43型4Kモニターの比較

4Kモニターの解像度は3840×2160である。

一般的になモニターの解像度は1920×1080なので、この解像度のモニターを上下左右に4台分に相当する。

画素ピッチでいうと、23~24型の1920×1080の画素ピッチと、49~50型4Kモニターの画素ピッチはほぼ同じくらいだ。

従って、日頃23~24型モニターを使っているのであれば、49~50型の4Kモニターを選んでおけば見にくくなる問題はない。

しかし、49型は選択肢がほとんどない。

多くの4Kモニターは43型だ。

43型の画素ピッチは、21型クラスの1920×1080の画素ピッチと同等だ。

49型からするとやや文字が小さくなるが、画面が小さくなる分、視認性は高まる。

投資家が複数のモニターを使っている風景を見たことのある人もいると思うが、モニターを4台とか6台使ったマルチディスプレイをする場合、敢えて21型を選ぶ人も少なくないそうだ。それはひとえに視認性の問題である。

ただし、4Kモニターを使って、文字を入力するような作業を考えているのなら画素ピッチの低下は作業効率に関わる可能性は否定できないが、PC側でフォントの大きさを110%程度にしてやればほぼ同じ大きさになる筈だ。

そんなことをするくらいなら49型を選べば良さそうなものだが、上述したとおり49型の選択肢はほとんどない。

IOデータの製品があるが、この製品はハーフグレアとなっており、それなりに映り込みがあるので、そうなると、作業面で支障がありそうだ。

となると、43型が無難かというと、そうでもない。

43型の4Kモニターも、アンチグレアとなっていても比較的反射のあるパネルも多く、どちらかというとエンターテインメント寄りな用途を想定しているように感じる。さらにフリッカーフリーに対応している製品も少ない。

43型以上の4Kモニターで、アンチグレアで、フリッカーフリー対応となると、もはや選択肢がない。

ハーフグレアで我慢するか、フリッカーフリー無しにするかという選択に迫られることになる。

ハーフグレアで我慢するなら、IOデータの49型、43型がおすすめだ。IPSから進化したADSパネルを使ってフリッカーフリー対応となっている。

DELLの4Kモニター

メーカーDELL
型番P4317Q
パネルIPS アンチグレア
画素ピッチ0.2451mm
応答速度8ms

フリッカーフリーには対応していない。

IOデータの4Kモニター

メーカーIOデータ
型番LCD-M4K431XDB
パネルADS ハーフグレア
画素ピッチ0.2451mm
応答速度8ms

ADSはIPSを改良したパネルで視野角がIPSより更に広い。

フリッカーフリー、ブルーリダクションに対応するなど、パネルがハーフグレアな点を除けばオフィス用途でおすすめ。

ただし、IOデータのディスプレイなら、スペースがあるのなら43型より49型をおすすめしたい。価格も3年保証タイプなら5万円台から購入できる。通常の5年タイプは8万円台になる。

フィリップスの4Kモニター

4Kモニターというと、フィリップス。

メーカーフィリップス
型番436M6VBPAB
パネルMVA アンチグレア
画素ピッチ0.2451mm(推定)
応答速度4ms

アンチグレアではあるが、口コミによるとかなり反射がある模様だ。メーカーでもエンターテインメント用途として販売しているので、オフィス用途には向かない可能性はある。オフィス用途としてはBDM4350UCがあるが、2019年2月現在、販売されているところがなさそうで入手することは難しそうだ。

LGの4Kモニター

メーカーLG
型番43UD79-B/43UD79T-B
パネルIPS アンチグレア
画素ピッチ0.2451mm
応答速度8ms

どちらの製品もパネルは同じだがスタンドが異なる。43UD79-Bはチルト機能がある。

フリッカーフリーには対応していない。

4Kモニターを使うためのPCスペック

4KモニターはDVIでは対応できない。そのため、HDMIやDisplayPortで出力する必要がある。

4Kモニターでは、リフレッシュレート60Hzで表示させる場合に、仕様書を見ていると但し書きが色々書いてある。

そもそも4K解像度を60Hzで出力するためには帯域が16Gbps以上が必要なのだが、HDMI1.4だと10.2Gbpsしかでないため30Hzのリフレッシュレートになってしまう。

ちなみに30Hzだとマウスカーソルを動かすと消えたりするようなので、現実的には使い勝手が悪く60Hzにしておきたい。

DisplayPort1.2、HDMI2.0に対応したグラフィックボードが必要となる。なお、HDMI2.0にはレベルA(18Gbps)とレベルB(10.2Gbps)があるので、レベルAでないと意味がない。当然ながらケーブルもそれぞれの規格に対応したものである必要がある。

更新日:2019/02/13 12:10:53
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

  • おすすめレーザー複合機はこれだ!おすすめレーザー複合機はこれだ!
    SOHOなどで人気なのがプリンターにスキャナ・FAXがついた複合機だ。これ一台あればちょっとしたコピーもできるのでSOHOではとても重宝する。インクジェット複合機が安価で人気だが、おすすめはレーザー方式だ。その理由は・・・
  • 光回線の比較 おすすめ光インターネット回線はこれだ!光回線の比較 おすすめ光インターネット回線はこれだ!
    光回線といってもフレッツ光だけではない。特に都市部では複数の光回線の選択肢があるので比較したいところだ。速さ・料金・プロバイダーなど比較する方法はいくつかある。
  • おすすめノートパソコン比較ランキングおすすめノートパソコン比較ランキング
    おすすめの最新ノートパソコンを比較。安いノートパソコンから高性能ゲーミングノートパソコン、モバイルノートパソコン、さらにはクラムシェル型ノートPCから2in1などをそれぞれ比較紹介
  • 格安スマホ比較ランキング おすすめSIMフリースマホ本体端末を比較!格安スマホ比較ランキング おすすめSIMフリースマホ本体端末を比較!
    SIMフリーの格安スマホが人気だ。MVNOの格安SIMとの組み合わせでスマホ料金が安くなるのが人気の秘訣だ。SIMフリー格安スマホの種類も次第に増えて比較するのも大変!格安スマホを比較し人気ランキングを紹介。