光回線の比較

いつからかインターネットを自宅や外出先で使うことはパソコンのヘビーユーザーなら当たり前のようになり、スマホの登場でほとんどの人がどこかでインターネットに接続してデータ通信をするようになっている。

データ通信をするとなると、何らかのインターネット回線が必要だ。

ここでは、自宅などに光回線などを引く固定回線と、WiMAX2+に代表される高速モバイル通信サービスを比較しながら紹介していく。

光回線は大きく2社

光回線と一口に言っても光回線にもいくつかの会社が提供しているが、大きく2社だ。

NTT東日本、NTT西日本によるフレッツ光と、auのauひかりだ。

ちなみにソフトバンクも、ソフトバンク光という光回線サービスを提供しているが、これはフレッツ光の光コラボによるサービスでソフトバンクが自前に光回線をもっているわけではない。

自宅まで光ファイバーのケーブルを敷く必要があるため、沢山の会社があるわけではない。

それでも首都圏等なら上記2社以外にもいくつかの光回線を比較検討することができる。

NURO光が最有力だろう。NURO光の場合は、首都圏と関西圏がサービスエリアとなっている。

それ以外の光回線は、基本的には地域特化型だ。例えば、関西地方ならeo光、東海地方ならコミュファ光だ。この2社はauひかりと提携しているため、それぞれの地域ではauひかりのエリア外となっている。

但し、auひかりを契約している場合と同様にauスマートバリューなどの割引サービスは受けられる。

なお、フレッツ光が最もエリアが広くほぼ全国を網羅している。auひかりは提携エリアもあるためフレッツ光よりはエリアが狭い。

光回線といえばフレッツ光がおすすめ

当然といえば、当然なのだが、NTT東日本、NTT西日本によるフレッツ光が光回線では一番人気だ。

フレッツ光が他の光回線と比較して人気なのは、いうまでもなくエリアの広さに尽きる。

他の光回線が、一部地域だけにしか対応していないのと比較して、フレッツ光は日本全国をエリアにしているのだから当然の結果だろう。

都市部でも、集合住宅の場合はその集合住宅が対応している光回線しか使えないことになるが、その点でもフレッツ光が対応していることが多い。

従ってフレッツ光以外の光回線の選択肢がない人も少なくない。例えばNURO光を使いたいと名古屋の人が思ってもどうしようもない。

また、最近は光コラボレーションとして、ドコモやソフトバンク、その他プロバイダーなどが、フレッツ光を卸して割引価格で提供する等をしている。ドコモ光ソフトバンク光という名前を聞いたことがない人は少ないのではないだろうか。

このフレッツ光の光コラボレーションを絡めた料金比較をすると、単に光回線の料金だけで比較するのではなく、スマホまで含めた家族の通信費をトータルで比較しないとどの光回線が安いか分からない。

プロバイダーを選べるのもフレッツ光の特長だ。auひかりも選択肢はあるが、フレッツ光対応のプロバイダー数とは比較にならないくらいフレッツ光対応プロバイダー数は多い。

そのため、プロバイダーがキャンペーンを実施していることも多いのがフレッツ光の特長だ。

フレッツ光は、NTT東日本とNTT西日本のサービスであるため、両社に直接申し込む人も多いだろうが、キャンペーンとしては代理店やプロバイダー経由の方がお得度が高いことが多い。

もちろん、上記の光コラボレーションの場合も、各プロバイダーがキャンペーンを実施していることもあるため、申し込むタイミング次第ではあるが、キャンペーンを確認してから、どのサイトから申し込むかを比較検討することをおすすめする。

最も速い光回線のauひかり

フレッツ光が、光コラボレーションを始めるきっかけになったのが、このauひかりだろう。

auスマートバリューというサービスだ。

ドコモ光やソフトバンク光がフレッツ光を利用しているのに対し、このauひかりは、KDDIだけあって独自の回線を敷く。

さすがにフレッツ光には及ばないが、広範囲で利用できる。

また、下りで最大10Gbpsという桁違いの高速回線のサービスも提供している。但しまだまだ対応エリアが限定されている。

最大2GbpsのNURO光

so-netの光回線がNURO光だ。

サービスエリアは関東圏だけだったのが、ようやく関西もサービスエリアとなっている。

最近では、まだ狭いエリアだけだが、10Gbpsのサービスを開始する他、2Gbpsの光回線など、高速な光回線に注力している。

更新日:2019/01/19 9:13:25
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。