ASUS ZenFone2

ASUSから発売された格安スマホのZenFone5は大変人気だが、今回はそのZenFone5の上位機種とも言えるZenFone2が登場した。重量はZenFone5より重くなっている。

メモリは世界初で4GBを搭載しており、また、CPUも64ビットAtom Z3580で、Android5.0を搭載している。Atom Z3580は、ARMのA53+Adreno 405搭載8コアSoCに比べて2~3倍性能アップしているそうだし、GPUも2倍以上とかなり高速で動作する。

カメラは1300万画素、各種機能により、Xperia Z3や、iPhone 6 Plusよりも高品質な写真が撮れるという。前面カメラは140度パノラマ写真にも対応している。

各種センサーはGPS(GLONASSサポート)、加速度センサ、近接センサ、電子コンパス、光センサ、磁気センサ、ジャイロスコープ、NFCと、もはや格安スマホではない。

SIMカードは2枚挿せるのだが、SIMスロット2の方は、2G回線の音声通話にしか対応していないため、海外旅行などに行った際に利用する程度だろう。

401ppi、フルHDの画面は5.5インチとなっている。

バッテリーも3,000mAhあり、LTE連続待受時間267時間となっている。

おそらくZenFone2を購入する人はドコモのMVNOの格安SIMを利用するだろうが、ドコモのLTEでは、Band21には対応していない。そのため、800MHz(Band 19)および1.7GHz(Band 3)、2GHz(Band 1)利用することになる点は注意が必要だろう。なお、ドコモは2015年4月以降700MHz(Band 28)が利用できるようになるといわれているが、この周波数には対応している。

また、FOMAのW-CDMAも、Band1、Band6に対応しているので、繋がりにくいということはないだろう。

Band21が使えないため、地方のLTE接続に若干不安は残るが、格安スマホとしては、かなり繋がり易そうな端末といえる。

ASUS ZenFone2

繋がり易さ星4
おすすめ度星4
機能・動作星5
ディスプレイ星5
価格星3

ASUS ZenFone2のスペック

OSAndroid 5.0
画面1920x1080(5.5インチ)
401ppi
SIMサイズmicroSIM×2
サイズ・重量77.2x152.5x10.9mm
170g
カメラ1300万画素
その他機能GPS(GLONASSサポート)、加速度センサ、近接センサ、電子コンパス、光センサ、磁気センサ、ジャイロスコープ、NFC
対応周波数LTE Band 1/2/3/4/5/6/8/9/18/19/28
WCDMA Band1/2/5/6/8
GSM 850/900/1800/1900MHz

ASUS ZenFone2とセット販売しているMVNO格安SIM

MVNO価格備考
楽天モバイル32,800円~
BIGLOBE1,490円×24回
U-mobile45,800円
イオンスマホ29,800円~

2015/05/18 11:32:43

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

  • 格安スマホ比較!おすすめ格安スマホは1,980円~格安スマホ比較!おすすめ格安スマホは1,980円~
    格安スマホでスマホ代は本当に安くなるのでしょうか?今なら月額1,980円からのプランが中心になっており間違いなく格安だ。安かろう悪かろうではないの?格安スマホに変更したいけど難しくない?など格安スマホの疑問を解消!
  • SIMフリースマホ比較ランキング 人気のおすすめスマホSIMフリースマホ比較ランキング 人気のおすすめスマホ
    格安なSIMフリースマホが人気となっている。MVNOの格安SIMとの組み合わせでスマホ料金が安くなるのが人気の秘訣だ。SIMフリースマホの種類も次第に増えて比較するのも大変!SIMフリースマホを比較し人気ランキングを紹介。
  • ASUS ZenFone Maxは連続待受時間約1ヶ月の格安スマホASUS ZenFone Maxは連続待受時間約1ヶ月の格安スマホ
    ASUS ZenFone Maxは、格安アンドロイドスマホの決定版とも言えるZenFone2 Laserに大容量バッテリーを搭載したスマホ。一般的な格安スマホとは一線を画し、質感や機能はキャリアで売られいるスマホと比較しても遜色のない出来映えだ。
  • Xperia J1 CompactはSIMフリーのミドルレンジスマホXperia J1 CompactはSIMフリーのミドルレンジスマホ
    Xperia J1 CompactはドコモのXperia A2(SO-04F)のSIMフリー版だ。ドコモの製品として販売されていたスマホだから、LTEもクアッドバンドに対応しているし、白ROMだと繋がらないテザリングも問題ない。