWiMAX2+が人気だ。ポケットwifiは3年契約でキャンペーンも盛んではない。WiMAXはエリアも広がりポケットwifiと比較して劣る点はあまりない。
  • WiMAXキャンペーン比較!お得なワイマックス2016年12月版WiMAXキャンペーン比較!お得なワイマックス2016年12月版
    WiMAX2+の各社キャッシュバックをはじめとするキャンペーンが盛んで比較するのも大変。今月の凄いワイマックスキャンペーンを比較し紹介している。繁忙期に入っているためWiMAXキャンペーンは充実している。
  • 格安スマホ比較!おすすめ格安スマホは1,980円~格安スマホ比較!おすすめ格安スマホは1,980円~
    格安スマホでスマホ代は本当に安くなるのでしょうか?今なら月額1,980円からのプランが中心になっており間違いなく格安だ。安かろう悪かろうではないの?格安スマホに変更したいけど難しくない?など格安スマホの疑問を解消!
  • LTEデータ量無制限のおすすめ格安SIMカード比較LTEデータ量無制限のおすすめ格安SIMカード比較
    高速データ通信量が定額無制限で使い放題の格安SIMを集めて紹介している。各MVNOによってLTE無制限はユーザーを詰め込んだり、速度を予め遅くするなどで実現する為、実際の使い勝手が良くないMVNOをある。おすすめのLTE使い放題プランを紹介。