SIMロック解除義務化で、MVNOはビッグビジネスチャンス!

総務省が2015年5月以降、無償でSIMロック解除することを義務化することを発表している。

今でも、各キャリアでは、有償ではあるが、iPhoneなどを除くほとんどスマホのSIMロックの解除を実施している。であるからして、今更SIMロック解除の義務化が行われても、大勢に影響は無さそうだという意見も多い。

もちろん、このSIMロック解除の義務化によって、SIMフリーの端末が、今以上に市場には広まるだろうから、MVNOによる格安SIMのシェアは増えるだろう。ただし、大騒ぎするほどMVNOの格安SIMのシェアが伸びるかというと、まだまだ微妙だ。

それでも、各MVNOでは、格安SIMのプランの価格競争が激化しはじめている。IIJが先行して値下げを実施したことで、大手MVNOがこぞって追随している恰好で盛り上がっては来ているが、しかし、ここに来て、ドコモが卸価格の締め付けが厳しくなってきており、各MVNOでは、早まったとの声も聞こえてきている。

そのため、格安SIMの価格をこれ以上下げるのは、なかなか難しそうだ。

特に、大手MVNOは、ISPとしての側面を持っているため、品質を下げて価格を下げるというのは、主たるプロバイダー業に悪影響を及ぼすのは間違いない。従って、品質を維持しなければならない為、一つの回線にたくさんのユーザーを詰め込むようなことはしにく。かといってユーザー数を十分確保しないと、赤字を垂れ流すなんてことにもなるだろう。

となると、5月以降は、値下げよりは、キャンペーンが盛り上がるとみるのが、妥当な線かもしれない。MVNO格安SIMキャンペーン比較はこちらで紹介していく。

話はそれたが、MVNOの格安SIMは、音声通話が高い。音声通話を、受けるではなく、かける頻度が多い日人は、かけホーダイが一般化した今では、MVNOでスマホを契約するよりは、ドコモなどのキャリアと契約する方が、結局は安くなるので、このような層は、SIMフリー端末が入手しやすくなっても、あまりMVNOには流れないだろう。

また、MVNOは、店舗をほとんど持っていない。大手家電量販店などでは、MVNOのMNPを受け付けるというサービスが行われていることもあるが、ほとんどは、ネットでの対応だ。

この時点で、女性やシニア層は、MVNOに対して、少々抵抗を感じるようだ。

また、MNPに関しては、MVNOのネット対応の場合、2~3日、スマホが使えない空白が発生してしまうのだ。これでは、電話を頻繁に使う人は困るだろう。

このあたりの問題解決を狙って参入してきたのがイオンといえるだろう。イオンスマホとして、格安スマホの提供を始めていることは、ご存じだろう。

イオンスマホは、イオンの各店舗でMNPなどの契約もサポートもできるため、狙い通りシニア層を中心に、よく売れている。店舗での手続きは、その場で、完了するため、空白の期間も発生しない。

各MVNOは、このような拠点をどのように確保するのかが、課題になるのだろう。

全く筆者の妄想だが、例えば、コンビニの店頭で、もしこのような手続きが完了するようなことがあれば、どうだろう?

それはともかく、SIMロック解除の義務化は、iPhoneも対象となると思われる。

そのため、MVNOは躍起になってシェア確保を狙っているのだ。iPhoneは国内で3800万台以上のユーザーがいると言われている。このユーザーの一部が流れ出せば、MVNOとしてはかなりのビジネスチャンスなのは言うまでもない。

そこでかなり盛り上がっているのだ。

更新日:2015/04/09 11:50:10

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ