スマートウォッチって一体何ができるの?!

スマートウォッチは、スマホやタブレットと、Bluetoothなどで通信して、表示する腕時計なのです。アップルが2015年春にApple Watchの販売を開始することで、知った人も多いかもしれませんが、実は、既に、たくさんの製品が販売されているのです。

腕時計ではありませんが、ドコモからもタブレットとBluetoothで通信することができるガラケーが販売されるなど、似たようなのも販売され始めていて、これから盛り上がってくることは間違い無さそうです。

2014年現在販売されているスマートウォッチのほとんどは、男性向けのデザインになっています。アップルは、デザインを多少変更できるようになっていますので、今後、まさにスマートなデザインのスマートウォッチが増えてくるでしょう。

ところで、スマートウォッチって一体何ができるんだろう?と思いません?

何となく、メールの通知くらいはしてくれそうだなというのは分かるのですが、それ以外に一体どんなことができるのかをまずは紹介していきたいと思います。

Android Wearと言う言葉は聞いたことはあるでしょうか?

Android Wearは、スマートウォッチ向けにGoogleがAndroid OSをベースに開発したOSになります。Androidタブレットなどと通信することで操作できるようになっていて、アプリもインストールできるようになっています。そうなんです。アプリがインストールできるのです。ですから、今後、製品がたくさん販売されるようになると、いろんなアイデアがアプリとして具現化してくるのではないかと思われます。

スマートウォッチには、当然製品によりますが、様々なセンサーが取り付けられています。たとえば、心拍数を計測する機能がありますので、これによって、最近スマホにある健康管理の機能もさらにパワーアップします。当然ながら、カロリー計算はしてくれます。どのくらい実用的かは分かりませんが、尋ねれば、今日のご飯が何がいいかまでで答えてくれるそうです。

寝ているときにつけておけば、バイブレーションで起こしてくれたりもします。個人的には、腕時計をして眠りたくはありませんが・・・

とにかく、スポーツ用の腕時計は今後スマートウォッチに変わっていくんだろうな~と思わずにはいられません。まだまだ、あとで触れますが、バッテリーの問題と、あとは、大きさ・重さ、さらには価格面の問題がありますから、すぐに取って代わると言うことはないでしょうが、それにも代えがたい何かが登場する可能性は高そうです。

他には、音声入力は当然できますし、スマートウォッチに話しかけることでメール返信までできるという、なんか近未来の世界がもう既に存在しています。

現実的なところでは、例えば、ソニーのSmartWatch3では、音楽プレイリストを直接インストールすると、スマホがなくてもスマートウォッチ単体でも音楽が楽しめます。iPod代わりですね。

基本的にちょっとした操作は、スマホをカバンやポケットに入れっぱなしで、操作できてしまうのがスマートウォッチなのです。

最大の欠点が、実は、バッテリーです。これが、なかなか厳しいようで、少なくとも毎日充電は必要なようです。この辺が改善されるにはまだ数年かかりそうではありますが、Microsoftが開発中のスマートウォッチは、すでに2日以上持つという噂がありますから、2016年頃に販売されるスマートウォッチは一気にバッテリー駆動時間が増えてる可能性も否定はできないですね。いっそ、腕時計にある手を振ったら発電する機能とか、太陽電池とか内蔵してくれないかと思ったりしますが、ただでさえ大きい腕時計なので、こういう機能を内蔵するにしても数年かかりそうです。

とにかく、なんか凄そうですが、今すぐ必要か?と言われると、一般的でない部分が多いので、まだそんなに販売台数が増えていないのですが、iPhoneの時も、そんな感じでしたが、iPhoneを持っている人が使っているのを見ると、誰もが欲しくなったことを思うと、スマートウォッチも同じように広がっていく可能性を感じずにはいられませんね。

後日、スマートウォッチの人気商品を紹介していきたいと思います。

2014/12/12 11:56:01

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ