@niftyの光回線サービス

老舗プロバイダーの@niftyでは、様々な光回線サービスを提供している。

光コラボなど、光回線とプロバイダーとセットにしたサービスや、プロバイダーとしてのサービスなどだ。

単純な光回線の料金だけでみれば、@nifty光がキャンペーンも充実していておすすめだ。

フレッツ光のプロバイダとしての@nifty

光回線にフレッツ光を使い、そのプロバイダとして@niftyを使う場合、3種類ある。

  • @nifty光
  • @nifty光ライフ with フレッツ
  • @nifty with ドコモ光

@nifty光は、光コラボを利用した光回線サービスなので、光回線とプロバイダがセットになっており、@niftyと契約はする。

一方の@nifty光ライフ with フレッツは、光回線はNTT東日本・NTT西日本と契約し、プロバイダとして@niftyと契約することとなる。従って料金はそれぞれに支払う必要がある。

@nifty with ドコモ光は、ドコモ光のプロバイダとして@niftyを選ぶ方法だ。ドコモのスマホを使っている人なら最もお得度が高くなる。ドコモ光はキャンペーンも比較的積極的に行われているので、その点でもお得度が高い。

@nifty光

@nifty光は光コラボを利用した光回線サービスなので、フレッツ光が利用できるエリアならどこでも利用できる。

また、フレッツ光でプロバイダーをSo-netを選ぶよりも月額料金も安く、加えて、キャンペーンを利用すれば更に安くなる。

V6プラスにも対応している。

@nifty光キャンペーン

@nifty光では最大30,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施している。

キャッシュバックの金額だけでも3年プランの方がお得なのだが、3年プランなら2~31ヶ月目の月額料金が600円(戸建て)安くなる。光回線は一度契約すると乗り換えたりはしないケースが多いだけに3年プランの方がおすすめだ。

なお、キャッシュバックは開通月を含む12ヶ月目に振り込まれるが、その前月に受取口座等の登録の案内メールが届く。

ただし、工事費は戸建ての場合で18,000円(600円/月×30回)となっている。

auスマホを利用しているならauスマートバリューで利用料金が割引になる。

@nifty光は、光コラボサービスとなるため、現在フレッツ光を利用している場合は、転用の手続きとなる。

@nifty光ライフ with フレッツ

単純にプロバイダーとして利用する場合は、ホームタイプで1,200円/月、マンションタイプで950円/月となっているが、ホームタイプの場合には2年間の定期契約を条件とするすることで、毎月200円の割り引かれる。

ドコモ光のプロバイダーとしての@nifty

@nifty with ドコモ光として、ドコモ光 タイプAで提供している。

@nifty with ドコモ光キャンペーン

@nifty光では最大20,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施している。

20,000円のキャッシュバックを受ける為には@nifty with ドコモ光と同時に「スカパー」もしくは「ひかりTV for docomo(2年割)」を申し込む必要がある。

しかし、これらのオプションに加入しなくても18,000円のキャッシュバックは受けられる。

他にもdポイント20,000ptプレゼントの他、IPv6対応WiFiルーター(エレコム製WRC-1167GS2H-Bバッファロー製WSR-1166DHPL2)のレンタル料が契約中は無料、新規工事料が無料になるなどの特典がある。

コミュファ光のプロバイダーとしての@nifty

これも、@niftyのコミュファ光版というようなサービスだ。コミュファ光は中部テレコミュニケーションの光ファイバーインターネット回線のことだ。

下りは最大1Gbpsなので、フレッツ光と同程度だが、東海エリアのみの提供となっている。

マンションタイプも戸建てタイプもあるが、価格的にもあえて選択するポイントは無さそうだ。auスマートバリューが使える。

更新日:2021/01/20 9:57:13

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ