光コラボのキャンペーンは盛り上がりに欠ける

2015年2月からNTT東西がフレッツ光を卸売りする「光コラボレーション」を始めてキャンペーンが盛んになるのを期待したが、正直思ったところではない。

フレッツ光の卸はドコモが話題の中心だったが、各プロバイダもこの卸を利用した光コラボレーションを発表している。

ただし、ドコモ光の料金を見てもらうとわかるが、思ったほどお得感がない。

というよりは、ドコモ光を申し込むよりは、フレッツ光割引キャンペーンやキャッシュバックキャンペーンなどを利用した方が、お得度は高い。

ドコモ光を申し込むメリットがあるとすればドコモユーザーだけだろう。そういう意味で始まった光コラボなのである意味狙い通りなのかもしれない。

光コラボとは

光コラボレーション(通称:光コラボ)は、光コラボレーション事業者が、NTT東日本・NTT西日本から光回線を卸してもらい、自社サービスとして提供する仕組みだ。

光コラボレーション事業者とは、有名どころで言えば、ドコモやソフトバンクで、それぞれは、ドコモ光、SoftBank光としてサービス提供を行っているわけだ。同様にビッグローブや@niftyなど様々なプロバイダーが光コラボのサービス提供を行っている。

基本的にはNTTのフレッツ光と同じ回線だが、光コラボレーション事業者がそれぞれ付加サービスをつけている場合がある。逆に光コラボレーション事業者によっては取り扱いのないサービスもあるが、フレッツ光にあるサービスはNTTと直接契約することで利用できるようにはなっている。

また、フレッツ光だとNTTとプロバイダーの両方と契約し支払もそれぞれ行う必要があるが、光コラボの場合は光コラボレーション事業者だけとの契約になるため、支払なども簡素化される。

光コラボを利用するに当たっては、全く新規に光回線を敷く場合と、フレッツ光を利用している人が光コラボに乗り換える転用する場合に分けられる。

主立った光コラボレーション事業者一覧

とにかく沢山の光コラボレーション事業者が存在する。中でも有名なプロバイダーが提供しているのが下記の通りだ。

光コラボレーション事業者コラボサービス名
NTTドコモドコモ光
ソフトバンクSoftBank光
ビッグローブビッグローブ光
OCNOCN光
ニフティ@nifty光
So-netSo-net光プラス
朝日ネットAsahiNet光

上述した中ではドコモがそうだが、プロバイダー業を営んでいない企業も光コラボレーション事業者になっているケースがある。その場合は、光コラボのサービス側が指定したプロバイダーになり、原則選ぶことはできない。

当然だが、ビッグローブ光を契約したならプロバイダーはビッグローブになる。プロバイダー業を営んでいない企業の光コラボの場合は、そのサービス毎に決まったプロバイダーがある。

ドコモ光の場合は、比較的良心的で、複数のプロバイダーの中から選ぶことができるようになっているが、このケースが例外的で、原則プロバイダーを選ぶことはできない。

光コラボ比較

光コラボは、価格で販売されることも多いのだが、プロバイダーが光コラボレーション事業者になっている光コラボでは、速度面を全面的に押し出しているケースも少なくない。

中でもIPv6を使ったサービスだ。IPv6自体はフレッツ光で対応しているので光コラボならどれでも利用できそうなものだが、プロバイダーが対応していないと利用できない。

従ってプロバイダーの提供する光コラボ回線ではIPv6で高速だということで差別化しているのだろう。

光コラボレーションのメリット

光コラボのメリットは、上述した支払や契約の簡素化だが、それよりもやはり価格だろう。

基本的には、NTTが光コラボレーション事業者に対してフレッツ光を卸しているので、もし光コラボレーション事業者が利益を上乗せせずにサービス提供したとすれば、フレッツ光より安くなるのは必然だ。

ただし、現実には、若干安い程度でさほど安さが全面的にでているサービスはない。

どちらかというと、抱き合わせ商法に利用されることが多い。その典型がドコモ光やSoftBank光だ。これらのスマホ利用者が光コラボの回線を利用すると割引率が高くなり、トータルの支払コストが安くなるというモデルだ。

もともとauひかりに対抗して始まったサービスであるので、当然といえば当然なのだが、光コラボ単体で魅力的なサービスはあまり存在していないといえる。

逆に言うと、ドコモ光と同じようなモデルは存在して、例えば、ガス会社が提供している光コラボ回線とガスを同時に契約すると安くなるというものだ。

光コラボ回線を利用する場合は、原則このように光コラボレーション事業者の提供するサービスとセットでの割引率を比較する必要が出てきて、比較するのもなかなか難しいところではある。

光コラボの契約!

光コラボを契約するにあたり、現在フレッツ光を契約しているか否かで手続きが異なる。

フレッツ光以外の光回線を利用していたり、光回線自体を利用していない場合は、新規契約となる。

逆にフレッツ光を利用している場合は、転用の手続きとなる。

転用の場合は、基本的に工事費はかからない。しかし、後述するがデメリットも大きい

光コラボレーションはデメリットが多いので要注意!

キャンペーンなどが盛んになって料金が下がることが期待された光コラボだが、肝心の料金があまり下がらない一方でデメリットがいくつか露見している。

速度が遅い?

光コラボ最大のデメリットが光回線の速度だ。

フレッツ光+プロバイダで利用していた人が、光コラボレーションに移行したとたんに、速度が低下したという口コミがかなり見られるのだ。

ドコモ光やソフトバンク光などを始め、速度が出ないという口コミが多い。基本的にこういう場合ネガティブな口コミが広がる傾向が多いため、一概に遅いとは言えないが気になるところだ。

格安SIMと同じ仕組みだとすると、フレッツ光ではなく光コラボにした方が遅くなるというのは理屈としてはあり得る話だろう。

例えばNTTから一定数の帯域を卸してもらいそこにコラボ先のプロバイダがユーザーを詰め込むような仕組みなのなら間違いなく光コラボの方が遅くなる

それは、格安SIMを見ても明らかで、ドコモでネット接続するのと格安SIMで接続するのではかなり速度面では差があり格安SIMは遅い。

しかし、光コラボレーションではそのような提供ではない筈だ。物理的には何ら変らない状態の筈であるから、速度が遅いというのも一時的なものか、一部時間帯だけなのか、一部の地域的なものとも考えられる。

ただし、回線速度や安定性はプロバイダーの技量に左右される部分が大きい。もともと物理的な光回線は光コラボでもフレッツ光デモ同じなのだから尚更だ。

先述したが光コラボでは、ドコモ光のような例外を除いてプロバイダーを選択することはできない。

その点ではフレッツ光と大手プロバイダーと組み合わせていた人が乗り換えた場合、速度が遅いと感じる可能性は十分にあり得る

なんだかんだと言って、大手プロバイダーの速度が最も安定して速いので大手プロバイダーの光コラボを選んでおいた方が無難なのは間違いない。

光コラボに転用するとNTTに戻りたくても戻れない!

光コラボに乗り換えした場合、いわゆる転用した場合には、フレッツ光に戻れないというデメリットもある。

フレッツ光+プロバイダの従来の形式に戻したい場合は一旦解約する必要がある

解約する以上、契約期間内なら違約金が発生する。また、契約し直すと言うことは新規契約になるので新たに工事費がかかってしまう。

転用するときには必要なかった工事費が新たに発生してしまうのだ。この点はやや不可解なところだ。

光コラボ事業の中には複数年契約を条件に安価な料金設定をしているケースがあり、そういう場合は得てして違約金が高い。これで乗り換えようとすると新たに5万円以上の費用がかかってしまう可能性もあるのだ。

このため、フレッツ光利用者が転用して光コラボに転用する場合は、十分に検討することをおすすめする。

光コラボの解約

光コラボの解約は、光コラボレーション事業者に解約を申し込むだけだから、簡単だ。

ただし、先述したように、乗り換えの場合は違約金や工事費など様々な費用が発生するリスクがあるので、注意が必要だろう。

おすすめ光コラボレーション 比較

人気の光コラボレーション事業者を紹介する。

基本的には、自分がどのスマホを使っているかである程度、おすすめは決まってくる。

ドコモユーザーならドコモ光、ソフトバンクユーザーならソフトバンク光だ。auの場合は、色んなプロバイダーと提携しており選択肢は多い。

ただし、ドコモ光はプロバイダーを選ぶことができる点で、他の光コラボレーション事業者とは異なる。

ドコモ光

ドコモ光は言わずもがな、ドコモの光コラボレーションを利用したサービスだ。光コラボレーションはドコモ光のために始まったサービスといってもいいだろう。

ドコモユーザーが利用すると割引が受けられる。

ドコモ光ではプロバイダーを複数の中から選ぶことができる。ただし、契約後にプロバイダーの変更はできない。

また、プロバイダーによってはキャンペーンを実施しているので、適当にドコモ光を申し込むよりはキャンペーン内容を吟味してプロバイダーを選ぶ方が断然お得だ。

ソフトバンク光

ソフトバンクはスマホやADSL回線などでも有名なため光回線を自前でもっている印象があるかもしれないが、ソフトバンク光はフレッツ光回線を利用した光コラボレーションを利用したサービスだ。

ソフトバンク光も、ソフトバンクのスマホユーザーが利用すると料金が安くなるという点ではドコモ光と同じだ。

ただし、ソフトバンク光の場合、プロバイダーはYahoo!BBだけで、ドコモ光のように選ぶことはできない。

ビッグローブ光

老舗プロバイダービッグローブの光コラボレーションサービスだ。

ビッグローブが提供するので、プロバイダーはビッグローブだ。ドコモ光でもビッグローブプロバイダーとして選択することもできるが、ドコモユーザーでなければ、ビッグローブ光を契約した方が安い。

加えて、auユーザーならauスマートバリューでスマホ料金が永年割引になる。

ビッグローブ光キャンペーン

ビッグローブ光では25,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施している。

もしくは、月額大幅割引を選ぶこともできる。この場合、毎月1,480円割引が12ヶ月間されるのでキャッシュバックキャンペーンの方がお得ではある。

工事費は0円、IPv6対応の無線LANルーターも1年間は0円(13ヶ月目からは500円/月必要)となっている。

auスマホを利用しているならauスマートバリューで利用料金が割引になる。

このキャンペーンは1月31日まで!

So-net光プラス

老舗プロバイダーのSo-netの光コラボレーションサービスだ。

So-netが提供するので、プロバイダーはSo-netだ。ドコモ光でもSo-netをプロバイダーとして選択することもできるが、ドコモユーザーでなければ、So-net光を契約した方が安い。

加えて、auユーザーならauスマートバリューでスマホ料金が永年割引になる。

So-net光プラスキャンペーン

So-net光プラスでは月額2,000円の割引キャンペーンを実施している。

36ヶ月間2,000円の割引となる。

更に、37ヶ月目から60ヶ月目までは400~500円の割引となる。

So-net 光電話やSo-net V6プラス対応ルーターを同時申し込みした場合最大12ヶ月間無料となるキャンペーンも実施中だ。

更新日:2019/01/14 9:54:30
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

  • フレッツ光キャンペーン比較ランキング!フレッツ光キャンペーン比較ランキング!
    フレッツ光はNTT東日本やNTT西日本から申し込むこともできるが代理店の方がキャンペーン内容がお得だ。工事費無料はもちろん、キャッシュバック金額も大きなキャンペーンも多い。フレッツ光のキャンペーンを比較してランキングで紹介している。
  • ドコモ光を詳しく知ろう!ドコモ光を詳しく知ろう!
    光回線の中でもドコモ光が人気だ。ドコモ光とは何なのか?ドコモ光の料金は?などドコモ光のことを詳解。
  • 光回線の比較 おすすめ光インターネット回線はこれだ!光回線の比較 おすすめ光インターネット回線はこれだ!
    光回線といってもフレッツ光だけではない。特に首都圏や関西エリアでは複数の光回線があるので比較したいところだ。速さで選ぶか、プロバイダーで選ぶか、比較する方法はいくつかある。
  • 最新WiMAXキャンペーン比較で最安値を探せ!2019年3月版最新WiMAXキャンペーン比較で最安値を探せ!2019年3月版
    WiMAXの最安値で契約するためにWiMAXプロバイダのキャンペーン情報を比較。ワイマックス各社はキャッシュバック・月額割引などキャンペーンは複雑化し比較するのも大変。契約年数総額で複雑化しているWiMAXキャンペーンを徹底比較。