2in1はタブレットかノートパソコンか?

タブレットしても、クラムシェル型ノートPCとしても使えるのが特長の2in1。

2in1と一口に言っても、そのメカニズムはいくつかある。

Yogaスタイルとも呼ばれる回転型2in1

2in1のスタイルの筆頭は、Yogaスタイルとも呼ばれる回転型2in1。

液晶部分が、360度回転して、タブレットとクラムシェルを切り替えれるようになっているタイプである。LenovoのYogaがそのスタイルをしていたことから、Yogaスタイルとも呼ばれたりするが、Let's Noteもこのスタイルだ。

回転型2in1のメリットは、軽量化しやすいところだが、デメリットとしてタブレットスタイルにすると、キーボードがむき出しになってしまうことである。

当然、キーボードは効かなくなっているが、キーボードが傷みそうに思ったり、何かと気になるものである。

そのため、Let's noteでは、タブレットとして使う時のためのキーボードカバーがオプションとして販売されているくらいである。

どちらかというと、クラムシェル型ノートパソコンが、タブレットとしても使えるというタイプである。重さもクラムシェル型ノートパソコン程度のためタブレットしてはかなり重い。

しかし、最新の回転型は、それなりに軽い。800gを切った機種も登場している。このくらいまで軽くなると、タブレットとしても、ある程度使える重さだ。キーボードむき出しさえ気にならなければ、タブレットとしてもそれなりに使うと言う人にも十分おすすめできる。

ノートパソコンとしてみた場合は、若干重めにはなるが、それ以外の欠点があるわけでは無く全体のバランスはいいので、クラムシェル型のノートパソコンとして使うことが多い人にオススメな2-in-1といえそうだ。クラムシェル型ノートパソコンを検討しているのなら、その中にこのタイプの2in1を含めてもいいだろう。

例えば、回転型2in1のLenovoのYOGA 900Sは、CPUにCore mシリーズを搭載し、12.5型液晶で重さは999g、バッテリー駆動時間は14時間ほどとなっており、今、おすすめ一台だ。

Core mシリーズでは、パフォーマンス的に物足りないと言う人なら、YOGAシリーズのYOGA 900というモデルもある。コチラは13.3型液晶で1.3kg弱となっており、900Sより重くなる。しかし、CPUはCore iシリーズを搭載しているため、高いパフォーマンスを期待できる。

もう少しビジネスよりで考えると、ThinkPad X1 Yogaがおすすめだ。14インチ画面は持ち運ぶには少々大きい印象はあるが、手書き入力対応や、堅牢性などワンランク上の性能が期待できる。

Yogaスタイル回転型2in1の詳細はコチラ

分離型2in1

もう一つの主たる2in1は、分離型2in1だ。

モニター部分を取り外して、タブレットとして使用できる。

分離型2in1は、タブレットとして利用する際は、タブレットとして不要なキーボードが無いため、軽量だからタブレットとして使うことが多い人にはオススメな2-in-1パソコンだろう。

デメリットとしては、当然だが、モニター部分に、バッテリーも含まれているので、全体のバランスとしては、頭でっかちで、キーボードと合体させて使うと、かなりバランスが悪い。

また、キーボードとの接続端子がなくて、Bluetoothで接続しているという、2in1と言うより、タブレットにキーボードをつけましたみたいなパソコンも多い。

キーボード部にバッテリーを搭載して、ノートパソコンとしてのバッテリー駆動時間を確保している機種も多いが、タブレットとしてのバッテリー駆動時間は決して長くはないため、タブレット専用端末と比較すると、やや難がある。

変形型2in1

最後に、それ以外のスタイルの2in1だ。

これは、VAIOが最も得意とするところだろうか。

VAIO Zのみならず、VAIO Duoもこのスタイルだ。VAIO Duoのように液晶画面がスライドしたり、VAIO Zのように液晶部分だけが回転して、タブレットとして利用するときにはキーボードが完全に隠れてしまう。

このメリットは、なんと言っても、使い勝手は、タブレットその物だと言うことだ。しかしながら、この仕組みを入れるために、どうしても、重くなってしまう。このあたりが悩ましいところだろう。

実際、VAIO Zの場合、1.3kgを超えている。ノートパソコンとしては、それなりに軽いが、タブレットとして使うには、かなり重い。

最初の回転型であれば、Let's noteやNECのLavieなどはかなり軽量で、ちょっと重いタブレットくらいの重さと比べると、VAIO Zのそれはとてもタブレットとしては使いたくないくらいに重い。

そう考えると、やはりVAIO Zも、クラムシェルとして使うのが中心だという人におすすめすべき2in1パソコンということになるだろう。もしくは、タブレットPCというイメージだろう。

OSはWindowsか?アンドロイドか?

2in1は、一般的には、ノートパソコンとしても使うことを前提であるので、そういう意味ではWindowsのPCが中心だろう。

ただし、アンドロイドが載った2in1も存在する。これは、当然、タブレット寄りの2in1だ。

普段はタブレットとして利用して、メールを書いたり、Evernoteやブログに文章を書いてみたりという用途なら、Windowsである必要もないから、比較的安価なアンドロイドの2in1がおすすめだろう。

アンドロイドが載っている2in1は、タブレットとして作られているので、CPUを始め、PC全体がタブレットだから、一般的にはもっさりした動作になりがちだが、その分、安価なので、用途が明確なら、アンドロイドという選択もあるだろう。

そうは言っても、それならタブレットを買ってきて、後付けでBluetoothキーボードをつけるという選択肢もあり、わざわざ2in1でなくてもいいのでは?なんて疑問もわかなくもないところ。

2in1としては、やはりノートパソコンとしてWindowsが載ったPCの方が2in1らしいように感じてしまう。このあたりは、2in1に何を求めているかだろう。

2in1というと、CPUは、Atomを搭載しているものが少なくない。

ところが、Windowsを動かすには、やはり非力だ。

確かに、ブラウザを立ち上げてメールをしたりという程度のことであれば、使えなくはない。エクセルも動くし、イライラするほど遅くはないかもしれない。

しかし、それでも、動きは遅い。もっさりしている。

OSにアンドロイドでなくてWindowsを選んだ人なら、恐らくWindowsのソフトを動かしたいとか、それなりに、作業をするつもりなのではないだろうか。

であれば、Atom搭載2in1はおすすめできない。いや、やめておいた方がいいと思う。

WindowsパソコンとしてAtomは非力だ。動画を見ているだけならいいだろう。でも、それならWindowsである必要はない。

Windowsを選ぶのなら、Atomはやめて、Core-m3以上を絶対におすすめしたい。

パソコンを紹介している大手サイトでは、Atom搭載の2in1をそれなりに動くようなレビュー記事などを書いてあるが、その辺は、メーカーに気をつかっているに過ぎない。

恐らく著者はそんな非力なPCで記事を書いたりはしないだろう。使いこなせば使いこなすほど、非力さが気になってくる。

ただし、普段はタブレットとして使うつもりだけど、エクセルを使うこともたまにあるから、一応Windowsが欲しい。でも、予算は限られている。そんな人なら、おすすめはしないが選択としてもなくは無いようには思う。

でも、本音で言えば、それなら安いWindowsのノートパソコンとタブレットを買った方がいいのではないかという気もする。

2016/09/28 11:57:03

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

  • おすすめWindowsタブレットPC比較!タブレットから2in1までおすすめWindowsタブレットPC比較!タブレットから2in1まで
    マイクロソフトのSurfaceに代表されるのがWindowsタブレット。Windows95の頃のタブレットPCは全く普及しなかったですが、Windows8のタブレットPCは人気でたくさんの機種がありますので、それらを比較しながら紹介していきます。
  • おすすめSIMフリータブレットはこれだ!おすすめSIMフリータブレットはこれだ!
    格安SIMが普及してきましたが、格安SIMを使うにはSIMをさせる端末が必要です。格安SIMフリースマホもたくさん登場してきましたが、SIMフリータブレットもチラホラ登場してきました。
  • おすすめノートパソコン比較ランキングおすすめノートパソコン比較ランキング
    おすすめの最新ノートパソコンを比較。安いノートパソコンから高性能ゲーミングノートパソコン、モバイルノートパソコン、さらにはクラムシェル型ノートPCから2in1などをそれぞれ比較紹介
  • ポケットwifiよりWiMAXがおすすめ!キャンペーン比較!ポケットwifiよりWiMAXがおすすめ!キャンペーン比較!
    ポケットWi-FiはY!mobileのモバイルデータ通信だがモバイル対応のWiFiルーターを指すことも多く最近はWiMAX2+が人気だ。ポケットwifiは3年契約でキャンペーンも盛んではない。WiMAXはエリアも広がりポケットwifiと比較して劣る点はあまりない。