ビッグローブの光回線サービス

老舗プロバイダーのビッグローブでは、様々な光回線サービスを提供している。

光コラボなど、光回線とプロバイダーとセットにしたサービスや、プロバイダーとしてのサービスなどだ。

単純な光回線の料金だけでみれば、ビッグローブ光がキャンペーンも充実していておすすめだ。

ビッグローブ光の最新キャンペーン比較

ビッグローブ光は光コラボを利用した光回線サービスで、フレッツ光が利用できるエリアならどこでも利用できる。

また、フレッツ光でプロバイダーをビッグローブを選ぶよりも月額料金も安く、加えて、キャンペーンを利用すれば更に安くなる。

auスマートバリューも利用できるのでauユーザーなら更に安くなる。ドコモユーザーなら後述するドコモ光を利用した方がいいだろう。

また、BIGLOBEモバイルの格安SIMを利用するなら300円/月の割引も受けられるので、ビッグローブ光を利用するならBIGLOBEで統一してしまうことを検討することもおすすめする。

なお、ビッグローブ光はフレッツ光の光コラボだから、ビッグローブ光テレビなどの各種サービスもフレッツ光と同様に充実している。

ビッグローブ光キャンペーン

ビッグローブ光では25,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施している。

もしくは、月額大幅割引を選ぶこともできる。この場合、毎月1,480円割引が12ヶ月間されるのでキャッシュバックキャンペーンの方がお得ではある。

ただし3年プランのみが対象だ。また、他の光コラボ事業者からの乗り換え(再転用)でも適用されるが、フレッツ光からの転用の場合はキャッシュバックの特典は受けられず月額割引のみの選択となる。

キャッシュバックは12ヶ月目となるが、その対象月の初日に受取手続きの案内メールが届く。

工事費は0円、IPv6対応の無線LANルーターも1年間は0円(13ヶ月目からは500円/月必要)となっている。

auスマホを利用しているならauスマートバリューで利用料金が割引になる。

このキャンペーンは12月1日まで!

ビッグローブ光キャンペーン(NNコミュニケーションズ)

ビッグローブ光正規代理店のNNコミュニケーションズでは25,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施している。

もしくは、キャッシュバック12,000円とWiFiルーター(WXR-1751DHP2)とのセットを選ぶこともできる。このWiFiルーターはアマゾンだと13,000円はしないので、キャッシュバックだけの方が若干お得だ。

他の光コラボ事業者からの乗り換え(再転用)や、フレッツ光からの転用の場合はキャッシュバック金額が10,000円となる。

最短2ヶ月でキャッシュバックされるのは代理店ならではの早さだ。他の代理店とは異なり有料オプションの加入義務などもない。

公式サイトのキャンペーンは3年プランのみが対象だが、こちらは2年プランでもキャンペーンが適用される。

工事費は3年プランを対象に実質無料となっている。

auスマホを利用しているならauスマートバリューで利用料金が割引になる。

ビッグローブ光は、光コラボサービスとなるため、現在フレッツ光を利用している場合は転用の手続きとなる。光コラボから光コラボへの変更も簡単になるのでよくキャンペーンを見極めたいところだ。

詳細は下記を参照して欲しい。

フレッツ光のプロバイダーとしてのBIGLOBE

単純にプロバイダーとして利用する場合は、ファミリータイプで800円/月、マンションタイプで450~700円/月(いずれもサービス開始月から24ヶ月間)となっている。

ただし、これは2年契約の場合で、通常価格としてはファミリータイプで1,000円/月、マンションタイプで650~900円/月と、200円の差額がある。

これにフレッツ光の回線使用料がかかってくるので、ビッグローブ光の方が月間1,000円前後安いのだ。

なお、プロバイダーとしての利用でも、格安SIMのBIGLOBEモバイルのSIMを利用するなら100円/月の割引も受けられる。

ドコモ光のプロバイダーとしてのBIGLOBE

ドコモ光を利用するのならビッグローブはタイプAとなるので月額料金は5,200円/月(戸建て・2年契約)となる。

もちろんドコモ光のキャンペーンも適用される。

さらにビッグローブを選んだ場合、Wi-Fiルーター(NEC Aterm WG1200HP3またはWG1810HP)が契約期間中無料でレンタルされる。

IPv6オプション

ビッグローブ光やフレッツ光、ドコモ光のBIGLOBEは「IPv6オプション」としてIPv6接続(IPoE方式)にも対応している。

他のプロバイダーにあるIPv6プラスとは若干異なる仕様だが、IPv6プラス互換性があるので、ほぼ同じと考えていいだろう。

なお、IPv6オプションは光電話を使用している場合はそのまま、使用していない場合はIPv6対応ルーターが必要になる。

IPv6対応ルーターについてはIPv6対応Wi-Fiルーター(Aterm WG1200HP3)が500円/月でのレンタルとなっているが、キャンペーンで12ヶ月間無料になる。

ただし、もし継続して使用するのであれば1万円もしない製品だから買った方が安いし、月額料金が光電話を使用するのと同じなので光電話を使用することも検討した方がいいだろう。

ビッグローブ光 auひかり

ビッグローブ光のauの光回線版だ。

auひかりの光回線を使用するため、対象エリアはフレッツ光などよりも狭くなっている。

特に関西エリアは後述するeo光と提携しており、また中部エリアもKDDI傘下のコミュファ光があるため、auひかりのエリア外となっている。

eo光のプロバイダーとしてのBIGLOBE

BIGLOBE×eo光は、eo光の光回線を利用したサービスだ。概ねビッグローブ光と同じようなサービス内容となっている。

但し料金はビッグローブ光よりは割高で、フレッツ光を利用した場合より若干安い程度だ。キャンペーン内容もビッグローブ光と同じだ。

関西エリアの戸建てでのサービス提供だが、関西エリアであってもあえてこれを選択するポイントもないので、ビッグローブ光をおすすめする。

コミュファ光のプロバイダーとしてのBIGLOBE

これも、上記のBIGLOBE×eo光同様で、ビッグローブ光のコミュファ光版というようなサービスだ。

こちらは東海エリアのみの提供だ。

マンションタイプも戸建てタイプもあるが、価格的にもあえて選択するポイントは無さそうだ。

ビッグローブの光回線以外のネット回線

ビッグローブでは、光回線以外のインターネット接続サービスがある。

光回線と一緒に利用した場合、割引サービスがある。

BIGLOBE WiMAX2+はキャンペーンも大人気の高速モバイル回線

BIGLOBE WiMAX2+は高速モバイル回線のWiMAXの中でもキャンペーンが充実しており人気となっている。

WiMAXキャンペーンだけでみればもう少しお得なプロバイダーもある。

BIGLOBE WiMAX2+の月額料金には「ベーシック」コース200円/月が含まれているのだが、もしビッグローブの光回線を使用しているのであれば、その200円/月が不要となるため、他社を選ぶよりBIGLOBE WiMAX2+を申し込んだ方がトータルの支払総額は安くなる。

なお、BIGLOBE WiMAX2+を申し込む場合は、ビッグローブのHPで直接申し込むより、下記ページで紹介しているキャンペーンを使用した方がお得度が高い。

格安SIM・スマホのBIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは格安SIM・スマホのサービスで、ドコモ回線とau回線に対応している。

ビッグローブ光やフレッツ光などを使用している場合は、月額料金が200円割引される。

更に、ドコモ回線の6GBプラン以上を契約の場合は「光☆SIMセット割」が適用され、ビッグローブ光の場合は300円/月、フレッツ光の場合は100円/月割り引かれる。

更新日:2019/09/17 12:20:51
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

  • フレッツ光キャンペーン比較なら光コラボが人気!フレッツ光キャンペーン比較なら光コラボが人気!
    フレッツ光は今や光コラボが中心だ。NTT東西が提供するフレッツ光の光コラボレーションでは、ドコモ光が話題だが、プロバイダ各社も光コラボレーションを利用しキャンペーンを行っている。一方で光コラボレーションのデメリットもいくつかあるためフレッツ光のキャッシュバックキャンペーンを利用した方がいいケースもある。
  • So-netの光回線情報!ソネット光プラスキャンペーン比較などSo-netの光回線情報!ソネット光プラスキャンペーン比較など
    So-netの光回線、さらにキャンペーン情報を紹介。光コラボのSo-net光プラスが最も安価だ。So-netではV6プラスに対応したり、セキュリティサービスが無料になるキャンペーンも実施している。
  • 光回線の比較 おすすめ光インターネット回線はこれだ!光回線の比較 おすすめ光インターネット回線はこれだ!
    光回線といってもフレッツ光だけではない。特に都市部では複数の光回線の選択肢があるので比較したいところだ。速さ・料金・プロバイダーなど比較する方法はいくつかある。
  • WiMAX比較!主要14社プロバイダを比較 2019年11月版WiMAX比較!主要14社プロバイダを比較 2019年11月版
    WiMAXを契約する場合どのプロバイダーにするか比較して決めなければならない。ただしプロバイダ比較はキャンペーン比較とほぼ同じだ。速さや使い勝手はどのプロバイダーでも変らない。UQ WiMAXが本家本元だから最も速いと考えている人も多いようだが実際は関係ない。ルーターも比較するほどでもない。