格安SIMとか格安スマホとか・・

格安SIMはいろいろあって比較してもよく分からないと言う人に格安SIMのおすすめを紹介していく。

ほとんど使わないけど音声通話付SIMを持っておきたい人向けおすすめ格安SIM

子供用など、ほとんど使わないけど、一応、格安スマホを持っておきたい人も多いだろう。そんな原則として使わない、もしくは着信がほとんどであるケースで、月額料金でできるだけ格安にしたい場合の格安SIM比較をしてみる。

データ通信についても、WiFiなどフル活用するということで、LTEのデータ量は少ない、もしくはLTEの速度が出ないSIMを対象とする。

音声通話については、090など通常の音声通話が必要な人と、IP電話でいい人では少々異なってくる。IP電話で良ければ、LINEでもいいという人もいるだろう。そういう人は、シンプルにデータ通信だけの格安SIMを契約すれば問題ない。

もしくは、データ専用SIMにオプションでIP電話を付ければいいのだ。

例えば、OCNモバイルONEなら、050plusというアプリがある。これだと、月額300円だ。

従って、データ通信SIMの最安プランを利用すれば、900円+300円の1,200円で通話までできるようになる。ただし、アプリを常に起動させておく必要があるため子供や年配の方が利用する場合、若干不安を感じる方もいるかもしれない。

子供やシニア層が持つという前提で考えれば、できるだけシンプルな方が望ましいだろうから、そういうことを踏まえれば、おすすめはTONEだ。

基本的にはIP電話だし、通信速度も 500Kbps~600Kbpsと遅い。しかし、月額料金は1,000円と格安だし、パケットは遅いが使い放題だ。おまけに位置情報の確認も簡単にできるようになっているので子供に持たせるにはピッタリではないだろうか。

デメリットは、専用端末が必要なため、その代金として最初に 29,800円必要となる点だろうか。既にSIMフリースマホを持っている人の場合でも、専用端末が必要なのだ。

これが問題なければ、一つの選択肢といえるだろう。

090など通常の音声通話が使えた方がいいというのであれば、もう少し料金は高くなってしまう。しかし、アプリ起動の必要もなくなるから、トラブルは少ないと思われる。

この場合は、1,400~1,600円位が格安SIMを利用した場合の相場だろうか。イオンモバイルの500MBのプランなら月額1,180円だ。子供に持たせるのなら、これが一番おすすめかなと思う。

但し、格安SIMの音声通話の通話料金は高いので、発信をほとんどしないという前提だ。

子供などに持たせる場合に、勝手に発信する可能性があるのなら、話し放題などのオプションがある格安SIMを選んでおいた方が無難なケースもあるだろう。

話し放題のプランは少々ややこしいので、まずは、話し放題なしのケースで、ここまでの話をまとめてみる。

音声通話は、LINE電話で問題ないのであれば、適当な格安SIMのデータ通信プランでいいだろう。格安SIM人気ランキングなどを参照してもらいたい。

LINEのアカウントはないなどLINEは使いたくない人で、IP電話でいい人は、シンプルさと価格の安さで1,000円のTONE。

続いて、OCNモバイルONEデータ専用110MB/日+050plus。これだと1,200円だ。

IP電話ではなくて通常の音声通話がいいという人は、イオンモバイル音声500MBプランが1,180円。

他だとDTI SIMの音声プラン1GBが1,200円。イオンモバイル音声1GBプランが1,280円。DMMモバイル通話SIMライトプランが1,140円。DMMモバイルのこのプランはLTEの速度が出ませんが使い放題だ。

このあたりが最安クラスだろう。おすすめは比較的評判がいいイオンモバイルだが、DTIもDMMも評判が悪いわけではない。

データ通信速度の速いおすすめ格安SIMはどこ?!

単純に、速度が遅い格安SIMは嫌っ!と言う人におすすめのMVNOの格安SIMはやっぱりUQモバイル。

他にもあるが、速度に関してはどうしてもアタリとハズレがある。

どんなに速いと聞いたところで、実際に使う時間や場所によっては遅くなることはある。

全体的に速いという評判があるのがUQモバイルだ。

他にもBIGLOBEモバイルは比較的頻繁にネットワーク帯域の増強をしているので安心感はありそうだ。なお、BIGLOBEモバイルもUQモバイルと同じKDDI傘下なのでau回線の方が色々都合が良さそうだという点でおすすめだ。

UQ mobile

UQ mobileは、他のMVNOと異なりau回線を利用している。au回線は、LTEの場合は、周波数が対応しているスマホなら通信することができるのだが、3G回線の場合は、特殊な通信方式のため、ほとんどの格安スマホが対応していないと考えていいだろう。

そのためUQモバイルのSIMを利用するのであれば、auで販売されていた白ロムスマホを用意するか、UQモバイルで購入するかのいずれかとなり、ドコモ系の格安SIMと比較するとややハードルが高い印象だ。

au 4G LTEは、プラチナバンドで人口カバー率99%を誇ることもあり、接続はし易そうだ。また、回線速度も、昼夜問わず安定して十分な速度が出ているようだ。

価格については、当初は、やや高めの設定だったが、通信量が増えたことで、ドコモMVNOの格安SIMと比較しても格安な設定となっており、割高感はなくなった。

また、通信量無制限のプランもあるが、無制限プランの場合、通信速度が最大500kbpsとなっている。

3日間のデータ量に対する速度制限は、1GB/3日以上となっているため、他の多くのMVNOと比較し緩い設定となっているのは魅力の一つだろう。

また、新料金プランも登場した。これは、データ量1GB+無料通話1,200円分+スマホ代金まで含んで月間2,980円~となっている。スマホが不要な人にはお得度は低いが、au回線を利用するMVNOであることから、スマホを同時購入する人の方が多いだろうから、そういう意味では、お得なプランとなっている。

なお、このプランは、MVNOとしては珍しく2年契約となっているので注意が必要だ。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEは、MVNEを挟まないドコモと直接接続しているMVNOだ。

もちろん、老舗プロバイダが提供している安心感もあり、回線速度はあまり芳しくなかった時期もあったが、不定期に回線増強して改善しており十分な帯域があるようだ。

例えば、データSIM3GBプランでは900円/月だが、もし光回線などでBIGLOBE接続サービスを利用していれば200円(ベーシックコース)割り引かれるので700円/月となる。加えて光☆SIMセット割を利用すると月額料金が最大300円割り引かれる。BIGLOBEユーザーは、すなおにBIGLOBEにしておけば良さそうだ。

また、6GBプラン以上の場合はで利用中は、BIGLOBE Wi-Fi(250円/月)が1ライセンス無料で利用できる。

更新日:2019/02/08 12:56:42
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。