ドコモ光

ドコモ光はドコモが光コラボレーション事業者として提供する光回線サービスだ。

スマホでドコモと契約している人ならドコモ光を契約することで全体的に費用を抑えることができる。

一方で、ソフトバンクやau、格安SIMを利用しているのであればドコモ光を契約する意味はあまりない。

ドコモ光の基本料金

ドコモ光の基本料金は、どのプロバイダーを選ぶかで基本料金が異なる。

ドコモ光のプロバイダには、タイプAとタイプBがあり、それぞれのプロバイダのタイプによって基本料金が異なる。

タイプAが最も安く、タイプBはそれより200円高い。

他にも、単独タイプ、ドコモ光ミニというサービスもある。

単独タイプというのは、タイプAやタイプB以外のプロバイダーを選ぶ場合で、タイプAより200円安い。

実際のところ、プロバイダーの料金が200円/月ということはないだろうから、単独タイプが安くなることはなく、かなり特殊な事情がない限りは選ばれることはないだろうと思う。

料金は、基本は2年契約だ。2年契約しない方法もあるがマンションなら1,000円/月、戸建てなら1,500円/月高くなってしまう。

2年契約時の基本料金
タイプ基本料金(戸建て)基本料金(マンション)
タイプA5,200円5,000円
タイプB5,400円5,200円
単独タイプ5,000円6,500円
ドコモ光ミニ2,700~5,700円

但し、2年契約の場合、満了月以外の解約には解約金(戸建てタイプ13,000円、マンションタイプ8,000円)が必要となる。

なお、ドコモ光の解約は、回線とプロバイダーをまとめて解約することとなるため、原則一度契約したらそのままずっと使うというタイプのサービスだと考えられる。

ドコモ光の解約に関する詳細は後述しているので参照してもらいたい。

ドコモ光はフレッツ光よりお得なのか?

ドコモ光ではなく、フレッツ光として契約した場合とどの位お得なのか?を検討してみよう。

まず、フレッツ光の基本料金はNTT西日本の2年契約で4,300円となる。これにプロバイダーの料金が必要だ。

例えば、タイプAのビッグローブを選んだ場合どうなるだろうか。プロバイダーの料金として1,000円だから、合計5,300円となる。ドコモ光の場合は5,200円だから、ドコモ光として契約した方が100円安い。

ビッグローブの場合、ビッグローブ光という光コラボのサービスもある。このビッグローブ光なら3年契約になってしまうのだが、4,980円で利用できる。しかも最初の2年間は4,780円だ。

このように、ドコモ光を利用するよりは、同じ光コラボを使ったプロバイダーのプランの方がお得なのだ。

光コラボの料金比較などは下記で詳細を紹介してる。

ドコモ光のプロバイダー比較

ドコモ光は、フレッツ光回線とプロバイダーがセットになった光コラボレーションだが、ドコモがプロバイダーをするわけではない。従って、ドコモ光が提携するプロバイダを選択するひつようがある。

料金のところでも書いたが、プロバイダによって料金が多少異なる。

特にこだわりがないのであれば、大手プロバイダを選択しておくのが無難なのはいうまでもない。

光回線自体は同じだが、プロバイダの腕次第で速度は変るし、繋がらないなどのトラブルの発生率も変ってくる。

プロバイダ業は経験値が必要であるから、老舗プロバイダの方が安心だし、そもそも価格差がないので聞いたことのないプロバイダをわざわざ選択する必要もないだろうと思う。

ただし、後述するキャンペーンがあるので、キャンペーンの充実したプロバイダを選ぶことで多少お得に契約できる可能性はある。

ドコモ光を契約するメリット

単純に光回線の料金だけで考えるなら、ドコモ光を契約するよりは、他の光コラボの商品を検討することをおすすめする。

しかし、ドコモ光の方が人気は圧倒的に高い。

それは何故か?ドコモ光を契約するメリットは何かと考えると、それはNTTドコモのスマホを使っている人がドコモ光を契約すると割引があるからだ。

もともとドコモ光は、auのスマートバリューなどに対抗する為に登場している。そのため、スマホとセットでの割引が主体なのだ。

だから、ドコモ光自体は決して安いわけではなくて、ドコモ光とドコモのスマホを契約するからお得になる。

もし、NTTドコモ以外のauやソフトバンク、その他格安SIMを契約しているのであれば、ドコモ光にこだわる必要はないのだ。

ドコモ光の解約

ドコモ光の解約をする場合、回線の解約となるが、同時にプロバイダーの解約もする必要がある。

ただし、どのプロバイダーと契約しているかによって対応が異なる。

プロバイダーは自動解約となる場合と、有料プランへ変更となる場合、無料プランに変更となる場合があり、プロバイダーによって対応が異なるのだ。

また、ドコモ光はフレッツ光の光回線ではあるが、ドコモ光を解約してフレッツ光を契約する場合でも新たに工事料金が発生する点は注意が必要だ。

ドコモ光キャンペーン

ドコモ光を契約するとNTTドコモがdポイント20,000ポイントプレゼントのキャンペーンを実施している。

このキャンペーンはNTTドコモが実施しているため、どのプロバイダーのキャンペーンを選んでもキャンペーン対象となる。

ただし、このポイントは使用用途が限定されており、また有効期限も半年となっている。

更新日:2019/01/06 9:27:01
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

  • 光コラボレーション比較はどこのスマホを使っているかがポイント!光コラボレーション比較はどこのスマホを使っているかがポイント!
    NTT東西が提供するフレッツ光の光コラボレーションでは、ドコモ光が話題だが、プロバイダ各社も光コラボレーションを利用しキャンペーンを行っている。一方で光コラボレーションのデメリットもいくつかあるためフレッツ光のキャッシュバックキャンペーンを利用した方がいいケースもある。
  • フレッツ光キャンペーン比較ランキング!フレッツ光キャンペーン比較ランキング!
    フレッツ光はNTT東日本やNTT西日本から申し込むこともできるが代理店の方がキャンペーン内容がお得だ。工事費無料はもちろん、キャッシュバック金額も大きなキャンペーンも多い。フレッツ光のキャンペーンを比較してランキングで紹介している。
  • 光コラボレーション比較はどこのスマホを使っているかがポイント!光コラボレーション比較はどこのスマホを使っているかがポイント!
    NTT東西が提供するフレッツ光の光コラボレーションでは、ドコモ光が話題だが、プロバイダ各社も光コラボレーションを利用しキャンペーンを行っている。一方で光コラボレーションのデメリットもいくつかあるためフレッツ光のキャッシュバックキャンペーンを利用した方がいいケースもある。
  • おすすめポケットwifiキャンペーン!WiMAXや格安SIMとポケットwifiを比較おすすめポケットwifiキャンペーン!WiMAXや格安SIMとポケットwifiを比較
    ポケットWiFiはY!mobileのモバイルデータ通信だがモバイル対応のWiFiルーターを指すことも多く最近はデータ通信無制限などでWiMAX2+が人気だ。ポケットwifiとWiMAXを比較したりポケットwifiキャンペーン比較などを紹介!