honor6 Plusは800万画素カメラ2台搭載の格安スマホ

honor6 PlusはSIMフリーの格安スマホだが、背面には800万画素のカメラが2台も搭載されており、1300万画素相当の高画質も実現するほか一眼レフに負けない機能も充実。オクタコアのCPUやデュアルSIMなど格安スマホとは一線を画する!

イオンモバイルなら格安スマホの契約も超簡単!格安SIMも登場

イオンスマホの登場で格安スマホ市場が一気に活性化したがそのイオンスマホは現在イオン自らがVINOとなったイオンモバイルとなっている。それまで難しそうだった格安スマホだが、イオンモバイルなら大手キャリア同様にイオン店舗で契約することもできる。簡単に使える格安スマホが欲しい人におすすめの格安スマホだ。

WiMAXキャンペーン比較でワイマックス最安値を探せ!2018年8月版

WiMAX(ワイマックス)の最安値で契約するためにWiMAXプロバイダのキャンペーン情報を比較。WiMAXはどのプロバイダと契約しても速度は一緒。となるとちょっとでも安い料金で契約したいものだが各社のキャンペーンは日を追う毎に複雑化し比較するのも大変。2年契約と3年契約、ルーター毎、プラン毎にキャッシュバック金額が異なる等どんどん複雑化しているWiMAXキャンペーンを徹底比較。

2年契約が大人気!GMOとくとくBBのWiMAX2+ 2018年8月キャンペーン情報

GMOとくとくBBのWiMAX2+のキャンペーンは常に他社より高額なキャッシュバック金額や安価な月額料金でWiMAXの中で常に最安値の料金となっている。中でも2年契約もキャンペーン対象となっている点が他のWiMAXプロバイダーと異なり人気となっている。とにかく安くWiMAXを契約したいならGMOとくとくBB WiMAX2+がおすすめだ!

ポケットwifiキャンペーン比較!WiMAX2+が大人気だ

ポケットWi-FiはY!mobileのモバイルデータ通信だがモバイル対応のWiFiルーターを指すことも多く最近はWiMAX2+が人気だ。ポケットwifiは3年契約でキャンペーンも盛んではない。WiMAXはエリアも広がりポケットwifiと比較して劣る点はあまりない。

ビッグローブ WiMAX2+キャンペーン情報2018年8月版

ビッグローブ WiMAXは人気のワイマックスプロバイダの一つだ。Biglobe WiMAXは、キャッシュバックキャンペーンやタブレットが無料になるキャンペーンを随時実施している。キャンペーン内容は2~3ヶ月毎に変わるので期間は常に確認しておこう。

WiMAXのLTEオプションは必要か?格安SIMの方が得か?

WiMAXエリアだけでは不安ならLTE回線を用意しておきたい。WiMAXのLTEオプションプランを使えばau 4G LTE網でLTE通信できるがこのLTEオプションを契約するのと、格安SIMを別途契約するのではどちらが得なのかを考えてみた。

WiMAX2+プロバイダー通信速度比較?やっぱりUQ WiMAXが速い?

WiMAX2+は各社存在しキャンペーンが異なりますが、通信速度はプロバイダー毎に異なるのでしょうか? 折角安いキャンペーンで契約しても通信速度が遅いと嫌ですよね。WiMAX2+はUQ WiMAXが本家本元ですからUQ WiMAXが最も速いと考えている人も多いようですが、実際はそうでもないようです。

So-netモバイルWiMAX2+ 2018年8月キャンペーン情報

So-netモバイルWiMAX2+のキャンペーンを紹介。今月はキャッシュバックキャンペーンが復活すると共に破格のキャッシュバック金額となり契約するなら大チャンス!プロバイダとしての実績もソネットなら十分で安心できるからワイマックス契約するなら今月はソネットが絶対におすすめだ!

UQ WiMAXがワイマックス本家本元 2018年8月キャンペーン詳細情報

UQ WiMAXはWiMAXの本家本元。キャンペーンは他社と比較すると見劣りするがUQ WiMAXなら様々なオプションや機種変にも対応、また、Try WiMAXというお試しサービスもあるので、WiMAXを検討している人は一度試してみるのもいいだろう。

PC通販と、パソコンの種類とその特徴

パソコンとはパーソナルコンピュータの略でよくPCと略します。パソコンの主な種類としては、デスクトップ型、タワー型、ラックトップ型、ノートブック型、ネットブックなどがあげられます。パソコンの各型の特徴をご説明します。デスクトップ型についてですが、これはデスクトップの名のとおり机の上におくことができるパソコンということになります。従来ですと横置きの筺体でそれを机の上に置きその上にディスプレイを置くタイプのものをそう呼んでましたが、パソコン本体の大きさが小さくなってきた現代ではミドルタワー、スリムタワーなどといった縦置きパソコンも机の上に置くためこれらもデスクトップと呼ばれることがあります。次にタワー型ですが、先ほど例に出しましたが、タワー型は縦長でそこそこ巨大なものです。自作のPCなどはこのタイプが多いです。特にフルタワーといわれるサイズの大きいタワー型の筺体はハードディスクなどドライブ類を格納するベイやシャドウベイと呼ばれる部分の数が多く、ヘビーユーザーには親しまれていましたが最近では省スペースPCが人気で姿をあまり見かけなくなりました。次にラックトップ型ですが、ノートブック型のPCと形状はほとんど変わりませんが、一回り位大きいので、家の中で移動させて使うのに向いているパソコンで外出にはあまり適していません。次にノートブック型ですが、実はラックトップのひとつの形態です。ノートブックとは言いますが、一昔前は厚みも重さもあり外出時に持ち歩けるとはいえ一苦労でしたが、最近はCDのドライブがつけないなどし、薄型で軽量のものが多く外出時にも適しております。ネットブックはノートブックと同じような感じですが、インターネットを使うのに必要最低限の機能を有した廉価版です。メモリーが少ないことやCPUの性能もさほどよくありませんが、インターネットをするだけなら十分といえます。

このようなことを含めてパソコンを選んだら、購入するわけですが、最近は、インターネットのPC通販が一般的なのでしょうか?

私はもう20年以上PCを使っていますので、今更店頭で店員にいろいろ尋ねる必要もありませんし、そもそも家電量販店の店員の多くはPCに関する知識が十分とは言えませんので、わざわざ出かけるよりはPC通販した方が良かったりするのです。

更新日:2016/09/26 10:10:43
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ