複合機を検討するならレーザー複合機がおすすめ!

レーザー複合機SOHOなどの小規模のオフィスでは、プリンタくらいしか無いことも少なくないかもしれないが、ときどきコピーが取りたいこともあったりする。

都会であれば、ちょっとしたコピーならコンビニで事足りることも多いと思われる。実際筆者もコピーはコンビニに行くか、スキャナーでスキャンして印刷というちょっと面倒な方法で対応してきた。

それでも面倒なので、インクジェットの複合機を購入して使ってきた。実際には、これでほとんど困らないのだが、たまに利用すると言う前提でいえばインクジェットは目詰まりが起こるので、使う度にクリーニングする必要に迫られたりする。

となると、次第に欲しくなるのがレーザーの複合機だ。

本音で言えばレーザー複合機は少々過剰な気もするが、上述の通りたまにしか使わないからこそインクジェット複合機では使い勝手が悪いのだ。逆に毎日のように使うのならインクジェット複合機でも目詰まりの問題は気にしなくてもいいだろうし、ランニングコストもレーザーより安い

ただし、インクジェットで印刷した文書はどうしてもインクジェット感があるので安っぽく見える。

また、レーザー複合機なら年に一回しか使わなくても普通に使える。しかも、昔ほど高価なわけでもない。

というわけで、どんな機種があるのかを調べてみた。

複合機のいろいろ

複合機と一口に言っても、その機能で、いくつかに分かれる。

まず最初に、何度も書くが、レーザーとインクジェットがある。

  • レーザー
  • インクジェット

当然ながらインクジェットの方が安価である。ランニングコストも安い。

安価なので、たまにしか使わない人がインクジェットの方を選択しがちではあるが、先述の通りおすすめはできない。たまの利用であれば尚更レーザーをおすすめしたい。

FAX付きインクジェット複合機は慎重に選びたい!

複合機の機能の一つとしてFAXもあるが、FAXが頻繁に送られてくるのであればインクジェット複合機でも問題ないが、逆に滅多に来ない場合目詰まりが起こして読めないなんて笑えないトラブルにもなりかねない。FAX付き複合機を選択する場合は、より慎重にレーザーかインクジェットを選択した方がいいだろう。

ランニングコストは印刷枚数が増えるほどレーザーの方が有利ではあるのだがインクジェットも大容量のタイプのものはランニングコストも安い。しかし、目詰まりの問題があるためインクジェットは無駄にインクを消費する可能性がある点は注意したい。

ちょっと余談になるが、例えば、はがきとか帳票など微妙な位置にキッチリと印刷したい場合は、インクジェットの方が位置合わせがしやすい。レーザーの場合は加熱されることで紙が微妙に縮んだり丸まったりしてしまうので、どうしてもズレてしまいがちなのだ。

複合機のスキャナにADFは必要か?

さて、他の機能としてはスキャナ機能だが、この機能がついているのが複合機であるので、この機能がない複合機はない。

しかしながら、ADF(自動原稿送り装置)があるものとないものがある。余談だがADFはオートシートフィーダとかカットシートフィーダなどと呼ばれることもある。

ADFは、複数枚を読み込ます時には本当に便利だから予算的に余裕があるのなら、使う予定がなくても一応ADF付を選んでおいた方がいいと個人的には思っている。

たまにしか利用しないならADFが無くても面倒なだけで問題ないし、ADFの紙送りががうまく動かなくて原稿がぐちゃぐちゃになるなど失敗はありがちなので絶対必須とまでは言わないが、あった方がいいのは間違いない。

そうは言っても、だいたいにおいて高価な機種は必要なくても付いているので、実際にはあまり選択の余地はないのかもしれない。

また、ADFの場合、片面しか読み込まないものもあるが、これはやはり両面対応のADFの方が便利だろう。

片面ADFで両面の原稿をスキャンする場合を想像すると面倒臭そうだ。

ただし、かなり安価な製品を選ばない限り、両面ADFになっている機種が殆どだ。

カラー印刷機能は必要か?

では、後は何を基準に選べばいいのかというと、カラーか白黒かである。

ここは、価格差がそれなりにあるし白黒の方が高速であるので、カラーをほとんど使わないのであれば、白黒でいいのかもしれないが、何でもかんでも一台で済ませてしまおうというのであれば、念のためにカラーを選んでおけばいい。昔ほどの価格差はないのだ。

あとは、A4タイプと、A3までに対応しているタイプだが、SOHO向けとなると、基本的にはA4までのものが多い。A3タイプの筐体はSOHOでは少々大きい。価格もそれ相応でA4タイプほど安くはない。

また、A3対応のカラー印刷に対応したものが少ないので、カラーを選ぶならA4ということになるだろう。

給紙方法だが、これは、絶対的にカセットから給紙できるタイプがいい。まず余分な場所をとらないし、埃などの問題もない。500枚入るタイプのカセットがあれば、本当に便利だ。

コピー用紙はだいたい500枚単位で購入することになるので、それを丸ごと突っ込めるのは想像以上に便利なのだ。

それこそ、たまにしか使わない人ほどカセットから給紙できるものを選んでおきたい。そうでないと紙や給紙する箇所に埃が付いたりして厄介だ。逆に毎日、じゃんじゃん印刷するのであれば、カセットでなくてもいいのかもしれないが、それはそれで大量の紙をセットできるカセットの方が便利だろう。

おすすめレーザー複合機の比較

レーザー複合機となると、SOHO向けではブラザーが強い。その次がキャノン、そして、エプソンという感じだろうと思う。この3メーカーから選んでおくのが無難なところだろう。

ブラザーは機種も豊富だが、プリンターと言う点でみると、キャノンやエプソンの方が実績があるのは言うまでもない。しかし、SOHO向け複合機という点でみればブラザーが先駆者である。

キャノンやエプソンなら、プリンターとしては恐らく予期せぬトラブルの可能性はブラザーよりは少ないだろうとは思うが、それでも複合機に集中して開発をしているブラザーの方が複合機という点においてはアドバンテージがあるのかもしれない。

というわけで、この3メーカーに絞って紹介する。

CANON MF745Cdw

まずは、CANONのMF745Cdwだ。MF743Cdwや、FAXなしのMF741Cdwという似たような製品もある。

このMF745Cdwは、印刷速度はカラー・白黒ともに27枚/分で、ランニングコストはカラー16円、白黒3.1円となっている。FAX、両面印刷、両面ADF、有線・無線LANがついている。

主な違いは下記の通りだ。

製品名MF745CdwMF743CdwMF741Cdw
FAX×
ページ記述言語LIPS LXCARPS2CARPS2
直売価格104,280円84,480円78,980円

上記の価格はキャノンのオンラインショップの2019年12月現在の価格だが、Amazonなどで買う方が1~2万円安い。

MF743CdwとMF741CdwはCARPS2を搭載している分安価になっている。

LIPSではプリンターがレンダリング処理を行うので、パソコンには負荷ががからないが、その分プリンターにはその機能を組み込んでおく必要がある。一方でCARPS2はパソコン側でレンダリングを行うため、プリンタ本体はその機能を省略できる分安価になる。その代わりパソコン側に負荷はかかるのだが頻繁に印刷するのでない前提で考えれば、大して問題はないと思われる。

もちろん一日中印刷しまくるというのであればLIPSをおすすめするが、そういう用途なら複合機よりレーザープリンターを購入した方がいいだろう。

複合機はどの機能も必要だけどそんなに使うわけではないという人向けである性質を考えれば、CARPSで十分だと思われる。

LIPS LXを搭載したMF745CdwとMF743Cdwでは価格差が2万円ほどある点を考えると特にLIPSでないとという人以外は後者で十分な気はする。

CANON製の複合機の難点は若干ランニングコストが他社製品より高めというところだろう。もしカラー印刷する量が多いようならブラザー製やエプソン製の方がいいのかもしれない。ただし、ランニングコストの計算はあくまでもトナーなどの定価ベースの計算になるため、トナーの割引率が高いと計算が変わってくるので、さほど気にするほどの差でもないのかもしれない。

ちなみに筆者は、CANONのMF735Cdwという機種を使っているが、特に不満はない。

筆者の場合は、主にコピー機代わりに使っており、時折FAXを送信する程度だ。プリンターは別に持っているので、複合機のランニングコストに関してはあまり気にしていない。

EPSON LP-M720F

次にEPSONのLP-M720Fだ。EPSONはこの製品一択だ。エプソンの場合は、レーザーよりインクジェットに力を入れている印象だ。

印刷速度はカラー・白黒ともに24枚/分。ランニングコストはカラー12.4円、白黒3.0円。FAX、両面印刷、片面ADF、有線・無線LANとなっている。ADFが片面になっている。

読み取り速度はCANONとほとんど同速度だ。価格は直売で10万円弱となっている。

耐久性は、40万枚を明言しているエプソンの方が良さげだが、たまの利用を前提にすれば、あまり気にするところではないだろう。SOHOで、しかも複合機で大量の印刷をする人は少ないと思われ、どちらかというと耐久性に問題が出る前に買い換えることになりそうだ。

どういうことかというと、トナーはEPSONの方が安いのだが、EPSONの場合はトナー以外の消耗品が多々あり、それらのコストが結構かかる。しかもその交換時期がまとめて来ると買い換えるのとほとんど変らないくらいの費用がかかるのだ。

これらの点を考えると、CANONの方がコストが分散されていいように思う。いずれにしてもプリンターなどは給紙のゴムのローラーなどは経年劣化していくので長くても10年程度で買い換えるものだし、通常はもっと短期で数年で買い換えるイメージの方がいいだろう。

両面ADFに対応するなど、どちらかというとCANONの方が選択肢も多く、全体的に機能も優れている印象だ。ただ、両面ADFがどの程度必要かはかなり不透明ではある。

ブラザー MFC-L9570CDW

次にブラザーの MFC-L9570CDW だ。ブラザーのフラッグシップ・カラー複合機になる。

印刷速度はカラー・白黒ともに31枚/分。ランニングコストはカラー10.2円、白黒1.5円。FAX、両面印刷、両面ADF、有線・無線LANとなっている。

耐久性はプリンタで約20万枚/5年間と、エプソンの半分だが一般的にはあまり問題がないレベルだろう。CANONもこのくらいなのではないかと思われる。

スペック的にはCANONと同等かやや上回る印象だが価格は実売で9万円弱と比較的割安安価である。もっと安価にということであれば、 MFC-L8610CDWMFC-L3770CDW があり、更に安くなる。MFC-L8610CDWは6万円弱、MFC-L3770CDは5万円弱とかなり安い。

印刷の質など細かな点を考慮するならプリンターメーカーの方が多少まだアドバンテージがあるのかなとも思うが、事務処理的な使い方であればさほど問題ないレベルにはあるとはいえる。SOHO向けではトップメーカーでもあるので、まず問題ないだろう。

筆者は20年近く前にレーザーモノクロ複合機の初期の頃の製品を買って10年近く使っていたが、実際に問題を感じたことはなかった。インクジェット型に関しては、目詰まりでほとんど使い物にならなかった印象はあるが、レーザーならおすすめできる。

ちなみに何故処分したかというと、故障したとかそういうことではなくて、単に引越すときに邪魔だから小型のインクジェット複合機に変更しただけで、それ以外の理由はない。

更新日:2019/12/05 12:45:21
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

  • おすすめタブレット比較ランキング-2016年-おすすめタブレット比較ランキング-2016年-
    おすすめタブレットといっても様々なタブレットがあり、用途も様々だろうからなかなか難しい。外で使うならSIMフリーの方が便利かもしれない。まずは使い方を考え、それに合うOSや画面サイズを決めよう。そうすればおすすめタブレットも絞り込める。
  • おすすめノートパソコン比較ランキングおすすめノートパソコン比較ランキング
    おすすめの最新ノートパソコンを比較。安いノートパソコンから高性能ゲーミングノートパソコン、モバイルノートパソコン、さらにはクラムシェル型ノートPCから2in1などをそれぞれ比較紹介
  • Lenovo ThinkPadは日本生まれの頑強なビジネスノートパソコンLenovo ThinkPadは日本生まれの頑強なビジネスノートパソコン
    Lenovoのビジネス用ノートパソコンがThinkPad。ビジネス用途で求められる堅牢性など完成度の高いノートパソコンといえるだろう。他社製品と比較すると駆動時間などが少々物足りないのは残念だ。
  • 格安SIMとは?!格安SIMのメリット・デメリット格安SIMとは?!格安SIMのメリット・デメリット
    格安SIMでスマホ代は本当に安くなるのでしょうか?今なら月額1,980円からのプランが中心になっており間違いなく格安だ。安かろう悪かろうではないの?格安SIMに変更したいけど難しくない?など格安SIMの疑問を解消!