NURO光の特徴

NURO光は、光ファイバーを使った光インターネットサービスだが、国際規格に準拠する事で従来の光回線よりも高速なデータ通信が出来るようになっている。

その為、オンデマンドサービスでHD画質以上の解像度で動画を観ている場合、非常に快適な視聴環境を構築する事ができ、地上波放送や衛星放送やネット動画やケーブルテレビなどを一つの回線に纏められるようになる。

NURO光が採用している国際規格はGPONと呼ばれるものでありPONと呼ばれる1芯の光ファイバーを複数ユーザーで共用する伝送技術をITU-T標準化規格G.984シリーズで規定したもので、通信速度は最大2.5Gbpsまで対応している。

実際、NURO光では上り最大1Gbps及び下り最大2Gbpsに対応しており、ほとんどのインターネットを使った作業では不満の無い速度を実現している。

GPON対応のホームゲートウェイのおかげで、基地局から自宅までの速度が低下しないようになっており、実速最大2Gbpsが出るようになっているのだ。

NURO光を家の中にある各端末でも使えるようにするには、無線LANで接続したり有線LANでネットワークを構築するのが一般的だが、ホームゲートウェイには無線LAN機能が搭載されているので、別途無線LANルーターを用意する必要はなく、家中のパソコンやスマートフォンやタブレットをWi-Fi接続する事が出来る。

NURO光は現在のところ関東・関西地方でのみ提供されており全国展開には至っていない。

また、関東地方の特定地域では最大10Gbpsのデータ通信が出来るサービスも展開され始めている。

このサービスを使えば将来の4K以上の動画もスムーズにストリーミング視聴する事が出来るようになるだろう。

NURO光ではプロバイダーがインターネット網から利用者の自宅までワンストップでサービスを提供しているため、利用者は従来の光回線事業者とプロバイダーの契約を別々に行うといった作業をしなくても済む。

月額利用料は回線利用料とプロバイダー利用料を合わせて税込みで月額4,800円未満になっています。

大手キャリアでスマートフォンの一般的な回線プランを契約するよりも安い料金設定になっている。

また、NURO光では様々なオプションも提供されている。

いわゆる光電話やアンチウィルスソフトもオプションで用意されている。

オンデマンドサービスもオプションとして提供されており、映画やドラマやアニメなどといった多彩なジャンルがある。見放題プランの場合は月額2,000円程度、7日間見放題の場合は月額1,000円程度で観る事ができ映像作品以外にも作品毎の購入で電子書籍を購入する事も可能となっている。。

NURO光の高速データ通信によって大容量コンテンツを高速にダウンロードして直ぐに楽しめる環境を構築する事が出来るのだ。

更新日:2019/01/28 11:18:15
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。