インターネット回線の比較

いつからかインターネットを自宅や外出先で使うことはパソコンのヘビーユーザーなら当たり前のようになり、スマホの登場でほとんどの人がどこかでインターネットに接続してデータ通信をするようになっている。

データ通信をするとなると、何らかのインターネット回線が必要だ。

ここでは、自宅などに光回線などを引く固定回線と、WiMAX2+に代表される高速モバイル通信サービスを比較しながら紹介していく。

自宅のインターネット回線は光回線がベスト

自宅のインターネット回線というと、最近では光回線が中心だ。

光回線に対応していないマンションなどの場合はADSLやケーブルインターネットが選択肢になるだろうが、既にフレッツADSLが新規受付を終了したように、今後は、光回線以外の固定インターネット回線はケーブルインターネット以外はないと思われる。

一人暮らしなどであまり大量なデータ通信量が無い場合は、固定インターネット回線は引かずにWiMAX2+などの高速モバイル通信を契約することで代用することも増えているようだ。

一人暮らしでは固定電話を引かないことも少なくなくなり、こういう場合はわざわざ固定のインターネット回線を敷くのではなく、モバイル回線で済ませてしまうことも不可能ではない。

これなら工事の必要もないので、引越してもすぐに使えるのが最大のメリットだが、一方で通信速度は光回線には及ばないし、データ量が増えると制限がかかるなどのデメリットもある。

自宅でインターネットを使う場合は、どうしてもデータ量が増えるし、スマホのデータ量を減らす目的なども考慮すると、制限のあるモバイル通信だと厳しと言わざるをえない。

例えば、WiMAX2+ならギガ放題プランを選択することで、データ通信量の上限はなくなるが、それでも3日間のデータ量次第では速度制限がかかる可能性はある。

特にWindowsのアップデートなどは、データ量を一気に消費し結構データ量に気をつかうことになる。複数のパソコンを接続するという話になるとかなり厳しいことになりかねないのだ。

それでも一人暮らしならまだ1台や2台の話で済むだろうが、家族がいるとその数は増えるだろうし、インターネットを利用する頻度も増えるだろうから、データ量という点から考えると、固定のインターネット回線を敷くことをおすすめする。

実際、筆者もWiMAX2+で代用したことがあったが、データ量はビックリするくらいカウントされていた。幸い速度制限にかかった印象はなかったが、いつ引っかかるのかドキドキしながら使うのは、あまり気分は良くないものだ。

スマホのデータ量を減らしたい人なら尚更だろう。

その点固定回線の場合、よほどのことがない限り制限がかかることはないし、何より速度も光の方が速いわけだから、自宅のインターネット回線では光をおすすめしたい。

光回線はなんとなく高額なイメージだが、料金はモバイル回線とあまりかわらない。

ただし、集合住宅の場合、光回線に対応していないと契約することができない。最近は比較的小規模な集合住宅でも対応しているケースも多いが、古い建物など対応していない集合住宅も少なくはない。

このような場合は各戸でそれぞれ契約してケーブルの引き込み工事してもらうこともできる場合もあるが、マンションの構造によっては壁に穴を開ける必要があることもあり、大家の許可が無いと工事ができず、光回線を諦める必要もでてくる。

光回線が利用できない場合のインターネット回線比較

先述したように、光に対応していない集合住宅に済んでいたり、そもそもエリア外など、光回線が利用できないケースも少なくない。

その場合の選択肢としては、ケーブルテレビの会社が提供するケーブルインターネットかADSLと言うことになる。

まず、ADSLだが、ADSLは固定電話を引き込める状態ならまずは繋がる。

ただし、電話局から遠くなるほど回線速度は遅くなるため、特に地方などに住んでいる場合は、注意する必要があるだろう。

また、集合住宅の場合も電話の引き込むところに特殊な装置が設置されている場合があり、それによってADSLを引き込めなかったり、ADSLは引き込めたけど、頻繁に接続が切れるなどのトラブルもなくはない。

しかも、フレッツADSLやワイモバイル(旧イーアクセス)では既に新規契約を終了してしまった(但し、フレッツADSLの場合フレッツ光の対象エリア外では新規契約できる)。Yahoo BBなど、プロバイダーの中にはADSLのサービスを継続しているところもあるため、まだ全く契約できないことはないが、今後はADSL回線を契約することはますます難しくなるだろう。

一方、ケーブルインターネットは、当然ながらエリア内にあることが絶対条件だ。

しかも、光回線が対応していない集合住宅で導入できないように、ケーブルインターネットも集合住宅自体が対応していないとどうしようもない。

光回線なら個別に対応してもらうことも場合によっては可能だが、ケーブルテレビはあまり期待できないためケーブルインターネットの方が光回線以上に導入の壁は厚いかもしれない。

また、ケーブルテレビの会社がモデム設置の工事に来ることになると思われるので、昼間に自宅に誰もいないとなかなか調整が難しいとか、工事日の都合で、回線乗り用までのタイムラグがそれなりにあるというデメリットがある。

また、IPがローカルIPになっていることも多く例えばオンラインゲームなどはできないなどの問題もある場合があるので、どうしてもやりたいことがあるのであればそれに対応しているかを確認しておく必要があるだろう。

それでも、通信速度は光回線に匹敵するくらいに高速のサービスもあるので、一般的な使い方なら光回線と比較しても遜色ないだろう。

あとはケーブルをテレビを見るのなら、インターネット回線もケーブルインターネットで一緒に契約した方が安くなるだろうから、料金面や、細かなオプションなどのサービス内容で比較する程度だろう。

モバイルのインターネット回線

モバイルのインターネット回線というと、スマホなどでテザリングという方法もあるが、常時使用するとなるとバッテリーの問題もあるし、回線速度のこともある。何よりデータ通信量が大幅に増えて割高になることから、頻繁に利用するなら別途モバイルデータ通信回線を契約する方がいいだろう。

LTEの普及で通信速度は大幅に速くなり、格安SIMの普及で格安に複数回線を契約できるなど選択肢は大きく増えている。

しかし、通信速度はそこそこで、通信量が多い方がいいというユーザーにとっては、割高な現状ではある。

海外WiFiレンタルは、ちょっとレアケースになるが、海外旅行に行くときに、WiFi接続できるルーターを貸し出すサービスだ。

これだけインターネットに接続することが日常になると、メールやソーシャルメディアのチェックだけでも毎日しないと不都合があることも多いだろう。

海外に行った時に現地でSIMを買って、SIMフリーのルーターやスマホで利用するという方法もあるが、慣れないと難しい。その点、海外WiFiレンタルなら持って行けばすぐに使えるなどメリットも多い。

WiMAXキャンペーン比較!お得なワイマックス2016年12月版

WiMAXキャンペーンの情報を各WiMAXプロバイダ別にお得なキャッシュバックキャンペーンなどを比較。

格安SIM・格安スマホ比較ランキング

最近は格安SIMがたくさん登場している。格安SIMならではの制約はあるが、限られた用途であれば、必要十分な速度で、尚且つ、低価格で自分の普段の使い方にあわせて比較しよう。

2016/09/27 10:02:54

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

  • 格安スマホ比較!おすすめ格安スマホは1,980円~格安スマホ比較!おすすめ格安スマホは1,980円~
    格安スマホでスマホ代は本当に安くなるのでしょうか?今なら月額1,980円からのプランが中心になっており間違いなく格安だ。安かろう悪かろうではないの?格安スマホに変更したいけど難しくない?など格安スマホの疑問を解消!
  • WiMAXキャンペーン比較!お得なワイマックス2016年12月版WiMAXキャンペーン比較!お得なワイマックス2016年12月版
    WiMAX2+の各社キャッシュバックをはじめとするキャンペーンが盛んで比較するのも大変。今月の凄いワイマックスキャンペーンを比較し紹介している。繁忙期に入っているためWiMAXキャンペーンは充実している。
  • フレッツ光キャンペーン比較ランキング!フレッツ光キャンペーン比較ランキング!
    フレッツ光はNTT東日本やNTT西日本から申し込むこともできるが代理店の方がキャンペーン内容がお得だ。工事費無料はもちろん、キャッシュバック金額も大きなキャンペーンも多い。フレッツ光のキャンペーンを比較してランキングで紹介している。
  • 光回線比較 光インターネット回線はキャンペーン比較しないと損!光回線比較 光インターネット回線はキャンペーン比較しないと損!
    インターネット回線は光回線が一番人気。光回線も複数社あるので比較が必要。光比較ならキャンペーン比較もぜひしておきたい。フレッツ光の光コラボレーションもあるから光だけでなくてトータルの通信費で比較もしたいところ。