WiMAXを開始するには?

WiMAXを開始するには、用意をするべきものと、手順などがあります。

用意をするものは、一般的にいわれるWiMAX用の機器となります。最近ではワイマックスパソコンという、パソコン自体にこの機器が埋め込まれているようなものもありますので、こういったパソコンを購入した場合は、非常に話が早いと言えますが、そうでない場合は用意をしましょう。

WiMAXパソコンでない場合には、データカードなどのWiMAX製品が必要となります。

そして次に必要な事はWiMAXの契約となります。日本でWiMAXのサービスをしているのはUQ WiMAXになるのですが必ずしもUQと契約を結ばなければならないわけではありません。その他にもビッグローブなどをはじめとした会社が、サービスを展開していますので、ご自分にあわせた会社からサービスの
提供を受けるようにしましょう。

ワイマックスとの契約を結ぶにあたって、ルートとしてはインターネットを介して契約を結ぶ、もしくは店頭で契約を結ぶといったルートがあります。

インターネットからですと、自分で選んだ会社か、もしくはUQのサイトから直接契約をする事が可能です。データーカードなども、UQ公式のものを同時に購入する事が可能ですので一番シンプルなルートではないでしょうか。

店頭で契約をする場合には、主に電化製品店などで契約をすることになるかと思いますが、そういった場合はある程度限られたサービスの会社と契約をする事になります。

WiMAX機器を購入する、もしくはパソコンを購入する際などに同時に加入するとなんらかのメリットが受けられるものがほとんどですので、そういったメリットを望む場合は電化製品店などでWiMAXの契約を開始するのが良いかと思います。

難しそうに思えるワイマックスの開始の仕方ですが、実は非常にシンプルなものと言えるのです。

ワイマックスのセキュリティ

ワイマックスは無線を使ってインターネットに接続するシステムですが、1キロ程度先の基地局まで届く(規格上は数キロ先まで届く)ような強力な電波を使っているため、通信内容が周囲から用意に傍受されてしまうのでは?という不安もあります。そこで、主にセキュリティーの観点からワイマックスについて調べてみました。

まず、基本的にワイマックスやイーモバイルなどのワイヤレス方式のインターネット接続サービス、ドコモやau、ソフトバンクなどの携帯電話、スマートフォン、あとPHSなど、電波を使ったサービスというのは、通信内容が暗号化されているので、簡単に盗聴したり傍受されて通信内容を解析されるということはありません。

どうしてもテレビやラジオなど、受信機があれば誰にでも見られる類のサービスから、電波をキャッチして盗聴するという可能性が類推されてしまうのですが、ワイマックスでもAdvanced Encryption Standard(AES)という暗号方式が採用されていて、ちょっとやそっとでは解読することができないようになっているため安心していいと言えるでしょう。

別の意味でのセキュリティ、つまりホームページを見ていたらウィルスに感染するとか、フィッシング詐欺メールが届く、マルウェアを実行してしまうなどのセキュリティに関して不安だという人もいるかも知れません。

こちらについては、接続サービス云々という話ではなく、ユーザーであるあなた自身の心がけだったり、パソコンに適切なウィルスワクチンソフトやファイアウォールが設定されているか、ということのほうが重要になってくると言えるでしょう。

自宅のインターネットをWiMAXに変えるメリットは?

自宅のインターネットをWiMAXに変えるメリットはどのようなものがあるでしょうか?

そもそもWiMAXの利点というと、やはりコンパクトな機器で外に持ち歩き、気軽にインターネットが繋がると言うイメージがあるのではないでしょうか?

しかし、自宅のインターネットをWiMAXに変えるのも実はかなりのメリットがあるのです。

・見た目、収納的にかなりスッキリとします。
WiMAXの使い方は基本的にデータカードをパソコンに挿して使います。ただこれだけになります。その為、余計な配線がないので、配線の位置の通し方を考えたり、纏める方法を考えたりしなくてもよくなります。

またノートパソコンなのに、インターネットにつなげるために結局あまり移動させて使う事はしづらいってことありますよね。それがワイマックスだとなくなるので、本当に身軽に使いたい時に、使いたい場所で使えるようになります。

・工事などはありません。
WiMAXを使う時に、プロバイダの契約、追加などは必要ありません。なので、回線工事なども入りませんし、当然人がきたりすることもないのです。そのため、WiMAXは外出先で使うのが一般的だったのですが、最近では自宅で専用の端末も存在しているくらい自宅で使う人が多いのです。

・なんといっても高速です。
最近のインターネットの楽しみ方として、「動画」は欠かせないコンテンツですよね。その動画を楽しむにはやはり、高速の回線が必要ではないでしょうか。そんな動画を楽しむのにも最適なのがWiMAXと言えます。

・速度制限がない。
LTEなどの高速モバイル通信の場合、日や月の使用量が一定数を超えた場合、低速に速度制限がかかったり別途料金を請求されることになりますが、WiMAXの場合は、そのようのことは一切ございません。どんなに使っても、定額で使用できるのです。動画をみたり、オンラインゲームをする場合などは、やはりWiMAXが一番間違いない選択だといってもいいでしょう。

このように、絶対的に必要!というわけではありませんが、生活をより良いものにするのに、一役買ってくれると言っても良いかもしれません。

WiMAXは無線LAN内蔵パソコンじゃないと使えない?

昔はパソコンを使うのに専門的な知識が必須だったわけですが、WindowsやMacの普及に伴って、その敷居はぐっと低くなりました。今では持ち帰って電源を入れれば、すぐにインターネットを始められるパソコンが普通になっています。

それだけに、設置後に何かを変更しようとした場合には、どうすればいいのか分からない、誰かに聞こうにも、そもそもどこに連絡すればいいかすら分からないという人が多くなっているようです。

WiMAXというのが速くていい、と聞いたのだけど、具体的に自分のパソコンでWiMAXが使えるのかな?というのも、よくある質問の一つです。

WiMAXは無線でインターネットに繋がるサービスなので、パソコン自体が無線LANというものを内蔵していないと使えないという人もいますが、実際には少し違います。

持っているパソコンはひとつだけで、そのパソコンさえインターネットにつながればよいという人は、USB端子(USBメモリやマウスなどを利用するときに使う差込口)とか、PCカードスロット(USBよりも幅が広い差込口)に挿入して使う通信端末を購入すれば、無線LANを内蔵しているいないに関わらず、WiMAXを利用することができるようになります。

複数のパソコンをインターネットにつなげる必要がある場合には、ルーターといって携帯電話くらいの大きさの通信端末を購入しますが、このルーターに接続するのに無線LANの機能を使うのであれば、無線LANの機能がパソコンに求められます。

そうはいっても、ルーターとUSBで接続することもできますし、無線LANの機能もUSBなどで後付けすることができるので、わざわざ無線LAN内蔵のパソコンに買い換える必要はまったくありません。ましてや、WiMAX内蔵パソコンに買い換える必要もありません。ただし、ルーターの場合は、バッテリーが切れたりする心配がありますし、USBの端末の場合は、刺すと結構邪魔になったり、どちらにしても持って行くのを忘れたりと、使いこなすほど面倒になってくるので、WiMAXをよく使う人ほどWiMAX内蔵パソコンが便利なのは間違いないです。

WiMAXルーターは、各社が実施しているワイマックスキャンペーンを利用すればほとんどの場合は無料で入手できるので、これを使うことは多いようです。さらにスマホなども同時に接続できますからルータータイプのWiMAX端末が圧倒的に人気なのです。

ワイマックスは高速で移動中も利用できる?

ワイマックスは高速で移動中にも利用ができるかどうか?というのは非常に気になるところと言えます。ああいった、モバイル系の通信は高速で移動中や列車での移動中には案外使えない、またすぐ切れたり非常に不安定というのが今までのイメージには多かったのではないでしょうか?

ワイマックスはエリアにもよりますが、基本的に高速で移動中にも使えることがほとんどかと思います。

その理由として、やはり3キロ毎に設置された基地局を上げる事が出来ます。また基地局の数もどんどん増えてきており、屋外の基地局の数が2010年の8月の時点で1万を超えているのです。もちろん、屋内の数は含みません。ですので3キロの基地局を高速で渡り歩く事で、なんら問題なく利用できるのではないでしょうか?

また高速で移動というと、列車なども含まれるかと思いますが、列車によっては無料でLANを使う事ができる場合もあります。東京~新大阪間、N700系であったり、成田エクスプレスなどのLANが使用できるのです。

このように、ワイマックスは高速道路で移動中でも、また列車や新幹線などの乗り物での移動中でも、かなり実用的に使えるといっても良いかと思います。

またさらに、今後もサービスエリアも広がって行きますし、技術自体も今後伸びていく技術と言えます。その為、万が一いま、日常的に使いたい高速道路が含まれていなくてもいずれ問題なく、移動中に利用ができるのではないでしょうか。

ワイマックスは動画もスムーズに見れる?

最近では、インターネットなどの楽しみ方として動画を観賞する方が増えているのではないでしょうか?
コミュニケーションの一環として利用したり、見逃したドラマを動画でみたり、さまざまな楽しみ方があるかと思います。

しかし、そんな風に楽しめる動画は、やはり重い事が多いですよね。そこでワイマックスを導入してみようかな?と思う方も少なくないはずです。では、ワイマックスは動画もスムーズに見れるのか?という点が気になるところではないでしょうか。

ワイマックスのは一般的に高速だと認識されていますが、具体的にいうと、最大40Mbpsにもなります。そのため、遅めの回線だったりすると、ダウンロードが進まず動画もいつまでたってもみられないということがありますが、WiMAXだとそういうことにはならないと言えます。

さらには、移動中にもWiMAXはストレスなく動画を見る事が可能だと言えます。動画などは暇になってしまう移動中にこそ見たいと思うものですが貧弱な回線で試みると、結局半分はダウンロードに時間を使ってしまった…となったりもします。

しかし、WiMAXは従来の高速モバイル通信の速度である7.2Mbpsよりはるかに速い速度ですので、移動中でもきちんと通信ができ、そういったストレスもないと言えるのではないでしょうか。

また、月額制のプランを利用すれば、料金も一定以上になることはありませんし、精神的にも気にすることなく動画を見放題と言えるかと思います。

WiMAXは高速モバイルデータ通信が速度制限なしで使える!

ワイマックスとは、世界標準の超高速大容量のモバイルブロードバンド通信の方式です。すでに全国の主要都市をカバーしており、サービスエリアはどんどん広がっています。

回線工事やプロバイダ契約が不要なうえに、設定の簡単なワイマックスは手にしたその日から、すぐにインターネットに接続できるのです。

また、ワイヤレスなので持ち運びが自由自在です。ご自宅はもちろん外出先や出張先、さらには車や新幹線などでの移動中にも高速インターネット通信ができるというのもというのも大きな魅力です。

ワイマックスの料金はリーズナブルな料金プラン、毎月の利用時間に合わせた料金プラン、安心の定額使い放題プランなど、それぞれのニーズにあわせて選べます。

ワイマックスの端末には様々なタイプがあります。データ通信カード、ワイマックスパソコン、ワイマックス・スピード・ワイファイ(モバイルルーター)、ワイマックス搭載のスマートフォンなどです。

何といってもワイマックスの最大の売りはその速度です。下りが最大で40Mbps、上りが最大で10Mbpsですから、大変な速度になります。同じようなモバイル方式のイーモバイルやFOMA、ソフトバンクなどと比べても、さらにはADSLと比べても、その速度は速いですね。LTEと同じような感じです。

大容量のファイルの送受信や動画のダウンロードがスムーズに行えるので、これまでのモバイル方式で感じていた、イライラやストレスから解放されます。新しい形の超高速インターネット環境をいつでもどこでも実感できます。

そして、その回線速度に速度制限がかからないのもWiMAXの魅力です。最近は当たり前になってきたLTEは、確かに速いのですが、各社、一定量を超すと、速度制限がかかってしまって、LTEの本来の速度が出なくなってしまいます。

私の周りにも数日で速度制限がかかってしまって、使い物にならないと言ってる人がいますが、WiMAXならそんな心配がありません。WiMAX2+では速度制限をかけるような話も出ていますが、今、2年契約で契約しておけば、その2年間は速度制限なしで使えますので、今、契約しておき、2年経ったときに、再度他の通信回線と比べて、乗り換えるなりそのまま使うなりを考えることが最もいい選択ではないでしょうか。

正直なところ、2年後どうなっているかを完全に予測できる人はいないでしょうしw

WiMAX Speed Wi-Fi

ワイマックス自体は、それなりに認知度が上がってきたように思いますが、WiMAX Speed Wi-Fiについて、意外にご存じではない方が多いのではないでしょうか?
そもそもWi-Fiとはなにか?ということになるかもしれませんが、Wi-Fiとは、いわば無線LANで、メーカーや機器が違っても問題がでないように、統一され、認定されたものがWi-Fiとなります。

ではWiMAX Speed Wi-Fiとは何か?といっても大げさな話ではなくて、単なる携帯WiFiルーターのことで・・・いわゆるポケットWiFiのことですね。

サービスの特徴としては

全てケーブルなしで使う事ができます。スマートフォンや、タブレット端末はもちろんのこと家で使用するパソコンもケーブルなどを引く事なくすぐに使う事ができます。

持ち歩くことができて、これだけですみます。
外にいってPCを使える環境を提供しているような場所を探さなくてもすぐにPCをインターネット接続することができます。また、ゲーム器や、デジタルオーディオプレイヤーにも対応していますので、すぐにネット対戦をする事ができたり、音楽などをダウンロードしたりと言う事ができます。

・高速です!
外で使える回線のようなものは、大体にして遅い!というのが何となく抱いているイメージではないでしょうか?しかしWIMAXの場合は、高速で使う事ができます。

またWiMAX製品は、おしゃれなコンパクトなものから、家において使えるものありますので、自分のライフスタイルに合わせて選ぶ事が可能になります。

ワイマックスはプロバイダ契約が不要?

ワイマックスとは、新しい方式のワイヤレス・インターネットで、自宅でも外出先でも、いつでもどこでも高速インターネット通信ができます。下りが最大40Mbps、上りが最大10Mbpsという超高速インターネットが現実のものになります。

ワイマックスは簡単にインターネットに接続できます。ワイヤレスなのでパソコンから余分な配線が不要で、持ち運びも自由自在なのです。回線工事も不要なのでつないだその日からご利用いただけます。

ワイマックスの料金はリーズナブルな料金プラン、毎月の利用時間に合わせた料金プラン、安心の定額使い放題プランなど、それぞれのニーズにあわせて選べます。

ワイマックスには様々なタイプがあります。データ通信カード、ワイマックスパソコン、ワイマックス・スピード・ワイファイ(モバイルルーター)、ワイマックス搭載のスマートフォンなどです。

今お使いのパソコンでご利用になる場合は、USBタイプやPCカードタイプ、Expressカードなどのデータ通信カードを購入するだけです。
ワイマックス・スピード・ワイファイなら、パソコンだけでなくスマートフォン、タブレット端末などからもインターネットに接続できます。8~10台の同時使用が可能です。

一番のおすすめのポイントはワイマックスにはプロバイダ契約が不要だということです。月額基本使用料にインターネット接続サービスを含んでいるので、プロバイダ契約やインターネット接続の費用が追加されることはありません。

WiMAX開設の流れ

ワイマックスを開設する際の流れについて、簡単に説明していきましょう。

まず必要なものとして、ワイマックス搭載機器があります。WiMAX搭載機器というのは、ワイマックスパソコンであったりデータカードであったりします。

そしてサービスを提供している会社を選びます。日本でワイマックスを提供している会社は基本的にはUQ WiMAXとなるのですが、それ以外にも様々な会社がサービスを提供しています。

ニフティ株式会社ビックローブ株式会社ヤマダ電機、ソネットエンタテインメント株式会社、KDDI株式会社など、他にも色々な会社が提供しています。

ワイマックス対応機器を購入した場所によって、そこでお勧めされる会社があったりしますし、それを使用したほうが様々な特典が付く事がありますので、そういった事柄を踏まえた上で検討してみて下さい。

そして開設の具体的な流れとしては

・UQホームページでワイマックス機器を購入しそのまま申し込む。UQWiMAXのページから、機器を購入し、そのまま申し込みを行うと製品が届き、そしてすぐに利用をする事ができます。

・市販の製品を購入し、店頭で契約をする市販のWiMAX機器を購入して、その場で契約をする事ができます。その場合、UQ以外を進められることもあります。

・手持ちの製品使用し、申し込みをする。すでに用意をしてある場合などは、ご自分の判断でサービスを提供している会社に申し込みをすることとなります。

機器を持っているか、または機器を存分に選びたいといった拘りがない場合は、ワイマックスの機器と申し込みを一度に済ます事ができる方法がスムーズで良いのではないでしょうか。

2014/07/30 10:24:07

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ