UQ WiMAXの特徴

WiMAXはUQコミュニケーションズが提供しているサービスであり、各社がUQコミュニケーションズから卸してもらってサービス提供しているので、UQ WiMAXがWiMAXの本家本元である。

UQ WiMAXの特徴

UQ WiMAXがWiMAXの本家本元であるが、何か大きな特徴があるかというと、そうでもない。

請求書発行オプションという少々マニアックなオプションがあったり、クレジットカードを持っていなくても口座振替が利用できる(法人の場合は請求書発行オプションを使うことで銀行振込みも可)など、他社ではあまり利用できないサービスもある。

特にWiMAXのキャンペーンに積極的なプロバイダーの多くは口座振替での支払には対応していな。

口座振替は手間がかかる上に不正申し込みも多いため、各社はどうしても避けたいようだ。逆に、口座振替に対応しようとすると積極的なキャッシュバックキャンペーンなどはやりにくいという事情があるのだ。

従って、クレジットカードを持っていない人はUQ WiMAXがおすすめだ。

また、他社のキャンペーンを利用した場合、ギガ放題限定キャンペーンで、ギガ放題のない料金プランに切り替えられないということもあるが、UQ WiMAXなら簡単に切り替えられる。

UQ WiMAXは速い?遅い?

UQ WiMAXがWiMAXの本家本元であるため、UQ WiMAXが最高速であると思っている人もいるだろうが、実際にはUQ WiMAXだろうが他社だろうが速度的に違いはない。

UQ WiMAXでは特に何もせずに各社に卸しているそうだからサービスとしては全く同じだと考えていいだろう。

ただし、他社で何らかの処理を行っている場合、その影響で遅くなると言う可能性は否定できないようだが、実際に速度が遅いWiMAXがあるという話も聞かないので、恐らく速度を気にしてUQ WiMAXとわざわざ契約する必要性はないだろう。

無料の公衆無線LANサービスに対応

WiMAXのMVNOの中には公衆無線LANサービスに対応していなかったり有料オプションの場合もあるが、UQ WiMAXではUQ Wi-Fiプレミアムとして無料で利用できる。

なお、WiFiサービスはID認証なのでルーターを忘れても利用できる。

Try WiMAXで速度やエリアを無料で確認!

WiMAXを契約するに当たって、自分の行動範囲で本当に接続できるのか?とか、速度は噂通り若しくは自分が思っている程度なのか?などなど、実際に使ってみないと分からないことっていっぱいある。

実際にWiMAXのエリア内にもかかわらず接続できないというケースは少なからずあるのだ。特に建物の中に入っていくほどにWiMAXで利用している電波は届きにくくなるため、例えばオフィスで使いたいと思っていても、実際には繋がらないということも考えられない話ではない。

WiMAXを契約したのに使えないなんて笑えない話にならない為にはやはり試用してみたいだろう。

そんな人の為に用意されているのがTry WiMAXというサービスだ。

Try WiMAXとは、WiMAXのルーターを15日間借りて実際に利用できるというサービスだ。しかも無料だ。

借りれるルーターもその時点で販売されているものを中心に様々な種類が用意されているので、実際に自分が契約する時に使うだろうルーターを選ぶこともできるだろう。

さて、Try WiMAXに申し込むと選択したルーターが送られてくるので、それを使ってみて、15日以内に返送するだけだ。

実際に筆者も試したことがあるが、申し込んだからといって、お試し期間中も、その後も営業電話がかかってくることはなかったので面倒なことは一切ないので、エリアや速度が気になる人は試してみてはどうだろう?

なお、料金は無料だがクレジットカードの登録が必須となっている。デビットカードでも申し込めるが、Web上ではできず書面で申し込む必要がある。

UQ WiMAXのルーター選び!旧型ルーターならUQ WiMAX

UQ WiMAXはWiMAXの本家本元だけあって、かつては様々なルーターがあった。

しかし、WiMAXからWiMAX2+と進化し、さらには速度も110Mbpsから440Mbpsとドンドン高速化するにあたり、ルーターの種類は減っていき、今では主に3機種となっている。

そのため、UQ WiMAXだから選べるルーターは存在せず、他社と基本的には同じルーターを選ぶこととなる。

ただし、他社では既に完売してしまったような旧型ルーターもUQ WiMAXなら選べる可能性はある。

例えば、WX01という最高速220Mbpsのルーターも2018年7月現在販売されているくらいだ。それでもWX02は販売されていないところをみると在庫が残っているだけだろう。

このように、もしどうしても使いたい旧型ルーターがあるのなら、UQ WiMAXで確認してみればいい。

そして、UQ WiMAXでも扱っていないようなら、恐らく他社でも扱っていないだろうから、その時は諦めるほかないだろう。

ルーターの機種変更ができる!

UQ WiMAXでは最新機種へのアップグレードサービスも提供している。WiMAXを契約する場合2~3年で契約わけだがが、2年も経過すると新しい機種が登場し回線速度も向上してくる。

一般的には契約更新を機に一旦解約して、再度契約し直すことが多いだろう。

特に以前なら2年を過ぎると月額料金の割引がなくなって高くなるなど継続するデメリットの方が多かったのだが、最近は月額料金の割引も継続されるようになったこともあり、再度契約するとなると初期費用や手続きが面倒だったりする。

そこで機種だけ最新機種に変更してくれるのがこのサービスだ。

気になるのが機種変更にいくらかかるのかと言うところではないだろうか。機種変に高額な端末代がかかるのであれが新たにキャンペーンを利用して契約しなした方がお得なのだが、このアップグレードでは現在利用している機種や、その利用期間ごとに応じた価格となっており、例えば22ヶ月を超えると無料となっている(ただし、法人契約など一部利用できないケースもある)。

これなら利用したいと思う人も少なくないのではないだろうか。

UQ WiMAX 2018年12月キャンペーン情報

UQ WiMAX

WiMAXの本家本元として人気のUQ WiMAXでは10,000円キャッシュバックキャンペーンを実施中だ。UQ WiMAXがキャッシュバックキャンペーンを実施することは珍しいのでUQ WIMAXと契約したいという人はチャンスだ!

UQ Flatツープラスギガ放題(3年)契約で、対象ルーターはWX04、HOME L01sで、他にW05の場合はキャッシュバック無しとなっている。

UQ WiMAXを契約中は、無料オプションとして、WiFiサービスのUQ Wi-Fiプレミアムが利用できる。UQ Wi-Fiプレミアムは、UQ Wi-Fiエリアと、Wi2エリアが利用できる。

このキャンペーンはこのページのリンクからアクセスした場合に限定されるので注意が必要だ。

なお、UQ WiMAXでは数少ない口座振替による支払にも対応している。

初期費用3,000円+ルーター代
月額3,696円、4,380円(ギガ放題)
ルーターWX04
HOME L01s
キャンペーン内容10,000円キャッシュバック
更新日:2018/09/26 9:21:54
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

  • WiMAXキャンペーンのおすすめを比較!2018年12月最新版WiMAXキャンペーンのおすすめを比較!2018年12月最新版
    WiMAX2+はキャンペーンが盛んだが各社のキャンペーンは日を追う毎に複雑化しているのだが、今後は3年契約のみとなる見通しだ。2018年10月末現在販売されているルーターの在庫がなくなり次第、3年契約のみとなるので2年契約したい人はとにかく急いで契約すべきだ
  • ビッグローブ WiMAX2+キャンペーン情報2018年12月版ビッグローブ WiMAX2+キャンペーン情報2018年12月版
    ビッグローブ WiMAXは人気のワイマックスプロバイダの一つだ。Biglobe WiMAXは、キャッシュバックキャンペーンやタブレットが無料になるキャンペーンを随時実施している。キャンペーン内容は2~3ヶ月毎に変わるので期間は常に確認しておこう。
  • @nifty WiMAX 2018年12月キャンペーンの詳細情報@nifty WiMAX 2018年12月キャンペーンの詳細情報
    @nifty WiMAXは人気のワイマックスプロバイダの一つです。@nifty WiMAXは、キャッシュバックキャンペーンを随時実施しています。キャンペーン内容は毎月変わるので要チェックです。
  • 格安SIMとは?!おすすめMVNOの格安SIMプランはこれだ!格安SIMとは?!おすすめMVNOの格安SIMプランはこれだ!
    格安SIMでスマホ代は本当に安くなるのでしょうか?今なら月額1,980円からのプランが中心になっており間違いなく格安だ。安かろう悪かろうではないの?格安SIMに変更したいけど難しくない?など格安SIMの疑問を解消!