フレッツ光

光回線を敷くとなると、日本全国が対象エリアとなっているフレッツ光がもっとも現実的な選択肢だ。

他の光回線は、地域限定でエリアが狭いので首都圏や関西圏以外ではほぼフレッツ光の一択か、せいぜいauひかりしかない。

フレッツ光のキャンペーンはネット申し込みがおすすめ

フレッツ光を契約する場合、どこで申し込むことが一番お得だろうか。

パソコンを購入するときに、フレッツ光を契約すると、安くしてくれるというキャンペーンを家電量販店などで見たり聞いたことはないだろうか?

あれも、実はフレッツ光キャンペーンの一つなのだ。

しかし、よく考えてみて欲しいのだが、パソコンを購入するときに割り引いてくれる金額と、後述するフレッツ光のキャッシュバックキャンペーンの金額と比較してみてどうだろう。

同様に、新聞広告などチラシなどでもキャンペーンを行っているし、NTT東日本・NTT西日本のフレッツ光のホームページ上でもキャンペーンの文字がある。

しかし、下記のキャンペーンのキャッシュバック金額の方が高いはずだ。

新聞広告などのチラシや、家電量販店の場合、ネット申込みと比較してどうしてもコストがかかるし、そのキャンペーン内容を見る人も他のキャンペーンと比較することはしないため、例えばキャッシュバック金額などは抑え気味になるのだ。

また、引越しの際に「光回線を引きませんか?」と勧誘されたり、代行業者を紹介されたりしなかっただろうか?

これも、もちろんキャンペーンだ。でも、先ほどの家電量販店と同じく間に業者が入っている分、キャッシュバック金額などお得度は下がっている。

「そうはいっても、フレッツ光の契約が難しそう」と思っている人も多いだろう。

でも、ぜんぜん大丈夫だ。

以下で紹介するサイトで、申し込んだら、結局はそのサイトが手配した人が、ほとんどの処理をしてくれる。

マンションなどで回線を引けなかった場合も、特に違約金がかかることはない。逆に、引けなくてごめんなさいと謝罪して貰えるくらいだ。

もちろん、時期によってキャンペーンの特典内容が変わっていくから、キャンペーン内容がお得なタイミングを待つのも一つの方法だが、季節的に春の引越しシーズンはキャンペーンが盛り上がる傾向にはあるが、実際盛り上がるかどうかはその時の各社の動向次第であり、案外そんなに大きな変化はないこともある。

それに、フレッツ光の場合、比較的閑散期であっても工事に日数を要するため、できるだけ早めに申し込むことをおすすめする。

筆者の場合は、色々問題があって、結局1年かかってしまったくらいだ(笑

さすがにこれは長すぎるが1ヶ月程度は要すると思っておこう。特に引越しシーズンは早めの申し込みをおすすめする。

フレッツ光対応プロバイダー比較

フレッツ光に対応しているプロバイダーはとにかく沢山あり、全てを紹介することは難しいので、ここでは有名なプロバイダーを紹介している。

プロバイダー名ファミリータイプマンションタイプV6対応
OCN1,100円(*1,000円)950円(*900円)500円(ルーター込)
BIGLOBE1,200円(*1,000円)900円無料
So-net1,200円(*1,000円)900円無料
@nifty1,200円(*1,000円)950円無料
GMOとくとくBB760円530円891円(ルーターレンタルは+100円)
ASAHIネット780円700円無料
Yahoo!BB1,200円950円無料
ぷらら1,000円600~800円無料
hi-ho1,200円890円無料(PPPoEのみ対応)
DTI951円680円無料
BB.excite700円(V6対応) / 500円
INTERLINK1,000円(V6対応) / 900円
IIJmio2,000円
*:2年契約などの各種割引適用後

プロバイダーによっては、新規契約後は更なる割引が適用されることもある。

フレッツテレビならアンテナ無しで地デジからBS・スカパーまで見れる!

最近の新築住宅ではテレビアンテナを立てないことも多い。

アンテナ無しでテレビを見るにはケーブルテレビがポピュラーだが、フレッツ光でもフレッツ・テレビというサービスが提供されている。

簡単に書けば、光回線の装置にテレビアンテナを接続することでテレビが見れるようになるのだ。現在は新しい4K・8K放送にも対応している。

光回線を利用するため、「フレッツ光ライト」のような2段階定額料金だと、すぐに上限に達してしまいそうだが、フレッツ・テレビは課金対象外となっているので大丈夫だ。

料金は月額750円となっている。もちろん、これは地デジや無料BSのみが見れて、スカパーや有料BSなどは別途契約が必要だ。要するにテレビアンテナの代わりに毎月料金を払うようなものだ。

光コラボはフレッツ光の光回線サービス

今一番人気の光回線はドコモ光だろう。

ドコモ光というのは、ドコモの光回線サービスだが、これはNTT東西が提供するフレッツ光の光コラボレーション(光コラボ)を利用したサービスで光回線自体はフレッツ光そのものだ。

他にもソフトバンク光やOCN光、ビッグローブ光なども光コラボを利用したサービスだ。

光回線を実際に敷く事業者というのはとても少なく、ほとんどはフレッツ光の光回線を利用しているのだ。

フレッツ光以外で、光回線を実際に敷いているのは、auひかり、NURO光、コミュファ光、eo光などが有名だが地域限定サービスであることがほとんどで、エリアの広さとしてはフレッツ光が圧倒している。

フレッツ光キャンペーン人気ランキング

フレッツ光のキャンペーンを実施しているのは、だいたい代理店である。フレッツ光を取り次ぐ代理店だ。

代理店の中には、キャッシュバック金額がとてつもなく大きく書かれていることも多い。

しかしその実態は、それは全ての条件をクリアした場合の最大のキャッシュバック金額であり、そして、それらの条件はかなり厳しくて実際にその金額になる可能性は極めて低いケースも多い。

従って、フレッツ光キャンペーンを比較する際は、最大のキャッシュバック金額で比較するのではなく、条件に合致するキャンペーン内容で比較する必要がある。

GMOとくとくBB×ドコモ光キャンペーン

GMOとくとくBB×ドコモ光では最大15,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施している。

加えて、V6プラス対応ルーター(BUFFALO製WXR-1750DHP2、NEC Aterm WG1900HP2他)のレンタル(月額300円)訪問サポート(最大7,400円)それぞれ無料になる特典も付いている。ただし、どちらも別途申し込みが必要だ

ビッグローブ光キャンペーン

ビッグローブ光では25,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施している。

もしくは、月額大幅割引を選ぶこともできる。この場合、毎月1,480円割引が12ヶ月間されるのでキャッシュバックキャンペーンの方がお得ではある。

ただし3年プランのみが対象だ。また、他の光コラボ事業者からの乗り換え(再転用)でも適用されるが、フレッツ光からの転用の場合はキャッシュバックの特典は受けられず月額割引のみの選択となる。

工事費は0円、IPv6対応の無線LANルーターも1年間は0円(13ヶ月目からは500円/月必要)となっている。

auスマホを利用しているならauスマートバリューで利用料金が割引になる。

このキャンペーンは9月1日まで!

@nifty光キャンペーン

@nifty光では最大30,100円のキャッシュバックキャンペーンを実施している。

3年プランで30,100円、2年プランで29,100円のキャッシュバックとなる。

キャッシュバックの金額だけでも3年プランの方がお得なのだが、3年プランなら2~31ヶ月目の月額料金が600円(戸建て)安くなる。光回線は一度契約すると乗り換えたりはしないケースが多いだけに3年プランの方がおすすめだ。

ただし、工事費は戸建ての場合で18,000円(600円/月×30回)となっている。

auスマホを利用しているならauスマートバリューで利用料金が割引になる。

このキャンペーンは7月15日まで!

更新日:2019/06/21 8:35:57
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。