IIJmioの評判

回線の品質では随一の格安SIMならIIJmio

IIJmioは格安SIM最大手ともいえるMVNOだ。実績も評判も随一といっていいだろう。

料金も最安値水準であるから、特に選ばない理由はない。

IIJmioは品質を売りにしているので、品質を気にするのなら、IIJmioはおすすめだ。

IIJmioのキャンペーン情報

IIJmioの新料金プランのギガプラン

2021年4月1日から料金プランのギガプランを提供している。

音声SIMデータ専用SIM
SMSありSMSなしeSIM
2GB858円825円748円440円
4GB1,078円1,045円968円660円
8GB1,518円1,485円1,408円1,100円
15GB1,848円1,815円1,738円1,430円
20GB2,068円2,035円1,958円1,650円

回線は、ドコモ回線は全プラン対応だが、au回線はSMS付データ専用SIMと音声SIMのみとなっている。

特長としては、1契約につき10回線まで利用でき、同一契約内であればデータ容量のシェアもできる。もちろん余った容量は翌月に繰り越せる。

格安SIMのユーザーの多くは1~3GBの範囲内に収まっていることを考えると、ほとんどの人は2ギガプランか4ギガプランでいいので、1,000円ほどで音声通話SIMを契約することができる。

さらに、eSIMにも対応してきている。しかも、料金が2GBなら440円ととても安い。

オートプレフィックス機能でみおふぉんダイアルは不要!

IIJmioでは、従来は通話アプリである「みおふぉんダイアル」を利用するなどプレフィックス番号を付加して発信することで、国内通話料金の22円/30秒が11円/30秒になっていた。

しかし、2021年9月11日より、プレフィックス番号を付加しなくても11円/30秒となった(プレフィックス番号を付加しても同じ)。

音声SIMのタイプD(NTTドコモ回線)、タイプA(au回線)のどちらでも対応する。

ドコモ回線でオートプレフィックス機能はOCNモバイルONEなどの例はあるが、au回線に対応する格安SIMは珍しい。

iPhoneやiPadで使えるeSIM対応の格安SIM

iPhoneやiPadで採用されているeSIMに対応する格安SIMはほとんどない中で、IIJmioは対応している。

通常の料金プランは先述したとおりだが、eSIMにはデータプランゼロというサービスもある

IIJmio eSIMサービスのデータプランゼロ

データプランゼロは、従量制のサービスだ。

例えば、ドコモなど他社のeSIMを使っていて、データ容量を超えたときに一時的に切り替えて使用するイメージだ。

例えば、キャリアの1GBあたりの追加料金は1,100円/GBになるが、このサービスなら495円/GBで利用でき半額以下に抑えることが可能になる。

月額料金165円/月
追加データ量 1GB330円
追加データ量 2GB~10GB495円/GB

IIJmioの評判/データシェアにも対応

家族や、自由に作れるシェアグループ(最大10回線)でデータ容量をシェアできるようにもなる(2021年6月開始予定)。

シェアしなくても、必要なタイミングでデータ容量をプレゼントすることもできるなど、無駄なく使える仕組みが組み込まれている。

もちろん、余ったデータ容量は翌月に繰り越すことができる。

なお、初期費用は3,300円。最低利用期間は翌月末までとなっていて2年縛りなどはない。

3日間で低速通信利用で366MB超過すると速度規制がかかるが、あくまでも低速通信利用時なので、高速通信に関しても制限がない。

IIJmioならLINEの年齢認証に対応

LINEで全ての機能を利用するためには年齢認証が必要だが、LINEの年齢認証をするには、大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク、Y!mobile)かLINEモバイルに限られていた。

しかし、IIJmioは、2021年3月よりLINEの年齢認証に対応した。

LINEの年齢認証に対応してる他の格安SIMはこちら

IIJmio

IIJmioキャンペーン

IIJmioは、SIMカード契約数シェアNo.1(MVNE提供分を含む)の格安SIM最大手ともいえるMVNOだ。

ギガプラン登場でますます人気となっている。個人向けとしては唯一のフルMVNOでありeSIMの提供を行っている。

オートプレフィックス機能により、専用アプリなしでも国内通話料金が11円/30秒が適用されるようになった。

料金プラン
音声SIMデータ専用SIM
SMSありSMSなしeSIM
2GB858円825円748円440円
4GB1,078円1,045円968円660円
8GB1,518円1,485円1,408円1,100円
15GB1,848円1,815円1,738円1,430円
20GB2,068円2,035円1,958円1,650円

国内通話料:11円/30秒(みおふぉんダイアル/オートプレフィックス)

スマホセット対象のスマホ一覧
機種名価格備考
Xiaomi Redmi 9T110円MNP限定特価
OPPO A5 2020110円MNP限定特価
motorola moto e7 power110円MNP限定特価
OPPO A7322,880円
ASUS ZenFone 768,750円
ASUS ZenFone Max(M2)(64GB)17,380円
motorola moto e717,050円
motorola moto g9 play23,980円
motorola moto g PRO32,780円
富士通 arrows M0532,780円
Huawei P40 lite 5G41,580円
Huawei P40 lite E25,080円
Huawei Mobile WiFi E578510,428円

IIJmioのFAQ

IIJmioに関する気になること、FAQを紹介している。

SMSを後からつける

SMSの有無は、SIMカードで行っているので、SMSのないSIMカードを利用中に、SMSをつけたい場合は、SMS機能付のSIMカードに変更する必要がある。

なお、SIMカード交換には、1枚につき2,000円の費用が発生する。

また、逆にSMS付SIMカードからSMS無しにする場合も、SIMカードの交換が必要だ。

IIJmioの解約

IIJmioの解約はWeb上でできる。

なお、解約付の日割りはなく、解約日は月末日となる。

SIMカードはレンタルであるため、解約後返却する必要があるが、返却できなかった場合でも特にペナルティはないようだ。

更新日:2021/09/10 7:46:05

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ