XPERIA SX (SO-05D)

私は、ずっと、iPhoneを使ってきたのですが、iPhone6が出たからというわけではありませんが、先日解約してしまいました。こんなサイトで記事を書いてて何なんですが、外にほとんど出ないので、スマホを使うことがあまりなかったのです。

そんなわけで解約したのですが、無ければないで不便なのも事実なのです。

そこで、白羽の矢が立ったのが、このSO-05Dです。実は、2012年に、SO-05Dを使っていたのです。

使っていたと書きましたが、わずか1ヶ月だけです。(^_^;

SO-05Dは、なかなか小さくて持ち運ぶにはちょうどいいサイズのスマホなのですが、なにぶん、バッテリーが持たないのです。フル充電で一切使わなくても1日持つかどうかという感じです。

ガラケーなら2週間くらい充電せずに過ごすこともある私には、耐えがたいバッテリーの持ちでしたから、違約金+ローン残金を払ってガラケーに戻したのでした。

ところで最近、格安SIMが流行っていて、月に1000円程度で、スマホが使えるとなると、スマホも持っておきたいな~、でも、スマホ買うと高いしな~と思っていたら、このSO-05Dが手元にあることを思い出しました。

しかも、解約するときにSIMロックを外して貰っていますw

そして、ググっていたら、アップデートで、バッテリーの持ちがかなり改善されているとか・・・

こりゃ、試してみないといけないでしょ!というわけで、試してみたところ、SIMを刺さずにWiFi接続のみで放置なら1週間くらいは持つようです。

ところで、ドコモのLTEは、2GHz、1.5GHz、1.7GHz、 800MHzの4つの周波数に対応しています。

もう少し詳しく書くと、

Band1(2GHz帯 or 2.1GHz帯) / 下り最大速度75Mbps
Band3(1.7GHz帯 or 1.8GHz帯) / 下り最大速度150Mbps
Band19(800MHz帯) / 下り最大速度75Mbps
Band21(1.5GHz帯) / 下り最大速度112.5Mbps

となっています。詳細はコチラを参照ください。

Band3に対応してると速いわけですが、SO-05Dは、対応していません。というか、LTEは、Band1だけに対応しています。このあたりは2012年モデルですから、致し方ないところでしょう。

ちなみに、W-CDMAは、Band 1、6、5、19に対応していますので、FOMAの接続には全く問題ありません。ドコモの製品ですから当然でしょう。

こんなことを書いていますが、個人的には、LTEは、あまり必要なかったりするのです。Band 1でLTE、Band 6のエリアでFOMAが繋がれば、だいたい繋がるのではないかと想像します。

そもそもGmailのチェックと、グーグルマップを時々見たいくらいなので、そんなに速い必要はないんです。ですから、格安SIMを選ぶときも、LTEの容量はそんなに興味はなくて、どちらかというと、価格の安さが第一だったりします。

更新日:2015/05/14 11:40:56
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

    この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

    • SIMフリースマホ比較ランキング 人気のおすすめスマホSIMフリースマホ比較ランキング 人気のおすすめスマホ
      格安なSIMフリースマホが人気となっている。MVNOの格安SIMとの組み合わせでスマホ料金が安くなるのが人気の秘訣だ。SIMフリースマホの種類も次第に増えて比較するのも大変!SIMフリースマホを比較し人気ランキングを紹介。
    • 格安SIM比較!おすすめMVNOの格安SIM選び格安SIM比較!おすすめMVNOの格安SIM選び
      格安スマホでスマホ代は本当に安くなるのでしょうか?今なら月額1,980円からのプランが中心になっており間違いなく格安だ。安かろう悪かろうではないの?格安スマホに変更したいけど難しくない?など格安スマホの疑問を解消!
    • ASUS ZenFone Maxは連続待受時間約1ヶ月の格安スマホASUS ZenFone Maxは連続待受時間約1ヶ月の格安スマホ
      ASUS ZenFone Maxは、格安アンドロイドスマホの決定版とも言えるZenFone2 Laserに大容量バッテリーを搭載したスマホ。一般的な格安スマホとは一線を画し、質感や機能はキャリアで売られいるスマホと比較しても遜色のない出来映えだ。
    • Aterm MR05LNはSIMフリーのモバイルルーター決定版Aterm MR05LNはSIMフリーのモバイルルーター決定版
      Aterm MR05LNはモバイルルーターの決定版と言えそうだ。MR04LN、MR03LNも人気だったが、nanoSIMのデュアルSIMに変更されるなど細かな点で変更されている。