NURO光の評判

NURO光の評判

NURO光はSo-netのソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供する光回線だ。

GPONという他社にはない高速なGWを使っており、2Gbpsという高速な光回線を提供している。ちなみにフレッツ光やauひかりなどは1Gbpsが主だ。

さらには一部エリアでは6Gbpsや10Gbps、さらには20Gbpsという超高速な光回線の提供も始まっており、少しでも早いネット回線が欲しいという人にはピッタリだろう!

実際、速い!という口コミが多い評判の光回線だ。

NURO光 2021年11月キャンペーン

NURO 光ではNURO 光 G2 V(戸建て/マンションミニ)新規入会・コース変更最大で45,000円キャッシュバックのキャンペーンを実施している。開通から6ヶ月後にキャッシュバックされる。

基本工事費44,000円(税込)が必要で工事費は開通の翌月から30回に分けて請求されるが、このキャンペーンにて月額料金が工事費分割引かれるので実質的には無料となる。

インターネットやNURO 光 でんわの接続設定、メールソフト設定、セキュリティソフトの設定などインターネットに関わる設定サポートが無料となっているので、パソコンに詳しくない人でも安心だろう。

NURO光キャンペーン

NURO光
G2T料金
初期費用3,300円
基本工事費44,000円(36回分割)
実質無料
初月5,200円(日割)
2ヶ月目以降5,200円
キャンペーン内容45,000円キャッシュバック
基本工事費実質無料
3年総額145,200円

NURO光に乗り換えるキャンペーン!

現在、他社の光回線を利用していてNURO光に乗り換えを検討している人向けのキャンペーンが実施されている。

光回線は恐らく複数年契約で利用していると思うが、その場合には解約すると違約金が発生する。

このキャンペーンでは、その違約金を最大60,000円まで現金で補填してくれる。

解約違約金のみならず、工事費の残債、ルーター等の残債なども補填対象となっている。

ただし、他社の施設の撤去工事費などは補填対象外となっている。

また、対象となるNURO光のプランはG2T(3年契約)とG2D(2年契約)で、契約期間のないG2Nは対象外だ。

NURO光の評判/NURO光でんわの導入に時間がかかる!

2021年11月現在、NURO光でんわ新規に電話番号取得を申し込んでも利用できるのは2021年冬以降にずれ込む

これは昨今の世界的な半導体部品の不足でNURO光でんわに必要はTA(テレフォニー・アダプター)と呼ばれる接続機器が準備できないためである。

そのため、今後も時間を要する可能性があるので、申し込む際にはだいたい半年くらいは要すると考えておいた方が良さそうだ。

ただし、新規電話番号取得ではなく番号ポータビリティを利用しての申込の場合は順次TAの発送が行われているようで大きな遅延はないようだ。

この点に関してはその時の状況次第になるため、申込後の確認電話で詳細を確認して貰った方がいいだろう。もちろんそれで気に入らなければキャンセルできる。

NURO光のお試しキャンペーン!

光回線は敷設工事があるため、ちょっと試しに申し込むと言うことがしにくい。

気に入らなくて解約するとなっても工事費の残債が残ってしまう可能性がある。

ところが、NURO光では、開通月を含む3ヶ月以内に解約を申し出れば、契約解除料や工事費残債などは一切かからない。

加えて、3ヶ月目までの月額料金が、G2Tプランなら500円、G2Dプランが1,000円と大幅に割り引かれるので、ちょっと試しに使ってみるということもしやすくなっている。

PlayStation 5リースのオプションキャンペーン!

PlayStation 5 公式ページ

2021年9月30日よりPlayStation 5をリースできるオプションの提供が開始された。

月額料金は通常のPlayStation5は1,320円(4年目以降は660円)、デジタル・エディションは990円(4年目以降は495円)となっている。ちなみにデジタル・エディションはダウンロードタイトルのみに対応しておりディスクドライブは付いていない。

なお、事務手数料3,300円が必要だ。

このオプションは3年間のリース契約となるため、原則中途解約はできないほか、契約期間終了後も1年後との自動更新となる。中途解約する場合には、残りの契約期間×月額料金を一括払いする必要がある。

NURO光の料金

NURO光は、2021年7月から新料金プランとなった。また、2021年11月からはG2プランが終了しG2Nプランとなった。

契約期間が3年(G2T)と2年(G2D)のプランと契約期間縛りがないプラン(G2N)がある。

かなり料金に差がある上に、基本工事費は30回の分割で無料となるため、原則30ヶ月は解約しない前提で検討したいところであることからも、3年契約の「NURO 光 G2T」をおすすめする。

NURO 光 G2TNURO 光 G2DNURO 光 G2N
契約期間3年2年なし
基本工事費44,000円実質無料44,000円
(24回払い)
契約事務手数料3,300円
月額料金5,200円5,700円6,100円

G2プランはG2Nプランに変更となり月額料金が大幅に下がっている。

また、NUROでんきやNUROガスを一緒に利用すれば、料金は更に安くなる。

NURO光のオプションサービス!

また、NURO光では様々なオプションも提供されている。

いわゆる光電話やアンチウィルスソフトもオプションで用意されている。

オンデマンドサービスもオプションとして提供されており、映画やドラマやアニメなどといった多彩なジャンルがある。見放題プランの場合は月額2,000円程度、7日間見放題の場合は月額1,000円程度で観る事ができ映像作品以外にも作品毎の購入で電子書籍を購入する事も可能となっている。。

NURO光の高速データ通信によって大容量コンテンツを高速にダウンロードして直ぐに楽しめる環境を構築する事が出来るのだ。

  • ひかりTV
  • NURO光でんわ
  • NUROでんき
  • NUROガス

ひかりTV for NURO

ひかりTVは、NURO光でテレビを観ることができるサービスだ。テレビアンテナを設置する必要はなく、雨風が強い日でも画像が乱れることはない。

専用のチューナーにハードディスクを繋ぐだけで2番組を同時録画する機能もある。

料金はプランによって様々だが、基本的な地デジとBS等が観れるプランは1,100円/月となっている。

なお、他にひかりTV対応チューナーのレンタル代金として550円/月必要なので、最低でも毎月1,600円かかることになる。

NURO光でんわの通話料金は安くない

NURO光でんわは、回線工事費として初期費用が3,300円、月々の基本料金は北海道・関東は550円、東海・関西・中国・九州は330円となっている。通話料金は国内の加入電話には8.789円/3分となっているが、携帯電話にかける場合は8~23時の間は27.5円/分とフレッツ光のひかり電話(17.6円/分)と比較するとかなり高い。23~8時でも22円/分かかる。

ただし、NURO光でんわや、ソフトバンクのBBフォンやホワイト光電話には無料通話できる。

さらにはソフトバンクの「おうち割 光セット」に対応しているので、ソフトバンクのスマホ料金の割引を受けられる可能性がある。加えて、ソフトバンクの携帯電話との通話が24時間無料になるホワイトコール24にも対応する。

NURO光でんわを利用する際には、ルーター以外にTA(テレフォニー・アダプター)と呼ばれる接続機器が必要なので、その分の電源を確保する必要がある。

NURO光でんわの付加サービスは以下のとおりだ。

NURO光でんわの付加サービス

  • 番号表示(440円/月)
  • 番号通知リクエスト(220円/月)
  • キャッチ電話(330円/月)
  • 着信お断り(660円/月)
  • 着信転送(550円/月)

付加サービスを複数組み合わせる場合は料金が安くなる。例えば、この5つ全てを契約すると通常なら2,200円/月となるが、パック1として990円/月で利用できる。

NUROでんきで501円、NUROガスで200円毎月割り引かれる

NUROでんきやNUROガスは、NUROが小売電気事業者やガス小売事業者としてサービスを提供しているわけではなく、他社と提携して提供している。

よって、地域毎に事業者は異なっている。関東であればCDエナジーダイレクト、関西なら大阪ガスのサービスとなる。

そのため、電気代やガス代は地域毎に異なっている。

小売電気事業者やガス小売事業者の料金は格安なので概ね変更する方が安くなる可能性は高く、また、NUROでんきを契約することでNURO光の料金は毎月501円割り引かれ、NUROガスを契約すれば200円割り引かれるので、全体的な固定費は削減できる筈だ。

NURO光の評判/実効速度が速いのが最大の特長!

NURO光の通信速度はフレッツ光などの1Gbpsとは異なり2Gbpsと高速になっている。

しかも、NURO光は国際規格に準拠する事で従来の光回線よりも高速なデータ通信が出来るようになっている。

その為、オンデマンドサービスでHD画質以上の解像度で動画を観ている場合、非常に快適な視聴環境を構築する事ができ、地上波放送や衛星放送やネット動画やケーブルテレビなどを一つの回線に纏められるようになる。

NURO光が採用している国際規格はGPONと呼ばれるものであり、PONと呼ばれる1芯の光ファイバーを複数ユーザーで共用する伝送技術をITU-T標準化規格G.984シリーズで規定したもので、通信速度は最大2.5Gbpsまで対応している。

実際、NURO光では下り最大2Gbps(上り最大1Gbps)に対応しており、他社の1Gbpsの2倍の速度となっていることから、あくまでも理論上にはなるが、ほとんどのインターネットを使った作業では不満のない速度を実現してくれる筈だ。

GPON対応のホームゲートウェイ(HGW)のおかげで、基地局から自宅までの速度が低下しないようになっており、実速最大2Gbpsが出るようになっているのだ。

他社が使うGEPONという技術では1.25Gbpsしか出ないため仮に2Gbpsのサービスだとしても実効速度はかなり遅くなるのだが、NURO光であれば実効速度が2Gbps出すことが可能となる。

それなら他社もGPONという技術を採用したら良さそうなものだが、GEPONからGPONに切り替えるにはかなりの費用が必要で現実的ではない。NURO光は後発であったが故にこの高速なサービスを提供できていると言える。

加えて、GPONを使っても近所にユーザー数が増えるとどうしても速度低下が起こりやすくなるが、現状ではフレッツ光とは比較にならないくらいユーザー数が少ないことから、速度低下が起こりにくい状況にあると言える。

NURO光はワンストップサービスで簡単!

NURO光を家の中にある各端末でも使えるようにするには、無線LANで接続したり有線LANでネットワークを構築するのが一般的だが、ホームゲートウェイには無線LAN機能も搭載されているので、別途無線LANルーターを用意する必要はなく、家中のパソコンやスマートフォンやタブレットをWi-Fi接続する事が出来る。

NURO光ではプロバイダがインターネット網から利用者の自宅までワンストップでサービスを提供しているため、利用者は従来の光回線事業者とプロバイダーの契約を別々に行うといった作業をしなくても済む。

逆に考えれば、プロバイダを選ぶことはできない。NURO光はSo-netの運営会社が提供している光回線であるため、プロバイダはSo-netになる。しかし、老舗プロバイダであるSo-netが運営しているので特に心配はないだろう。

月額料金は回線利用料とプロバイダ利用料を合わせて月額5,700円(2年契約)とドコモ光(Aタイプ2年契約で5,720円)とほぼ同額だ。

NURO光のエリアは急拡大中!

NURO光は当初関東地方のみで提供されていた。その後関西地方でも提供開始された後、現在では北海道・東海・九州地方も対象エリアとなっている。

ただし、各地方の全ての都府県で利用できるわけではない。

近畿地方では和歌山県は対象外だし、九州はまだ福岡県と佐賀県のみが対象エリアとなっているだけで、まだまだ人口が多い地域が中心だ。

また、2Gbpsサービスの対象エリアのうち東京、神奈川、静岡、大阪、兵庫、奈良の一部ですでは最大10Gbpsのデータ通信が出来るサービスも展開され始めている。

北海道エリア
関東エリア:東京都神奈川県千葉県埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県
関西エリア:大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県
東海エリア:愛知県静岡県・岐阜県・三重県
九州エリア:福岡県・佐賀県
太字は10Gbpsの光回線サービス提供エリア

超高速10Gbpsの光回線が自宅にやってくる!

上述したとおり、XG-PONという次世代ネットワーク規格を利用した10Gbpsの光回線サービスの提供も始まっている。このサービスを使えば将来の4K以上の動画もスムーズにストリーミング視聴する事が出来るようになるだろう。

10Gbpsの回線というと、なんだかとても高額な料金がかかりそうに思うかもしれないが、そんなにビックリするような料金でもない。

2021年7月1日より新プランとなり、NURO光G10Tという3年契約のプランで月額5,700円だ。契約期間縛りのないNURO光G10は8,300円とかなり割高になる。

G10TG10G20
継続契約期間3年なしなし
契約解除料22,000円なしなし
月額基本料金5,700円8,300円8,517円
事務手数料3,300円
工事費実質無料66,000円実質無料

NURO光G2Tという2Gbpsの3年契約プランの料金が5,200円であることから差額はわずか500円に過ぎない。

ただし、個人契約、並びにクレジットカード払いに限定される。建物も戸建てか5階建て以下の集合住宅が対象となっている。

10Gbpsの詳細はコチラ

なお、工事費は実質無料となるが、NURO光20Gsの場合は毎月1,100円の60回払いとなっており、60ヶ月以内に解約した場合は残債を一括払いする必要がある。G10Tの場合は3年間で分割することになる。

NURO光のIPv6対応

NURO光ではIPv6は標準で対応しているため、フレッツ光のように別途申し込む必要はない。

そのため、設定も全く必要がなく、勝手にIPv6でIPoE接続し、PPPoE接続はしない。もちろん、IPv4にしていないサイトなら自動的にIPv4に切り替わってくれる。

オンラインゲーム等でポート開放が必要なら対応できる。

昨今のフレッツ光ではPPPoE接続すると通信速度が遅くなるのだが、これはPPPoE接続が遅いからというよりはPPPoE接続で通る網終端装置が混雑しているからに他ならない。

NURO光はそもそもユーザー数がフレッツ光ほどもおらず、網終端装置に該当する箇所も自社で増設できるため速度を担保できるのだ。

おうち割 光セットでソフトバンクのスマホが安くなる

NURO光はソフトバンクのスマホを持っているのなら2つの割引サービスに対応している。

1つ目がおうち割 光セットだ。NURO光でんわとセットでソフトバンクのスマホ等を利用すると、毎月利用料金から最大1,100円割引となる。

おうち割 光セット適用条件

  • NURO光でんわの利用
  • ソフトバンクのスマホなどを利用中
  • 登録する携帯電話がNURO光の契約者本人、または家族名義の契約であること
  • NURO光1契約につき、携帯電話回線最大10回線までの登録であること

2つ目がホワイトコール24だ。これによってNURO光でんわとソフトバンクのスマホとの国内通話が無料となる。

NURO光でんわ開通後にソフトバンクショップで申し込む必要があるが、ソフトバンクユーザーなら検討しておきたいところだ。

NURO光の口コミでの評判

NURO光は口コミでも評判がいい。

オンラインゲームのFPSをする人にとってはNURO光の評判はとてもいいそうだ。

NURO光はマンションタイプでも速いようだ。

このように、NURO光の速度に関する口コミは概ね好評なのだが、開通までに時間がかかる傾向にある。

下記の口コミでは8ヶ月とのことだが、ほかにも開通は4ヶ月先という口コミもあったことから、場所にもよるだろうが、ある程度の期間は覚悟しておいた方がいいのかもしれない。となれば、少しでも早めに申し込んだ方がいいだろう。

NURO光は開通までに時間がかかってしまうのが難点だが、開通までの間、いわゆるポケットWiFiのレンタルするサービスを提供している。

wifiレンタルどっとこむ」のサービスを利用するのだが、初月は980円~と通常より安い料金で利用できる。

ただし、このサービスも発送までに時間がかかるケースがあるようだが・・・

NURO光キャンペーン

NURO光
G2T料金
初期費用3,300円
基本工事費44,000円(36回分割)
実質無料
初月5,200円(日割)
2ヶ月目以降5,200円
キャンペーン内容45,000円キャッシュバック
基本工事費実質無料
3年総額145,200円

NURO光の解約

NURO光の解約は、回線解約申請フォームに入力して送信する。

原状回復のための撤去工事

原則として、NURO光から原状回復を求められることはない。解約時に行わなくてはならないのは、レンタル機器の返却のみとなる。

賃貸住宅などであれば原状回復する必要があるだろうが、その場合はユーザー側から求めれば原状回復して貰える。

その際、撤去費用として11,000円(税込)が必要となる。加えて、撤去工事を土日にする場合は追加で3,300円が必要だ。

解約違約金

また、NURO光を契約して30カ月以内に解約する場合、工事費は分割払いとなっているのでその残債の一括返済が必要になる。そして、定期契約であれば解約違約金10,450円も発生する。

更新日:2021/11/26 10:52:48

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ