フレッツ光

光回線を敷くとなると、日本全国が対象エリアとなっているフレッツ光がもっとも現実的な選択肢だ。

他の光回線は、地域限定でエリアが狭いので首都圏や関西圏以外ではほぼフレッツ光の一択か、せいぜいauひかりしかない。

ただしフレッツ光としてより光コラボが人気となっており、キャンペーンも光コラボのキャンペーンが人気の中心となっている。

フレッツ光のキャンペーンはネット申し込みがおすすめ

フレッツ光を契約する場合、どこで申し込むことが一番お得だろうか。

パソコンを購入するときに、フレッツ光を契約すると、安くしてくれるというキャンペーンを家電量販店などで見たり聞いたことはないだろうか?

あれも、実はフレッツ光キャンペーンの一つなのだ。

しかし、よく考えてみて欲しいのだが、パソコンを購入するときに割り引いてくれる金額と、後述するフレッツ光のキャッシュバックキャンペーンの金額と比較してみてどうだろう。

同様に、新聞広告などチラシなどでもキャンペーンを行っているし、NTT東日本・NTT西日本のフレッツ光のホームページ上でもキャンペーンの文字がある。

しかし、下記のキャンペーンのキャッシュバック金額の方が高いはずだ。

新聞広告などのチラシや、家電量販店の場合、ネット申込みと比較してどうしてもコストがかかるし、そのキャンペーン内容を見る人も他のキャンペーンと比較することはしないため、例えばキャッシュバック金額などは抑え気味になるのだ。

また、引越しの際に「光回線を引きませんか?」と勧誘されたり、代行業者を紹介されたりしなかっただろうか?

これも、もちろんキャンペーンだ。でも、先ほどの家電量販店と同じく間に業者が入っている分、キャッシュバック金額などお得度は下がっている。

「そうはいっても、フレッツ光の契約が難しそう」と思っている人も多いだろう。

でも、ぜんぜん大丈夫だ。

以下で紹介するサイトで、申し込んだら、結局はそのサイトが手配した人が、ほとんどの処理をしてくれる。

マンションなどで回線を引けなかった場合も、特に違約金がかかることはない。逆に、引けなくてごめんなさいと謝罪して貰えるくらいだ。

もちろん、時期によってキャンペーンの特典内容が変わっていくから、キャンペーン内容がお得なタイミングを待つのも一つの方法だが、季節的に春の引越しシーズンはキャンペーンが盛り上がる傾向にはあるが、実際盛り上がるかどうかはその時の各社の動向次第であり、案外そんなに大きな変化はないこともある。

それに、フレッツ光の場合、比較的閑散期であっても工事に日数を要するため、できるだけ早めに申し込むことをおすすめする。

筆者の場合は、色々問題があって、結局1年かかってしまったくらいだ(笑

さすがにこれは長すぎるが1ヶ月程度は要すると思っておこう。特に引越しシーズンは早めの申し込みをおすすめする。

フレッツ光対応プロバイダー比較

フレッツ光に対応しているプロバイダーはとにかく沢山あり、全てを紹介することは難しいので、ここでは有名なプロバイダーを紹介している。

プロバイダー名ファミリータイプマンションタイプV6対応
OCN1,100円(*1,000円)950円(*900円)500円(ルーター込)
BIGLOBE1,200円(*1,000円)900円無料
So-net1,200円(*1,000円)900円無料
@nifty1,200円(*1,000円)950円無料
GMOとくとくBB760円530円891円(ルーターレンタルは+100円)
ASAHIネット780円700円無料
Yahoo!BB1,200円950円無料
ぷらら1,000円600~800円無料
hi-ho1,200円890円無料(PPPoEのみ対応)
DTI951円680円無料
BB.excite700円(V6対応) / 500円
INTERLINK1,000円(V6対応) / 900円
IIJmio2,000円
*:2年契約などの各種割引適用後

プロバイダーによっては、新規契約後は更なる割引が適用されることもある。

フレッツテレビならアンテナ無しで地デジからBS・スカパーまで見れる!

最近の新築住宅ではテレビアンテナを立てないことも多い。

アンテナ無しでテレビを見るにはケーブルテレビがポピュラーだが、フレッツ光でもフレッツ・テレビというサービスが提供されている。

簡単に書けば、光回線の装置にテレビアンテナを接続することでテレビが見れるようになるのだ。現在は新しい4K・8K放送にも対応している。

光回線を利用するため、「フレッツ光ライト」のような2段階定額料金だと、すぐに上限に達してしまいそうだが、フレッツ・テレビは課金対象外となっているので大丈夫だ。

料金は月額750円となっている。もちろん、これは地デジや無料BSのみが見れて、スカパーや有料BSなどは別途契約が必要だ。要するにテレビアンテナの代わりに毎月料金を払うようなものだ。

光コラボはフレッツ光の光回線サービス

光コラボレーション(通称:光コラボ)は、光コラボレーション事業者が、NTT東日本・NTT西日本から光回線を卸してもらい、自社サービスとして提供する仕組みだ。

光コラボレーション事業者とは、有名どころで言えば、ドコモやソフトバンクで、それぞれは、ドコモ光、SoftBank光としてサービス提供を行っているわけだ。同様にビッグローブや@niftyなど様々なプロバイダーが光コラボのサービス提供を行っている。

基本的にはNTTのフレッツ光と同じ回線だが、光コラボレーション事業者がそれぞれ付加サービスをつけている場合がある。逆に光コラボレーション事業者によっては取り扱いのないサービスもあるが、フレッツ光にあるサービスはNTTと直接契約することで利用できるようにはなっている。

また、フレッツ光だとNTTとプロバイダーの両方と契約し支払もそれぞれ行う必要があるが、光コラボの場合は光コラボレーション事業者だけとの契約になるため、支払なども簡素化される。

光コラボを利用するに当たっては、全く新規に光回線を敷く場合と、フレッツ光を利用している人が光コラボに乗り換える転用する場合に分けられる。

現在、フレッツ光の約6割が光コラボの回線となっている。

中でも一番人気の光回線はドコモ光だ。

ドコモ光というのは、ドコモの光回線サービスだが、これはNTT東西が提供するフレッツ光の光コラボレーション(光コラボ)を利用したサービスで光回線自体はフレッツ光そのものだ。

他にもソフトバンク光やOCN光、ビッグローブ光なども光コラボを利用したサービスだ。

光コラボは、スマホなどの回線とセットで契約することで、より安い料金となるのが人気の秘訣だ。従って、もしドコモのスマホを使っているのならドコモ光がおすすめだし、ソフトバンクのスマホを使っているのならソフトバンク光が最もおすすめのフレッツ光回線となる。

光回線を実際に敷く事業者というのはとても少なく、ほとんどはフレッツ光の光回線を利用しているのだ。

フレッツ光以外で、光回線を実際に敷いているのは、auひかり、NURO光、コミュファ光、eo光などが有名だが地域限定サービスであることがほとんどで、エリアの広さとしてはフレッツ光が圧倒している。

主な光コラボレーション事業者一覧

とにかく沢山の光コラボレーション事業者が存在する。中でも主要な人気プロバイダーが提供しているのが下記の通りだ。

光コラボレーション事業者コラボサービス名
NTTドコモドコモ光
ソフトバンクSoftBank光
ビッグローブビッグローブ光
OCNOCN光
ニフティ@nifty光
So-netSo-net光プラス
朝日ネットAsahiNet光

上述した中ではドコモがそうだが、プロバイダー業を営んでいない企業も光コラボレーション事業者になっているケースがある。その場合は、光コラボのサービス側が指定したプロバイダーになり、原則選ぶことはできない。

当然だが、ビッグローブ光を契約したならプロバイダーはビッグローブになる。プロバイダー業を営んでいない企業の光コラボの場合は、そのサービス毎に決まったプロバイダーがある。

ドコモ光の場合は、比較的良心的で複数のプロバイダーの中から選ぶことができるようになっているが、このケースが例外的で、原則プロバイダーを選ぶことはできない。

光コラボ比較

光コラボは、価格で販売されることも多いのだが、プロバイダーが光コラボレーション事業者になっている光コラボでは、速度面を全面的に押し出しているケースも少なくない。

中でもIPv6を使ったサービスだ。IPv6自体はフレッツ光で対応しているので光コラボならどれでも利用できそうなものだが、プロバイダーが対応していないと利用できない。

従ってプロバイダーの提供する光コラボ回線ではIPv6で高速だということで差別化しているのだろう。

光コラボレーションのメリット

光コラボのメリットは、上述した支払や契約の簡素化だが、それよりもやはり価格だろう。

基本的には、NTTが光コラボレーション事業者に対してフレッツ光を卸しているので、もし光コラボレーション事業者が利益を上乗せせずにサービス提供したとすれば、フレッツ光より安くなるのは必然だ。

ただし、現実には、若干安い程度でさほど安さが全面的にでているサービスはない。

どちらかというと、抱き合わせ商法に利用されることが多い。その典型がドコモ光やSoftBank光だ。これらのスマホ利用者が光コラボの回線を利用すると割引率が高くなり、トータルの支払コストが安くなるというモデルだ。

もともとauひかりに対抗してドコモ光のために始まったサービスであるので当然といえば当然なのだが、光コラボ単体で魅力的なサービスはあまり存在していないといえる。

逆に言うと、ドコモ光と同じようなモデルは存在して、例えば、ガス会社が提供している光コラボ回線とガスを同時に契約すると安くなるというものだ。

光コラボ回線を利用する場合は、原則このように光コラボレーション事業者の提供するサービスとセットでの割引率を比較する必要が出てきて、比較するのもなかなか難しいところではある。

光コラボの契約!

光コラボを契約するにあたり、現在フレッツ光を契約しているか否かで手続きが異なる。

フレッツ光以外の光回線を利用していたり光回線自体を利用していない場合は新規契約となる。

逆にフレッツ光を利用している場合は転用の手続きとなる。

転用の場合は基本的に工事費はかからない。古くからフレッツ光を利用していて回線速度の遅いプランの場合は工事費が発生すると考えておいた方がいいだろう。

光コラボレーションはデメリットが多いので要注意!

キャンペーンなどが盛んになって料金が下がることが期待された光コラボだが、肝心の料金があまり下がらない一方でデメリットがいくつか露見している。

速度が遅い?

光コラボ最大のデメリットが光回線の速度だ。

フレッツ光+プロバイダで利用していた人が、光コラボレーションに移行したとたんに、速度が低下したという口コミがかなり見られるのだ。

ドコモ光やソフトバンク光などを始め、速度が出ないという口コミが多い。基本的にこういう場合ネガティブな口コミが広がる傾向が多いため、一概に遅いとは言えないが気になるところだ。

格安SIMと同じ仕組みだとすると、フレッツ光ではなく光コラボにした方が遅くなるというのは理屈としてはあり得る話だろう。

例えばNTTから一定数の帯域を卸してもらいそこにコラボ先のプロバイダがユーザーを詰め込むような仕組みなのなら間違いなく光コラボの方が遅くなる

それは、格安SIMを見ても明らかで、ドコモでネット接続するのと格安SIMで接続するのではかなり速度面では差があり格安SIMは遅い。

しかし、光コラボレーションではそのような提供ではない筈だ。物理的には何ら変らない状態の筈であるから、速度が遅いというのも一時的なものか、一部時間帯だけなのか、一部の地域的なものとも考えられる。

ただし、回線速度や安定性はプロバイダーの技量に左右される部分が大きい。もともと物理的な光回線は光コラボでもフレッツ光デモ同じなのだから尚更だ。

先述したが光コラボでは、ドコモ光のような例外を除いてプロバイダーを選択することはできない。

その点ではフレッツ光と大手プロバイダーと組み合わせていた人が乗り換えた場合、速度が遅いと感じる可能性は十分にあり得る

なんだかんだと言って、大手プロバイダーの速度が最も安定して速いので大手プロバイダーの光コラボを選んでおいた方が無難なのは間違いない。

光コラボに再転用で、別の光コラボやフレッツ光への乗り換えが簡単!

光コラボに乗り換えした場合、いわゆる転用した場合には、フレッツ光に戻れないというデメリットもある。

いや、あったのだが、2019年7月1日より、事業者変更制度(再転用)というのが開始される。

これが始まる前は、光コラボからフレッツ光+プロバイダの従来の形式に戻したい場合は一旦解約する必要があったのだ。

解約する以上、契約期間内なら違約金が発生するし、、契約し直すと言うことは新規契約になるので新たに工事費がかかってしまっていたのだ。

転用するときには必要なかった工事費が新たに発生してしまうのだ。この点はやや不可解なところだった。

光コラボ事業の中には複数年契約を条件に安価な料金設定をしているケースがあり、そういう場合は得てして違約金が高い。これで乗り換えようとすると新たに5万円以上の費用がかかってしまう可能性もある。

このため、フレッツ光利用者が転用して光コラボに転用することは少々リスクが高かったと言わざるを得ない。

ところが、再転用が始まったので、光コラボから別の光コラボ、光コラボからフレッツ光、という変更が簡単にできるようになった。

光コラボの解約

光コラボの解約は、光コラボレーション事業者に解約を申し込むだけだから、簡単だ。

ただし、先述したように、乗り換えの場合は違約金や工事費など様々な費用が発生するリスクがあるので、注意が必要だろう。

フレッツ光キャンペーン人気ランキング

フレッツ光のキャンペーンを実施しているのは、だいたい代理店である。フレッツ光を取り次ぐ代理店だ。

代理店の中には、キャッシュバック金額がとてつもなく大きく書かれていることも多い。

しかしその実態は、それは全ての条件をクリアした場合の最大のキャッシュバック金額であり、そして、それらの条件はかなり厳しくて実際にその金額になる可能性は極めて低いケースも多い。

従って、フレッツ光キャンペーンを比較する際は、最大のキャッシュバック金額で比較するのではなく、条件に合致するキャンペーン内容で比較する必要がある。

GMOとくとくBB×ドコモ光キャンペーン

GMOとくとくBB×ドコモ光では最大15,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施している。

加えて、V6プラス対応ルーター(BUFFALO製WXR-1750DHP2、NEC Aterm WG1900HP2他)のレンタル(月額300円)訪問サポート(最大7,400円)それぞれ無料になる特典も付いている。ただし、どちらも別途申し込みが必要だ

@nifty光キャンペーン

@nifty光では最大30,100円のキャッシュバックキャンペーンを実施している。

3年プランで30,100円、2年プランで29,100円のキャッシュバックとなる。

キャッシュバックの金額だけでも3年プランの方がお得なのだが、3年プランなら2~31ヶ月目の月額料金が600円(戸建て)安くなる。光回線は一度契約すると乗り換えたりはしないケースが多いだけに3年プランの方がおすすめだ。

なお、キャッシュバックは開通月を含む12ヶ月目に振り込まれるが、その前月に受取口座等の登録の案内メールが届く。

ただし、工事費は戸建ての場合で18,000円(600円/月×30回)となっている。

auスマホを利用しているならauスマートバリューで利用料金が割引になる。

ビッグローブ光キャンペーン

ビッグローブ光では25,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施している。

もしくは、月額大幅割引を選ぶこともできる。この場合、毎月1,480円割引が12ヶ月間されるのでキャッシュバックキャンペーンの方がお得ではある。

ただし3年プランのみが対象だ。また、他の光コラボ事業者からの乗り換え(再転用)でも適用されるが、フレッツ光からの転用の場合はキャッシュバックの特典は受けられず月額割引のみの選択となる。

キャッシュバックは12ヶ月目となるが、その対象月の初日に受取手続きの案内メールが届く。

工事費は0円、IPv6対応の無線LANルーターも1年間は0円(13ヶ月目からは500円/月必要)となっている。

auスマホを利用しているならauスマートバリューで利用料金が割引になる。

このキャンペーンは12月1日まで!

So-net光プラスキャンペーン

So-net光プラスでは新規申し込みで月額2,000円の割引キャンペーンを実施している。

36ヶ月間2,000円の割引となる。例えば戸建ての場合は基本料金5,580円+回線工事費400円-2,000円割引=3,980円/月となる。

更に、37ヶ月目から60ヶ月目までは400~500円の割引となる。

So-net V6プラス対応ルーター(Aterm WG1200HS3)を同時申し込みした場合に月額料金400円が永年無料になる、また、So-net 光 電話を同時申し込みで最大12ヶ月間無料となる。

そして、総合セキュリティソフトS-SAFE(月額500円)も永年無料となる。

ただし、フレッツ光からの転用、他の光コラボからの再転用の場合は、36ヶ月間の割引が戸建ては1,600円、マンションは1,500円と減額になる。その他の特典は変らない。

更新日:2019/10/08 12:34:06
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。