BIGLOBE WiMAXの評判

BIGLOBE WiMAXの評判

ビッグローブは、パソコン通信時代のPC-VANがベースだから、@niftyと並ぶ老舗のプロバイダーだ。そして、現在はKDDIに傘下にあり本家のUQ WiMAX同様KDDI傘下のISPだ。

BIGLOBE WiMAXも@nifty同様、古くからMVNOとして提供しており人気を2分してきた。

ビッグローブWiMAX+5Gのキャンペーン情報/2022年5月

  • 1年契約
  • 翌月15,000円キャッシュバック

BIGLOBE WiMAX+5Gでは15,000円キャッシュバックのキャンペーンを実施中だ。

対象ルーターはモバイルルーターのGalaxy 5G MobileとホームルーターのHOME 5G L11に加えてX11とL12も選べるようになった。いずれも端末代金は21,912円だが毎月913円の24回の分割払いとなっている。

契約期間は1年と短いのがBIGLOBE WiMAX最大の特長だ。契約期間中に解約する場合の契約解除料は1,100円と格安なのだが、端末の残債(24回払い)が発生するため、2年程度使いたいところではある。

キャンペーン適用のための有料オプションへの加入義務は一切ない

また、料金にはBIGLOBEのベーシックコース220円が含まれているため、BIGLOBEの光回線などを利用している人ならその分が割り引かれる。

プラスエリアモードオプションは3年契約でないため有料となり1,100円/月が必要だ。

2022年2月1日より「auスマートバリュー」および「UQ mobile 自宅セット割」の割引対象サービスとなる。この割引適用時はプラスエリアモードの利用料(1,100円/月)が無料となる。

BIGLOBE WiMAX+5Gでは、端末が不要な人向けにSIMだけの契約もできる。キャッシュバックは無くなるが、月額料金は端末アリと同額になっている。

なお、BIGLOBE WiMAXは口座振替による支払いにも対応している。口座振替の場合は端末代金21,912円を代金引換(代引手数料440円)で一括支払する必要があるのと、口座振替手数料が毎月220円必要になるが、上述のキャンペーンの対象となるので他のWiMAXプロバイダよりお得度が高くおすすめだ。

BIGLOBE WiMAX+5Gキャンペーン

BIGLOBE WiMAX +5G/2+
ギガ放題プラス料金
契約年数1年
初期費用3,300円
初月0円
1~24ヶ月目4,378円+913円(端末代)
25ヶ月目以降4,928円
キャンペーン内容15,000円キャッシュバック
2年総額120,212円
3年総額179,348円
ルーターGalaxy、X11、L11、L12

BIGLOBE WiMAX+5Gのキャンペーンは2022年6月30日まで!

ビッグローブWiMAX2+のキャンペーン情報

ビッグローブWiMAX2+は、新規申し込みの受付を終了しており、現在は契約できない。

現在はWiMAX+5Gのみとなっている。

BIGLOBE WiMAXの評判/メリット

BIGLOBE WiMAXは他のWiMAXプロバイダと契約期間が異なることで、他社にない特徴がある。

BIGLOBE WiMAXは1年契約で契約解除料も安いが、料金はやや高め

BIGLOBE WiMAXは1年契約になっている。WiMAXキャンペーンが盛んな他社は3年契約が一般的だ。

1年契約で尚且つ、その1年目の途中に解約したとしても契約解除料はわずか1,100円ととても安い(WiMAX2+でもWiMAX+5Gでも同額)。

他社でWiMAX2+を1年目に解約すると20,900円が一般的だ。WiMAX+5Gとなると28,050円にもなる。

ただし、契約期間が短いため、その分月額料金が割高になっている。

BIGLOBE WiMAXとGMOとくとくBBの比較

GMOとくとくBBのWIMAXなど最安値クラスの料金で比較すると3年で3万円近くの差があり割高になる。

プロバイダ契約年数37ヶ月総額24ヶ月で解約
GMOとくとくBB3年149,207円107,495円
BIGLOBE WiMAX1年179,348円115,284円

加えて、端末は2年の分割払となるため、1年目に解約すると残債が残ってしまう。月々880円の支払いのため、1年で解約すると880円×12回=10,560円の残債が残ってしまう計算だ。

従って、実質的には契約解除料が11,660円かかるようなイメージである。

仮に2年で解約した場合は、上記のとおり、GMOとくとくBB WiMAX+5Gを契約解除料を払って解約するケースと比較しても8,000円弱の差があるので、GMOとくとくBBがおすすめだ。

以下、半年~1年で解約する場合をシミュレーションしてみた。

なお、BIGLOBE WiMAXのキャッシュバックは契約月の翌月が対象月となるので、すぐに貰える。

解約日GMOとくとくBBBIGLOBE
6ヶ月目47,993円37,580円
7ヶ月目52,382円41,958円
8ヶ月目56,771円46,336円
9ヶ月目61,160円50,714円
10ヶ月目65,549円55,092円
11ヶ月目69,938円59,470円
12ヶ月目60,327円63,848円

GMOとくとくBBの場合、キャッシュバックが11ヶ月目なので、キャッシュバックを受けるためには最低でも1年は使わなくてはならないが、もしキャッシュバックを受ける前に解約すると、BIGLOBEの方が安い。

やはり1年程度で解約することを前提に考えているのなら、BIGLOBEが良さそうだ。しかし1年以上は使うつもりならGMOとくとくBBを選んでおいた方が安くなる。

そして、3年契約なら無料になるLTEオプションも有料だ。これに関しては利用しない人の方が多いと思われるので大きなデメリットではないだろう。auスマートバリュー適用時はLTEオプションは無料になる。

このように、長く使う予定の人は決してお得なわけでない。

とはいえ、端末の残債を除けば、契約解除料も1,100円(1年目のみ)と安いため気軽に利用できるWiMAXといえる。そういう意味では、既にWiMAXの端末を持っている人が短期間だけ使いたいというニーズにピッタリだろう。

BIGLOBE WiMAXはSIMだけの契約もできる!

BIGLOBE WiMAXの特長の一つと言えるのが、SIMだけの契約ができる点だ。

通常はルーターがキャンペーンで無料になるので、あまり関係ないのだが、BIGLOBE WiMAXのように有料のWiMAXプロバイダもある。

もしプロバイダの乗り換えなどで、既にWiMAX対応ルーターを持っているのであれば、SIMだけの契約をすることも可能だ。

BIGLOBE WiMAXのキャッシュバックは受け取りやすい!

キャッシュバックキャンペーンのキャッシュバックは受け取り難いのが一般的だが、BIGLOBE WiMAXのキャッシュバックはとても良心的で受け取りやすくなっている。

キャッシュバックの受け取りはサービス開始月の翌月となっているので、まず忘れることはないだろう。しかも、マイページでキャッシュバック対象月を確認することもできる。/p>

キャッシュバック対象月の月初2日目午後になるとマイページで受取口座の登録ができるようになる。

そして、この手続きを完了数日後には振り込まれる

キャッシュバックに関する連絡は連絡先メールアドレスに届けられる。このメールアドレスについても事前にマイページにて日頃使っているメールアドレスを登録できるので、見落とすリスクはとても小さいはずだ。

このようにBIGLOBE WiMAXのキャッシュバックはとても受け取りやすいので、受け取り損なうことはまずないだろうと思われる。

BIGLOBEの光回線や格安SIMを使用してるなら更にお得でおすすめ!

BIGLOBE WiMAXは高速モバイル回線のWiMAXの中でもキャンペーンが充実しており人気となっている。

WiMAXキャンペーンだけで比較すればもっとお得なプロバイダもある。

BIGLOBE WiMAXの月額料金には「ベーシック」コース220円/月が含まれている。

また、ビッグローブの光回線や格安SIMの料金にも同様に「ベーシック」コース220円/月が含まれている。

複数の「ベーシック」コース220円/月を支払う必要はないため、月額料金から220円/月が割り引かれることになる。

なお、ビッグローブの光回線には、ビッグローブ光、フレッツ光などがある。

BIGLOBE WiMAXは口座振替に対応している数少ないWiMAXプロバイダ!

BIGLOBE WiMAXは口座振替に対応しているWiMAXプロバイダの数少ない一つだ。

ただし、口座振替を利用するには、BIGLOBEから送られる「支払方法登録申込書」に必要事項を記入し、郵送で返送する必要がある。返信された内容の審査(1週間~最大2ヶ月)が完了した後に、SIMカードやデータ端末が送られてくる。

また、データ端末料金21,912円は代引(代引手数料440円)による一括払いをする必要があるほか、引き落としの度に220円/回の手数料が必要だ。口座振替手数料は他のプロバイダでも必要なことが多いUQ WiMAXのように不要な場合もあるが、もともと料金が高いので、メリットがあるわけではない。

BIGLOBE WiMAX+5Gの口座振替時の費用
初期費用事務手数料3,300円
端末代金21,912円
代引手数料440円
月額料金4,378円(25ヶ月目以降4,928円)+220円(口座振替手数料)

いずれにしても、クレジットカード払いと比較すると不利な条件となるが、不正申込が多いので致し方ないところだろう。

BIGLOBE WiMAXの評判/デメリット

BIGLOBE WiMAXもいいところばかりではなく、デメリットもある。

メリットのところで料金面では不利であると書いたが、それ以外にもいくつか気になる点はある。

いずれもBIGLOBE WiMAXが1年契約であることで問題となっている。

BIGLOBE WiMAXのデメリット/端末代金は24回分割払い

BIGLOBEのWiMAXは1年契約で、契約解除料が安いのが特長だが端末は24回の分割払いとなっている。

すなわち、2年間で支払わなくてはならない。

他のWiMAXプロバイダのキャンペーンでは端末代金が無料になることが多いので、この点は注意が必要だ。

あくまでも24回分割払いなので、もし仮に1年で解約してしまうと端末代金の半額が残債として残ることになる。

残債は解約時に一括で支払う必要があるので、結果的に1万円以上の費用がかかってしまう。

それでもBIGLOBE WiMAXの契約解除料は1,100円(1年目のみ)なので、他社の3年契約の契約解除料と比較すると、残債分を足したしても安い

従って、一概にデメリットと言えないところである。

BIGLOBE WiMAXのデメリット/オプション通信料は有料

WiMAX+5Gでは、プラスエリアモードが使えるLTEオプションが1,100円/月(LTEを使用した月のみ)が必要だ。

3年契約のプランを契約するとこのオプション料金は無料となる。

ところが、BIGLOBE WiMAXの場合は、1年契約の為、このLTEオプションは無料にはならない。

プラスエリアモードは、ギガ放題プラスでもデータ通信量に上限があるので、あまり利用する人は多くないとは思うが、もし利用を検討しているのであれば、1,100円/月が必要だという点は理解しておかなくてはならない。

ビッグローブワイマックスの評判/BIGLOBEのGポイントの上手な使い方

ビッグローブワイマックスを利用すると、Gポイントが貰えるが、Gポイントが一体に何の役に立つのか分からない人も多いだろう。

ここでは、Gポイントの上手な使い方を紹介する

Gポイントの使い方

  • BIGLOBEの支払いに使う
  • 他のポイントに交換する

GポイントをBIGLOBEの支払いに使う

Gポイントは、基本的にはBIGLOBEの支払いに使うことがおすすめだ。

1Gポイントが1円分となる。

後述する他のポイントに交換する場合は交換手数料が必要になるが、BIGLOBEで支払いに充当する場合には手数料はかからないので、おすすめだ。

Gポイントを他のポイントに交換する

Gポイントは、他のポイントに交換することも出来る。

Gポイントの交換先

  • Amazonギフト券
  • nanaco
  • Tポイント
  • WAONポイント
  • Ponta
  • dポイント
  • LINEポイント
  • 全国金融機関

概ね等倍で交換できる。

例えばdポイントなら、100Gポイントが100dポイントに交換できる。

唯一の例外がamazonギフト券で、98Gポイントが100円分のギフト券に交換できるので、お得度が最も高い。

全国金融機関というのは、例えば、楽天銀行やPayPay銀行、ゆうちょ銀行、都銀などの口座に交換分が入金される。500Gポイントなら500円だ。

しかし、交換する際には交換手数料として5%必要となる。これに関してはポイント交換手数料還元対象サービスで対象期間内にポイント獲得することで手数料が還元される仕組みがあるので、上手に使えば交換手数料を無料にすることはできるが、サービス毎に還元率が異なるなど難解な部分もある。

そのため、Gポイントは素直にBIGLOBEでの支払いに充当するのがおすすめだ。

BIGLOBE WiMAX+5Gキャンペーン

BIGLOBE WiMAX +5G/2+
ギガ放題プラス料金
契約年数1年
初期費用3,300円
初月0円
1~24ヶ月目4,378円+913円(端末代)
25ヶ月目以降4,928円
キャンペーン内容15,000円キャッシュバック
2年総額120,212円
3年総額179,348円
ルーターGalaxy、X11、L11、L12

BIGLOBE WiMAX+5Gのキャンペーンは2022年6月30日まで!

更新日:2022/05/01 9:12:21

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ