プライベートIPアドレスに変更される!

UQ WiMAXは、2015年3月下旬以降、WiMAX2+のIPアドレスを、グローバルIPアドレスから、プライベートIPアドレスに変更することを公表しています。

WiMAXについては、既に2013年6月よりプライベートIPアドレスに変更されています。

グローバルIPアドレスがプライベートIPアドレスになると、(UPnPやポート開放設定が必要とされる)オンラインゲームが利用できなかったり、(TCP/UDP以外のプロトコルを利用する)VPNや、モバイル通信なのであまり無いとは思いますが、ダイナミックDNSなどを使ってサーバーを公開するようなことができなくなるのです。

WiMAX2+の場合、現在、契約後2年間は速度制限がないことから、オンラインゲームを楽しむユーザーにも人気なのですが、これが実施されると、ちょっと困ったことになるわけです。

でも、通常のユーザーの場合は、ほとんど問題はありませんし、実際、ケーブルインターネットなどではプライベートIPアドレスが割り当てられていますが、とりたてて問題になってはいないようです。

グローバルIPアドレスオプション

プライベートIPアドレスに変更されてしまったら、対処方法がないかというと、そうでもなくて、グローバルIPアドレスオプションというのが、用意されているんです。

これは、文字通り、グローバルIPアドレスを割り当てて貰うオプションサービスです。

残念ながら、有料オプションですが、月額96円と格安にはなっています。また、2015年5月までは無料となっています。

更新日:2015/01/09 12:54:52
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。