楽天モバイルの格安SIM 楽天でんわで音声通話も格安!

ドコモのMVNO楽天モバイルの格安SIM。楽天だけあって楽天ポイントが貯まる。格安スマホやルーターとのセット販売も多数用意されている。楽天でんわを使えば10円/30秒で通話できる。データ通信量を確認できるアプリもある。

格安SIM比較ランキング おすすめMVNOの2018年10月キャンペーン情報

格安SIM比較ランキングや格安スマホ・格安SIM最新ニュース、キャンペーン情報などを紹介。比較的高かった音声通話の料金で格安SIM比較。

BHR-4RVをローカルルーターにして別セグメントPCをリモート

ローカルルーターは企業用でとても高価だ。家庭用ルーターはネットに接続することを前提に作られているが格安だ。そこで家庭用ルーターであるBHR-4RVをローカルルーターにして別セグメントPCをリモートデスクトップしようと試みた。

フレッツ光はマルチセッション対応だから複数プロバイダーを追加してみよう

フレッツ光では最大で5セッションの同時接続できる。複数プロバイダーと契約しておけば、プロバイダーが原因での接続できない場合は回避できるし、グループ毎に接続先を変えることもできる。

IIJmioは高品質な格安SIM 回線の安定感では随一!

IIJmioは格安SIMの最大手ともいえるMVNO。老舗IPS事業者らしく回線も高品質で評判もいい。IIJmio最大の特長はバースト転送機能。高速通信がOFFになっていても最初の75KBだけ高速転送してくれるため、とても快適に利用できる。

BIGLOBEモバイルの速度の評判とキャンペーン情報

老舗ISPであるビッグローブが提供する格安SIMがBIGLOBEモバイル。ドコモとauの両回線に対応しているが速度は遅いのか?速いのか?評判が気になるところ。エンタメフリーオプションもあり動画や音楽が使い放題になる!

NifMoは@niftyの格安SIM 安いだけじゃなく得するSIM

@niftyの格安SIMであるNifMoは、格安SIMとしても十分格安なのだが、トクする仕組みが最大の特長。提携ショップで買い物をしたり、NifMoのおすすめアプリをダウンロードすると割引還元があるのだ。

OCNモバイルONEは安定感抜群の格安SIM!3日間の速度制限無し

OCNモバイルONEはシェアトップクラスの格安SIMだ。他のMVNOの攻勢でやや陰りは見られるが、それでも回線の安定性などで人気の格安SIMだ。3日間のデータ通信量による速度制限が無いのが最大の魅力だ。無料WiFiにも対応している。

WiMAXキャンペーン比較でワイマックス最安値を探せ!2018年10月版

WiMAX(ワイマックス)の最安値で契約するためにWiMAXプロバイダのキャンペーン情報を比較。WiMAXはどのプロバイダと契約しても速度は一緒。となるとちょっとでも安い料金で契約したいものだが各社のキャンペーンは日を追う毎に複雑化し比較するのも大変。2年契約と3年契約、ルーター毎、プラン毎にキャッシュバック金額が異なる等どんどん複雑化しているWiMAXキャンペーンを徹底比較。

@nifty WiMAX 2018年10月キャンペーンの詳細情報

@nifty WiMAXは人気のワイマックスプロバイダの一つです。@nifty WiMAXは、キャッシュバックキャンペーンを随時実施しています。キャンペーン内容は毎月変わるので要チェックです。

PC通販と、パソコンの種類とその特徴

パソコンとはパーソナルコンピュータの略でよくPCと略します。パソコンの主な種類としては、デスクトップ型、タワー型、ラックトップ型、ノートブック型、ネットブックなどがあげられます。パソコンの各型の特徴をご説明します。デスクトップ型についてですが、これはデスクトップの名のとおり机の上におくことができるパソコンということになります。従来ですと横置きの筺体でそれを机の上に置きその上にディスプレイを置くタイプのものをそう呼んでましたが、パソコン本体の大きさが小さくなってきた現代ではミドルタワー、スリムタワーなどといった縦置きパソコンも机の上に置くためこれらもデスクトップと呼ばれることがあります。次にタワー型ですが、先ほど例に出しましたが、タワー型は縦長でそこそこ巨大なものです。自作のPCなどはこのタイプが多いです。特にフルタワーといわれるサイズの大きいタワー型の筺体はハードディスクなどドライブ類を格納するベイやシャドウベイと呼ばれる部分の数が多く、ヘビーユーザーには親しまれていましたが最近では省スペースPCが人気で姿をあまり見かけなくなりました。次にラックトップ型ですが、ノートブック型のPCと形状はほとんど変わりませんが、一回り位大きいので、家の中で移動させて使うのに向いているパソコンで外出にはあまり適していません。次にノートブック型ですが、実はラックトップのひとつの形態です。ノートブックとは言いますが、一昔前は厚みも重さもあり外出時に持ち歩けるとはいえ一苦労でしたが、最近はCDのドライブがつけないなどし、薄型で軽量のものが多く外出時にも適しております。ネットブックはノートブックと同じような感じですが、インターネットを使うのに必要最低限の機能を有した廉価版です。メモリーが少ないことやCPUの性能もさほどよくありませんが、インターネットをするだけなら十分といえます。

このようなことを含めてパソコンを選んだら、購入するわけですが、最近は、インターネットのPC通販が一般的なのでしょうか?

私はもう20年以上PCを使っていますので、今更店頭で店員にいろいろ尋ねる必要もありませんし、そもそも家電量販店の店員の多くはPCに関する知識が十分とは言えませんので、わざわざ出かけるよりはPC通販した方が良かったりするのです。

更新日:2016/09/26 10:10:43
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ