ASUS ZenFone2

ASUSから発売された格安スマホのZenFone5は大変人気だが、今回はそのZenFone5の上位機種とも言えるZenFone2が登場した。重量はZenFone5より重くなっている。

メモリは世界初で4GBを搭載しており、また、CPUも64ビットAtom Z3580で、Android5.0を搭載している。Atom Z3580は、ARMのA53+Adreno 405搭載8コアSoCに比べて2~3倍性能アップしているそうだし、GPUも2倍以上とかなり高速で動作する。

カメラは1300万画素、各種機能により、Xperia Z3や、iPhone 6 Plusよりも高品質な写真が撮れるという。前面カメラは140度パノラマ写真にも対応している。

各種センサーはGPS(GLONASSサポート)、加速度センサ、近接センサ、電子コンパス、光センサ、磁気センサ、ジャイロスコープ、NFCと、もはや格安スマホではない。

SIMカードは2枚挿せるのだが、SIMスロット2の方は、2G回線の音声通話にしか対応していないため、海外旅行などに行った際に利用する程度だろう。

401ppi、フルHDの画面は5.5インチとなっている。

バッテリーも3,000mAhあり、LTE連続待受時間267時間となっている。

おそらくZenFone2を購入する人はドコモのMVNOの格安SIMを利用するだろうが、ドコモのLTEでは、Band21には対応していない。そのため、800MHz(Band 19)および1.7GHz(Band 3)、2GHz(Band 1)利用することになる点は注意が必要だろう。なお、ドコモは2015年4月以降700MHz(Band 28)が利用できるようになるといわれているが、この周波数には対応している。

また、FOMAのW-CDMAも、Band1、Band6に対応しているので、繋がりにくいということはないだろう。

Band21が使えないため、地方のLTE接続に若干不安は残るが、格安スマホとしては、かなり繋がり易そうな端末といえる。

ASUS ZenFone2

繋がり易さ星4
おすすめ度星4
機能・動作星5
ディスプレイ星5
価格星3

ASUS ZenFone2のスペック

OSAndroid 5.0
画面1920x1080(5.5インチ)
401ppi
SIMサイズmicroSIM×2
サイズ・重量77.2x152.5x10.9mm
170g
カメラ1300万画素
その他機能GPS(GLONASSサポート)、加速度センサ、近接センサ、電子コンパス、光センサ、磁気センサ、ジャイロスコープ、NFC
対応周波数LTE Band 1/2/3/4/5/6/8/9/18/19/28
WCDMA Band1/2/5/6/8
GSM 850/900/1800/1900MHz

ASUS ZenFone2とセット販売しているMVNO格安SIM

MVNO価格備考
楽天モバイル32,800円~
BIGLOBE1,490円×24回
U-mobile45,800円
イオンスマホ29,800円~
更新日:2015/05/18 11:32:43
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。