光回線の比較

いつからかインターネットを自宅や外出先で使うことはパソコンのヘビーユーザーなら当たり前のようになり、スマホの登場でほとんどの人がどこかでインターネットに接続してデータ通信をするようになっている。

データ通信をするとなると、何らかのインターネット回線が必要だ。

ここでは、自宅などに光回線などを引く固定回線と、WiMAX2+に代表される高速モバイル通信サービスを比較しながら紹介していく。

光回線は大きく2社

光回線と一口に言っても光回線にもいくつかの会社が提供しているが、大きく2社だ。

NTT東日本、NTT西日本によるフレッツ光と、auのauひかりだ。

自宅まで光ファイバーのケーブルを敷く必要があるため、沢山の会社があるわけではないのだ。

それでも首都圏等なら上記2社以外にもいくつかの光回線を比較検討することができる。

NURO光が最有力だろう。NURO光の場合は、首都圏と関西圏がサービスエリアとなっている。

それ以外の光回線は、基本的には地域特化型だ。例えば、関西地方ならeo光、東海地方ならコミュファ光だ。この2社はauひかりと提携しているため、それぞれの地域ではauひかりのエリア外となっている。

但し、auひかりを契約している場合と同様にauスマートバリューなどの割引サービスは受けられる。

なお、フレッツ光が最もエリアが広くほぼ全国を網羅している。auひかりは提携エリアもあるためフレッツ光よりはエリアが狭い。

光回線といえばフレッツ光がおすすめ

当然といえば、当然なのだが、NTT東日本、NTT西日本によるフレッツ光が光回線では一番人気だ。光回線全体のシェアでも約7割がフレッツ光の回線となっている。その内の4割は光コラボによるものだ。

フレッツ光が他の光回線と比較して人気なのはエリアの広さに尽きる。

他の光回線が、一部地域だけにしか対応していないのと比較して、フレッツ光は日本全国をエリアにしているのだから当然の結果だろう。

都市部でも、集合住宅の場合はその集合住宅が対応している光回線しか使えないことになるが、その点でもフレッツ光が対応していることが多い。

従ってフレッツ光以外の光回線の選択肢がない人も少なくない。例えばNURO光を使いたいと北海道の人が思ってもどうしようもない。

加えて、フレッツ光は代理店同士で競争をしているためキャンペーンが充実している。そして、光コラボだ。光コラボが登場したことで更にキャンペーン合戦が活発になっている。

さらに後述するが、光コラボも2019年7月から再転用という仕組みが加わり、更に競争が激化してきているので、お得に光回線を利用するならフレッツ光及び光コラボがおすすめだ!

光コラボで光回線の選択肢が急増!

スマホの回線は、ドコモ、au、ソフトバンクの3社しかないが、最近は格安SIMとしてその3社の回線を利用したMVNOと呼ばれる会社(プロバイダー)がサービスを提供している。

光回線でも同様に、フレッツ光の光回線を利用したサービスが沢山登場している。それが光コラボだ。

光コラボの中でも一番人気はドコモ光だ。続いてソフトバンク光となっている。

いずれもドコモのスマホ、ソフトバンクのスマホを使っている人が契約すると料金が割り引かれるため、それらのスマホを利用しているユーザーならおすすめだ。

この2社だけで光コラボの約7割のシェアを占めている

ちなみにドコモにしてもソフトバンクにしても、光回線は光コラボによるサービスで提供しているに過ぎず、それぞれが自前に光ファイバーを敷いてるわけではない。

一方で、格安SIMを使っているユーザーなら、それぞれのプロバイダーでも光コラボの光回線を提供している可能性がある。例えばBIGLOBEならビッグローブ光、OCNならOCN光のように大手プロバイダーならサービス提供していることがほとんどだ。

これらの光コラボの光回線は総じてもともと格安だし、格安SIMと組み合わせることで更に割引が適用されるので、スマホと光回線は同じプロバイダーで契約する方がおすすめだ。光コラボでは、2019年6月末までは、光コラボ事業者から光コラボ事業者への変更の為には一旦解約して再契約する仕組みで、そのため、工事費が新たに発生していた(工事費が発生する意味が理解できないが・・・)。

ところが2019年7月より、再転用という仕組みが加わり、光コラボ事業者への変更の際には工事費が不要となった。

このことにより、ユーザーは容易に光コラボ事業者間で切り替えることができるようになる。従って、光コラボ事業者は、ユーザー獲得のために様々なキャンペーンを実施している。

すなわち、今後光コラボのキャンペーンがどんどん盛り上がることが予想される。

また、光コラボなどフレッツ光回線にしておくことで、再転用を利用した乗り換えなど盛りようできることから、よりお得に光回線を利用できるようになるはずだ。

従って、光回線で一番おすすめなのはフレッツ光を利用した回線ということになる。

最も速い光回線のauひかり

フレッツ光が、光コラボレーションを始めるきっかけになったのが、このauひかりだろう。

auスマートバリューというサービスだ。

ドコモ光やソフトバンク光がフレッツ光を利用しているのに対し、このauひかりは、KDDIだけあって独自の回線を敷く。

さすがにフレッツ光には及ばないが、広範囲で利用できる。

また、下りで最大10Gbpsという桁違いの高速回線のサービスも提供している。但しまだまだ対応エリアが限定されている。

最大2GbpsのNURO光

so-netの光回線がNURO光だ。

サービスエリアは関東圏だけだったのが、ようやく関西もサービスエリアとなっている。

最近では、まだ狭いエリアだけだが、10Gbpsのサービスを開始する他、2Gbpsの光回線など、高速な光回線に注力している。

更新日:2019/07/02 8:25:17
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。