Softbank Airなら簡単にパケット節約できる

Softbank Airはソフトバンクのインターネット接続サービスの一つで、機器を電源に繋げば、インターネットに繋がるというのが売り文句だ。

光回線やケーブルインターネットなどの固定回線は、工事や電話会社の設定が必要だから、機器を繋いでもすぐにインターネットができるわけではないが、このSoftbank Airの場合は、無線で繋ぐため、電源さえ繋げれば、すぐにインターネットに繋がるというわけだ。

AXGPというPHSを高速化したAXGPを更に改良した通信方式で通信する(ポケットWiFiでもこのAXGPが使われている)。PHSの一種ではあるが、通信速度は最大261MbpsとADSLと比較してもこちらの方が断然速い。

PHSだから、エリア内である必要はあるが、政令指定都市だと人口カバー率は100%を達成しているようだし、全国的にも2013年時点で92%と、かなり広範囲で使える。

無線と聞くとデータ量によって通信制限がありそうだが、Softbank Airの場合は、そのような制限はなく、自宅で利用しておけば、スマホを接続したりすると言う使い方ができる。

販売開始当初はそのような話だったのだが、2015年春頃には通信規制が入った時期があるようだ。

その後、クレームが殺到したようで、データ量による通信規制はなくなった。しかし、動画ファイルの通信やIP電話などの一部機能では速度制限はかかると明記されていることから、完全に固定回線と同じようにはいかないだろうが、スマホのパケット料節約などであれば、十分対応は可能だろう。

WiMAXを固定回線の代わりに利用する人も多いのだが、家族で利用すると、データ量が半端なく多くなるため、あまり現実的な選択肢とは言えない。

その点、Softbank Airなら、一般的な利用なら使い放題といえるため、固定回線の代わりならコチラがオススメだ。

先述のように、工事も不要だから、お手軽に利用できるのではないだろうか。例えば、単身赴任とか、学生の間だけなど、長期間使うことが無いのであれば、工事の伴う固定回線よりは、お手軽でいいだろう。

2年契約にはなるが、無線だから、引越してもエリア内であれば、問題なく使えるわけだ。

一人暮らしだと、コスト的には微妙なのかもしれないが、家族がたくさんいるのであれば、自宅に固定回線でインターネットがあると、スマホのパケット量の節約ができるから、一考の価値はあるだろう。

Softbank Airの通信速度

Softbank Airの通信速度は、下りが最大261Mpbsとなっている。

しかし、基本的には110Mbpsと考えた方がいいだろう。

実際の速度としては、極端に遅いという評判はあまり聞かない。

こういうサービスの場合、遅いというクチコミは広がりがちだが、意外と言っては失礼だが、それほど無いようだ。

とは言っても、これは、設置場所や、時間帯で全く異なる結果になるものであり、クチコミはほとんど当てにならないと考えておいた方がいい。

特に固定回線の代わりに使うと言うことは、モバイルと異なり同じ地点でずっと使うわけだから、その設置場所で遅いと意味が無い。

本当なら、お試しできればいいのだが、現状そういうサービスは無いようだ。

しかも2年契約となるので、試してみたが遅くてダメとなって解約する場合、解除料9,500円が必要な点は残念だ。

Softbank Airの料金

料金は、接続機器をレンタルか購入するかで異なってくる。

購入の場合、機器自体は50,000円だが、スマホと同様に分割払いができる。(下り最大110Mbpsの旧機器の場合は46,800円)

分割払の場合は37回分割となる。支払金額は毎月1,500円だが月月割として毎月1,500円を割り引いて貰えるから実質無料となる。なお月月割は一括払いでも受けられ基本料金から割り引かれる。

レンタルの場合はレンタル料490円が必要になる。

当然だが、分割払いの場合、中途解約しても支払いは続ける必要がある。

一見、分割払いの方が得だが、長期間利用しない場合は、レンタルがオススメだ。

レンタルなら、サービスが気に入らなくてもすぐに解約できるし、こういうサービスは日進月歩のため、先々もっと良いサービスが登場する可能性は高い。

しかもSoftBank Airの契約期間は2年で分割払いは3年という点を考えても、ちょっと微妙な感じがする。

なお、分割払いは電話申し込みのみとなっている。Web申し込みはレンタルのみとなっている。このことからもレンタルで借りるのが前提のサービスと言えるのかもしれない。さて、月額料金だが、上述の通り、レンタルの場合は毎月490円、分割払いで機器を購入した場合は0円が機器代となる。

それ以外の月額料金は、4,880円+Yahoo! BB基本サービス料金だ。Yahoo! BB基本サービスは、スタンダードなら300円、プレミアムなら800円となる。

従って、最も安い月額料金は5,180円となる。これだと、WiMAX2+の方が安いのだが、加入特典として25ヶ月間は毎月500円割り引かれるため4,680円となる(最初の3ヶ月は1,184円引きなので3,996円)。

これにレンタル490円を足すと5,170円となる。WiMAX2+より1,000円程度高くなるが、使い放題の点ではSoftbank Airの方が使い勝手がよさそうだから家族で使うならコチラがいいだろう。

料金的には、固定回線を引いた場合と比較しても決して安いとは言えないが、工事料金が不要な点、お手軽さを考えると、悪い選択ではないだろう。

なお、Softbank Airの契約期間は2年間となっており、期間満了前に解約する場合は解除料9,500円が必要だ。

ところで、ソフトバンクでは、おうち割という携帯電話とのセットで契約することでお得になるサービスがある。

これを適用すると上述の加入特典の500円は不適用となるが、その代わりにスマホ代が1,522円/人割引になる(サービス内容により金額は異なる)など更にお得度が上がる。

家族でソフトバンク携帯を使っているのなら、一度検討して見ても良いだろう。

Softbank Air

Softbank Airの新規申し込みをするとTポイントの12,000ポイントプレゼントキャンペーンを実施中だ!

ただし、Yahoo! BB基本サービスでプレミアムを選択必要がある。

このキャンペーンは10月31日まで!

他にも「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」として、インターネット乗り換え時の他社への違約金・撤去工事費を最大10万円還元するキャンペーンも実施中だ。

2016/10/19 13:35:16

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

  • ポケットwifiよりWiMAXがおすすめ!キャンペーン比較!ポケットwifiよりWiMAXがおすすめ!キャンペーン比較!
    ポケットWi-FiはY!mobileのモバイルデータ通信だがモバイル対応のWiFiルーターを指すことも多く最近はWiMAX2+が人気だ。ポケットwifiは3年契約でキャンペーンも盛んではない。WiMAXはエリアも広がりポケットwifiと比較して劣る点はあまりない。
  • WiMAXキャンペーン比較!お得なワイマックス2016年12月版WiMAXキャンペーン比較!お得なワイマックス2016年12月版
    WiMAX2+の各社キャッシュバックをはじめとするキャンペーンが盛んで比較するのも大変。今月の凄いワイマックスキャンペーンを比較し紹介している。繁忙期に入っているためWiMAXキャンペーンは充実している。
  • 海外WiFiレンタルで海外旅行もネットがOK海外WiFiレンタルで海外旅行もネットがOK
    海外旅行に行ってもインターネットに接続はしたいものですが、旅慣れていないと現地で購入したりレンタルはなかなか大変。そんな時に便利なのがWiFiルーターのレンタルサービスです。価格も格安になっています。
  • フレッツ光キャンペーン比較ランキング!フレッツ光キャンペーン比較ランキング!
    フレッツ光はNTT東日本やNTT西日本から申し込むこともできるが代理店の方がキャンペーン内容がお得だ。工事費無料はもちろん、キャッシュバック金額も大きなキャンペーンも多い。フレッツ光のキャンペーンを比較してランキングで紹介している。