公衆WiFiスポットで高速データ通信

LTEが普及してきて、今までパケット代は固定だったのが、次第に従量制のようになってきている。実際ドコモは既に新料金プランでは従量制の様相を浮き彫りにしていて、そのため3日間の通信制限を撤廃している。

3日間の通信制限を無くすとデータ量が増えて、すぐに速度制限に引っかかり、遅い速度のガマンできない人は追加でパケットを購入するという筋書きだろうか。

それはともかく、速度制限がある以上、できるだけLTEを使わずに通信したいだろう。自宅などでは、WiFiなどで光回線などに接続して、LTEを使っていない人も多いだろう。また、WiMAXのルーターを持って、通信はWiMAX経由で・・・という強者もいるだろう。筆者も実は一時期やってみたが、あまりにもデータ量が多すぎて、いつ制限がかかるかドキドキしながら使ったりしたものだから、結局は固定回線を引くことになった。

できる限りスマホの通信回線を使わないでデータ通信をするための一つとして、WiFiスポットがある。公衆無線LANなどとも呼ばれる、マクドナルドやスターバックスなどでは当たり前のように使えるあれだ。

キャリアも、自社のパケット量を減らす目的もあって、WiFiスポットを使うことに積極的だ。ソフトバンクの犬のマークなどは特によく見かけるのではないだろうか。

スマホの契約を指定無いと、そういうWiFiスポットは使えないかというと、そんなことはなくて、いろんな会社でサービスが実施されている。

無料のWiFiスポット

コンビニやカフェなどの公衆WiFiスポットは、会員登録するなどしておけば、無料で使えることが多い。ちょっと大きなファイルをダウンロードする必要がある場合などに、コンビニに行って接続するなど、ちょっとした利用には便利ですし、スターバックスなどのカフェや飲食店なら、飲食しながらパソコンを開くこともできるので、ちょっとした仕事なら、こなせてしまえる。

サービス名利用制限スポット数備考
セブンスポット60分/回
3回/日
セブンイレブン
イトーヨーカドー
デニーズ他
ファミマWi-Fi20分/回
3回/日
ファミリーマート
LAWSON Wi-Fi-ローソンAndroid,iOSのみ
Ponta会員のみ
at_STARBUCKS_Wi2-スターバックスソーシャルアカウントで利用可

大手コンビニは3社とも無料で公衆WiFiを提供しているが、各社、使い勝手は様々である。セブンイレブンやファミリーマートのWiFiスポットは、WindowsやMacでも使えるが、ローソンは使えない。でもローソンは、利用制限はない。たいてい、近隣にはライバル社のコンビニがあるので、その時々で使い分けるのが賢いというところではないだろうか。

そして、ちょっと落ち着いて繋ぎたいときは、スタバでコーヒーを飲みながらと言うところだろうか。

有料のWiFiスポット

コンビニのWiFiスポットもいいが、パソコンを持って入るというのはちょっと難しい。イートインのあるコンビニなら使えるがそういう店はまだまだ少ないので、やはり使い勝手が悪いのは正直なところ。スタバも店舗は増えたとは言え、ちょっと郊外にでるとほとんど見つからない。

そんな時は、有料のWiFiスポットを契約しておけば、人通りの多いところなら何かしらの公衆WiFiスポットが使えるものです。

有名なカフェは、スタバ以外はほとんどはこの有料WiFiスポットに加盟しているし、マクドナルドなどのファーストフード店も同様である。従って、このような有料WiFiを契約しておけば、かなり便利になる。

サービス名初期費用月額料金スポット数
フレッツスポット
(NTT東日本)
(NTT西日本)
2,000円900円
200円(フレッツ契約者)
73,100箇所
Yahoo!無線LANスポット無料500円
200円(Yahoo!プレミアム会員)
BBモバイルポイント
Wi2 300無料362円BBモバイルポイント他
オプションエリアは別途追加料金
ワイヤレスゲートWi-Fi無料390円(税込)BBモバイルポイント他
40,000箇所
ソフトバンクWi-Fiスポット(EX)無料467円BBモバイルポイント

フレッツ光を契約しているのであれば、まずは、フレッツスポットがおすすめだ。

月額200円だが、ポイントプログラムなどを活用すると、実際には無料で利用できる。初期費用も無料のキャンペーンなども行っているので、あまり気にする必要はない。スポット自体は多いが、小さな店や整体院のような仕事のために入ることができなさそうなところも多く、自分の行動範囲内で確認してからの方がいいだろう。モスバーガー、スターバックス、ロッテリア、タリーズ、プロント、ケンタッキーフライドチキンなどがフレッツスポットになっていることが多い。ドトールコーヒーでも使えるところがある。

次の候補は、BBモバイルポイントが使えるサービスか。

Yahooプレミアム会員なら、Yahoo!無線LANスポットが200円と安い。BBモバイルポイントが使える主な店はマクドナルドだ。

Wi2 300は、オプションエリアが多く、この料金で利用できるスポットは、小さな店などで、使えるスポットは案外多くない印象がある。

このようにWiFiスポットは、スポット数は、あまり当てにならない。

実際に入れる店と、入れない店もある。例えば、整体院には、治療目的以外では入れないわけだから、現実的には使えないスポットだ。

やはり、最終的には行動範囲で予め検索しておいて、使えそうなスポットがあるサービスを契約するしか無さそうだ。保険のために・・・というのであれば、マクドナルドやスターバックスなどでよくいく店が対応しているかどうかだろう。

2016/07/01 12:53:28

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

  • 格安スマホ比較!おすすめ格安スマホは1,980円~格安スマホ比較!おすすめ格安スマホは1,980円~
    格安スマホでスマホ代は本当に安くなるのでしょうか?今なら月額1,980円からのプランが中心になっており間違いなく格安だ。安かろう悪かろうではないの?格安スマホに変更したいけど難しくない?など格安スマホの疑問を解消!
  • フレッツ光キャンペーン比較ランキング!フレッツ光キャンペーン比較ランキング!
    フレッツ光はNTT東日本やNTT西日本から申し込むこともできるが代理店の方がキャンペーン内容がお得だ。工事費無料はもちろん、キャッシュバック金額も大きなキャンペーンも多い。フレッツ光のキャンペーンを比較してランキングで紹介している。
  • WiMAXキャンペーン比較!お得なワイマックス2016年12月版WiMAXキャンペーン比較!お得なワイマックス2016年12月版
    WiMAX2+の各社キャッシュバックをはじめとするキャンペーンが盛んで比較するのも大変。今月の凄いワイマックスキャンペーンを比較し紹介している。繁忙期に入っているためWiMAXキャンペーンは充実している。
  • ポケットwifiよりWiMAXがおすすめ!キャンペーン比較!ポケットwifiよりWiMAXがおすすめ!キャンペーン比較!
    ポケットWi-FiはY!mobileのモバイルデータ通信だがモバイル対応のWiFiルーターを指すことも多く最近はWiMAX2+が人気だ。ポケットwifiは3年契約でキャンペーンも盛んではない。WiMAXはエリアも広がりポケットwifiと比較して劣る点はあまりない。