ポケットWiFiとは

Rakuten WiFi Pocket

ポケットWiFiはソフトバンク(元イーモバイル、現ワイモバイル)の商標だが、一般的には5G、4G、3Gを使ったモバイル通信できるポケットサイズのモバイルWiFiルーターでのインターネットサービスのことを指す。

ポケットWiFiとは、ポケットに入るモバイルWiFiルーターを使ったモバイル通信という意味だろうから、データ通信の回線についてはLTEや3G回線のみならずWiMAXや格安SIMなども含めて検討されることも多い。

このページを読んでいる方の中にも、ワイモバイルのポケットWiFiでないとダメだという人よりも、もう少し広義なポケットwifiということで検討されている人も多いのではないだろうか。

そのため、以下では広義のポケットWiFi(モバイル回線)でおすすめのサービスを比較紹介していく。

また、最近はスマホのデータ通信量も増えており、わざわざポケットWiFiを持たなくてもテザリングで事足りることも多い。5Gになればデータ量の上限がないプランとなるため、今後ポケットWiFiよりテザリングが中心になるのかもしれない。

テザリングも含めてモバイルデータ通信のための料金比較をしていく。

ところで、ホテルでホテルの固定回線に繋いでスマホなどからWiFiを使えるようにする小型のWiFiルーターもあるが、これらはホテルルーターとかモバイルルーターと呼ばれており、このWiFiルーターは別途インターネット回線が無いといこともあり、ココでは紹介していない。

ホテルルーターに興味のある方はこちらを参照いただきたい。

ポケットWiFiの選び方

ポケットWiFiには様々なサービスがあるが、大きく分けると3つのモバイル回線がある。

  • WiMAX
  • モバイルWiFi・クラウドWiFi
  • LTE
  • ワイモバイルのポケットWiFi

ワイモバイル以外のWiMAXやLTEには色々なプロバイダが同じようなサービスを提供している。

そしてLTEは、docomo、au、ソフトバンク、楽天モバイルのキャリアが提供している他、そのキャリアの回線を借りてサービス提供しているMVNOによるサービスの、いわゆる格安SIMがある。

格安SIMと同様のサービスにモバイルWiFiとかクラウドWiFiなどと呼ばれるサービスもある。

モバイルWiFiの回線自体は、各キャリアの回線を利用しており、一般的にはドコモ・au・ソフトバンクの3回線に対応していることが多い。この中からいずれかの回線が自動的に選ばれ接続できるのだが、ソフトバンクが選ばれることが多いと言われている。

各キャリアの回線を使用するため、繋がり易さはLTE同様でWiMAXやワイモバイルのポケットWiFiと比較すると圧倒的に繋がり易い。

(ギガ放題)
WiMAX 2+モバイルWiFi
(クラウドWiFi)
ワイモバイル
主なプロバイダGMOとくとくBB、BIGLOBE他どんなときもWiFi、Mugen WiFi他Y!mobile、Softbank Air
通信速度下り最大1.2Gbps
上り最大30.0Mbps
下り最大150Mbps
上り最大50.0Mbps
下り最大988Mbps
上り最大37.5Mbps
エリア
人口カバー率
100%100%100%
回線WiMAXドコモ、ソフトバンク
au、WiMAX
ソフトバンク
速度制限条件3日間で10GB各社で異なる3日間で10GB
月額料金3,880円~3,280円~4,380円

この中からの選び方だが、比較するに当たって以下のようなポイントがある。

ポケットWiFiの比較のポイント!

  • 実質支払総額
  • 契約期間
  • データ通信量
  • 通信速度と速度制限
  • 通信エリア・繋がり易さ

実質支払総額

WiMAXを中心にキャンペーンが盛んに実施されている。中でもキャッシュバックキャンペーンが人気となっている。

そのため、単純に月額料金だけの比較では、料金の比較ができない。キャッシュバックを含めた料金を比較する必要がある。

しかし、支払総額を計算するためには、契約期間を決めておく必要がある。

契約期間

契約期間が1~3年のポケットWiFiが多い。レンタルの場合であれば、契約期間縛りが一切ないものや、海外旅行用などの短期で借りることができるポケットWiFiもある

契約期間縛りがあるものは、中途解約すると違約金が発生してしまうので、その点も考慮して比較しなければならない。

データ通信量は無制限?!

ポケットWiFiの利用を検討している人なら、データ通信量がある程度多くなるからこそ検討しているのだろう。

従って、ポケットWiFiにはデータ通信量が無制限のものは少なくない。無制限モバイルWiFiなどと呼ばれるものが一般的で容量制限があるのは、LTEの格安SIMだけだ。格安SIMにしても容量制限があるタイプを選ぶのであれば、今ならドコモのahamoなどを選ぶべきで、わざわざ格安SIMを選ぶメリットは少ない。

WiMAXもギガ放題プランでなければ容量制限があるが、ギガ放題プランにしないとWiMAXを使っている意味があまりないと思われる。

このようにポケットWiFiを選ぶのであれば、データ通信量は無制限で選ぶのが前提だと思われる。

逆に、数GB程度であればわざわざポケットWiFiを使わなくてもスマホのテザリングで十分対応できるのではないだろうか。

通信速度と速度制限/速度制限は無制限の大敵!

データ通信量が無制限であったとしても、1日、3日などの通信量が極端に増えると、速度制限されるサービスが多い。

WiMAXであれば、よほど大量にデータ通信しない限り速度制限にかかるとは思えないが、もし固定回線代わりに検討していて、尚且つ、家族全員で使うというケースであれば、かなりの確率で速度制限にかかってしまうだろう。

そのため、速度制限の条件や、速度制限のかかり方などを比較しておいた方がいいだろう。

また、通信速度は、WiMAXやワイモバイルなら速いが、モバイルWiFiは格安SIMと同じであまり期待できない。

通信エリア

どのサービスも人口カバー率は100%なのだが、実際に繋がるエリアとなるとやや異なる。

LTEの場合はかなり広範囲で繋がるのは言うまでもない。

しかし、WiMAXやワイモバイルのポケットWiFiの場合は、LTEと比較するとエリアは狭くなる。

高周波数を使っているため、建物内部などが苦手な側面もあるのだが、一方で通信速度が上がりやすいメリットもある。楽天モバイルも他のキャリアとは異なりプラチナバンドと呼ばれる低周波数帯が使えないため、エリアの狭さ以上に繋がり易さには難がある。

繋がり易さを考えればLTEを使ったサービスがおすすめだが、都心部であればWiMAX等でもエリア的には繋がる筈で、自分の行動範囲をよく考えて選びたい。

なお、WiMAXに関しては無料で15日間借りることができるので、実際に使ってみて自分の行動範囲で繋がるかどうかを確認してみるのもいいだろう。

ドコモの5GギガホプレミアならポケットWiFiはいらない?

NTTドコモの5Gギガホプレミア(7,315円/月)はデータ容量が無制限になっている。しかも、テザリングでの利用もOKとなっている。

ドコモの5Gギガホプレミアならテザリングやペア回線でも無制限!

従って、スマホのテザリングを使えばわざわざポケットWiFiを契約せずに使える。

ただし、5Gギガホプレミアではなくギガホプレミア(7,205円/月)の場合は60GBが上限となっている。

また、LTE内蔵PCやタブレットなどでSIMを挿して使いたい場合は、5Gデータプラス(1,100円/月)など子回線を契約する必要がある。しかも、この場合は上限が30GBとなってしまう。データ容量はペア設定した回線の料金プランに準拠するため、5Gギガホプレミアとペア設定すれば無制限で使える。

メールやブラウザを使う程度なら足りるのかもしれないが、OSのアップデートまで対応しようとすると少々心許ないため、ポケットWiFiの出番となりそうだ。

auやソフトバンクの場合は、無制限になるのは主端末のみでの通信だけでテザリングは対象外となる。テザリングや子回線を使った通信は30GBが上限となっている。

楽天モバイルに関しては、楽天の自社エリアに関すればテザリングでも無制限となるが、エリアがまだまだ狭すぎる。

このように、NTTドコモの5Gギガホプレミアでのテザリング以外は、30GB辺りを境目にポケットWiFiが必要になりそうだ。

ドコモの5Gギガホ プレミアは7,315円/月(税込)と定期契約なしとしてもWiMAXと比較するとかなり高い。WiMAXなら月額4,000円未満ででギガ放題プランが利用できる。

みんなドコモ割で1,100円割引されたとして6,215円。

もしドコモ光を使っているのであれば更に1,100円割引で5,115円。

5,115円ともなるとWiMAXより1,000円ちょっと高いだけだ。普段スマホを使っている前提で考えれば、ポケットWiFiをわざわざ契約するより断然安い。

速度面では、基本的にはLTEでの接続になるため、WiMAXほどではないかもしれないが、十分な速度だろうと思う。格安SIMだと速度が思ったように出ないが、キャリアの回線の場合は格安SIMと比較して十分速い。加えて5Gが使えるエリアなら言うまでもなく速いだろう。

繋がりやすさもLTEの方が、WiMAXと比較するまでもなく圧勝だ。ただし、5Gでの接続と限定してしまうと現状かなりエリアは狭いが、これも遠くないうちに解決されると思われる。

あとは、割引きがない場合くらいだろう。月額7,315円(税込)となると、スマホでの通信量が少ない人の場合はやや負担増になる可能性はある。

しかし、もし仮にポケットWiFiに毎月4,000円払うのであれば、スマホ代3,315円。そんなに高くないようにも思える。

また、ドコモのahamoもテザリングが無料となっている。もし、スマホと合わせて月に20GB程度で治まるのであれば、ahamoにすることで料金を3,000円以内に抑えることもできるのだ。

ワイモバイルのポケットWiFiとWiMAXの比較!どっちがおすすめ?

まずはポケットWiFiを検討している人に、ポケットWiFiと同様に高速モバイルデータ通信のWiMAX2+とどちらにしようか迷っている人に向けて比較してみたい。

まず最初に、ポケットWiFiとWiMAXのどちらがおすすめかを書いておくと、WiMAXが圧倒的におすすめだ。

通信速度で比較

さて、ワイモバイルのポケットWiFiとWiMAXの比較だが、最初に通信速度で比較してみる。こちらも結論からいえば通信速度はワイモバイルよりWiMAXの方が速い

ただし、WiMAXの場合ちょっとビルの中に入っていくと繋がりにくかったり、地方に行くと、エリア外と言うことが多い。これは、WiMAXが2.5GHzと5GHzという高い周波数帯を使っているためだ。

高い周波数は直進性が強く、コンクリートなどで反射するなどするため建物などが苦手なのだが、その代わり通信速度が速くなる特徴がある。

一方で、ワイモバイルはWiMAXと比較して低い周波数の1.7GHz帯を使っているためWiMAXよりは建物内に入っても繋がりやすい。その代わり、WiMAXと比較すると通信速度は出にくくなる

というのがおおまかなところだ。

しかし、ワイモバイルでも、SoftBank 4G LTE(900MHz)やSoftBank 4G(2.5GHz)に対応するルーターが登場している。例えばSoftbank Airは2.5GHz帯のAXGP(SoftBank 4G)回線を使ったサービスだ。

ワイモバイルでは、今後SoftBank 4Gと呼ばれるAXGPという通信方式が主流になりそうなのだがAXGPは2.5GHz帯を使用する。そのためAXGPエリアならWiMAXと条件は同じで、WiMAXでもワイモバイルでも速度も繋がり易さも理論的に違いはない

余談だが、今後普及が見込まれる5Gは、3.5GHz帯以上の周波数が割り当てられるため、WiMAX以上に接続されにくくなると思われる。そのため接続しやすいLTEの低い周波数の利用も検討されているが、低い周波数帯を使うと速度が犠牲になり一長一短がある。

このように、ワイモバイルもWiMAXも速度面やエリア面では大きな違いはない。むしろ5GHz帯をも使用するWiMAXの方が速度的には有利だ。

比較するとすれば、自分がよく利用する場所が”どのエリア”なのかが一つの目安なのだが、実はエリア検索しても周波数の情報は出てこないので、実際に使ってみないと分からないというのが実情だ。

エリアで考えれば、低い周波数帯を使うワイモバイルの方が繋がり易い傾向はあるが、各電鉄会社が最近はWiMAX対応を謳っているので、通勤中など電車で移動する際に利用を検討しているのであれば、WiMAXの方が接続状況が良い可能性は十分あり得る

しかし、多少の繋がりやすさがあったとしても、料金が高くなると元も子もない。

料金で比較

次は料金面も含めて比較してみる。

WiMAXはギガ放題プランというデータ通信量が無制限のプランが人気だ。

そのため、WiMAXの方がデータ量が気になる人には向いているのだが、これに対抗してなのかポケットWiFiもAXGPエリアでアドバンスモードに設定しておけば無制限で使えるプランがある。

ワイモバイルのデータ量無制限のプラン(アドバンスオプション)は、AXGPエリアでアドバンスモードに設定しておく必要がある。

これによりWiMAXと同じ周波数を利用することになるため、ポケットWiFiの方が繋がり易いというメリットは無くなる。いざというときにはアドバンスモードを外すことで、ポケットWiFiの方が繋がり易いというメリットはあるが、この場合はデータ量が7GBなどで制限がかかってしまうため、あくまでも緊急用ということになるだろう。

さて、最後に、どちらがおすすめかと言うことになると通信速度などを求めるのであればWiMAXだ。

繋がりやすさを求めるのであれば、ワイモバイルのポケットWiFiの方が有利なのかもしれないが、AXGPエリアで使うという話になると有利性はなくなってしまう

利用しないとしても7GB/月で速度制限にかかってしまうのであれば、WiMAXのLTEオプションを利用した場合と同じ条件だ。

LTEオプションは本来有料だが3年契約になるとLTEが無料で使えるようになっている。

そして現在主流のWiMAXモバイルルーターはLTE対応であるからWiMAX本来の周波数では接続しにくくても、速度は遅くなるがLTEで接続できる。しかもエリアはauのLTE(800MHz帯)エリアだからほどどこでも繋がる筈だ。

ただし、LTE接続は思わぬ速度制限の可能性があるのであまり積極的にはおすすめできない。この点はポケットWiFiと同じだ。

月額料金ではポケットWiFiがやや有利な感じではあったが、データ量無制限のプランで検討すると、プロバイダが複数あってキャンペーンが盛んなWiMAXが優位だ。

ワイモバイルのデータ無制限プランで、無制限で利用するためにはそもそもWiMAXよりエリアが狭いし、このエリア内で利用するのであれば、WiMAXと同じ周波数帯であることから繋がり易さに大差はない

速度面ではWiMAXの方が速い。

加えて月額料金もWiMAXと似たような価格にもかかわらず、WiMAXならキャッシュバックキャンペーンが年間通して実施されている。

一方、ワイモバイルのポケットWiFiはお得なキャンペーンも期待しづらい。

どうしてもワイモバイルがいいという人でなければ、WiMAXを検討してみた方がいいだろう。

ポケットWiFiを自宅で使うならSoftbank Airがおすすめ?!

近頃はWiMAXやポケットWiFiを固定回線代わりに自宅で使ってパケットの節約に使う人も多い。

ポケットWiFiを固定回線代わりに使うというのは上述したとおりメリットが少ないのだが、もし自宅でしか使わないのであればSoftbank Airという選択肢もある。

Softbank Airはルーターがモバイルルーターではなくてホームルーターになるため、家から持ち出すことはできないがその分安い。

沢山使っても速度制限がかからない。ただし、動画ファイルの通信やIP電話などの一部機能では速度制限はかかる可能性はある。

なお、通信の仕組みはポケットWiFiそのものだが、最大速度は350Mbpsとやや遅い(最大962Mbpsのルーターも登場している)のだが、恐らくはポケットWiFiと遜色ないだろうと思う。

ただし、WiMAXのホームルーターを使う場合とほぼ同等であることや、WiMAXの方が高速であり料金も安いなどの点を考えると、Softbank AirよりWiMAXの方がおすすめだ。

また以前は回線速度も問題なかったのだが、最近のソフトバンクAirは回線速度が遅いとの口コミをよく目にするようになったので要注意だ。

なお、「おうち割 光セット」の対象のため、ソフトバンクのスマホを利用しているのであれば、毎月1,100円割り引かれる可能性があるので、ソフトバンクユーザーなら、かなり割安に利用できるようになる。

ポケットWiFiと格安SIMの比較

次に、ポケットWiFiとLTEの格安SIMと比較してみよう。

まず、ポケットWiFiを探している人が、格安SIMを利用するのであれば、データ量が無制限のプランか、かなりの大容量のプランとなるだろう。

ただし、大容量プランであれば、ドコモのギガホなどと格安SIMでは料金的な差はほとんど無いので、わざわざ品質が悪くなる格安SIMを選ぶメリットはない。

そもそも、速度面では格安SIMの実際の速度はかなり遅めなので、PCで使う場合などは結構ストレスがある。

ポケットWiFiを探している人の中には、スマホの料金を下げる為に使おうという人もいるだろうが、そういう用途なら尚更ポケットWiFiやWiMAXの方が向いているだろう。

格安SIMはあくまでもデータ量が少ない人向けだ。例えば、タブレットやPCを週に1回くらい外で使いたい人で、月に5GBくらいあれば大丈夫というのであれば格安SIMを選ぶのもありだろうが、それ以上となるとおすすめしがたい。

無制限プランの格安SIMはかなり遅めなのでスマホで動画をみたいというような、限定された用途の人なら何とか使えるが、PCを接続して使うような使い方だとどうしても遅さが目立て結局はWiMAXに食指が向くように思う。

ただし、nuroモバイルのデータ使い放題プラン(S)であれば、データ容量は無制限で、月額料金も4,000円未満とWiMAXと比較しても十分メリットはある。

逆に限られた動画サービスや音楽配信サービスを利用するというのであればBIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションのような特定のサービスのみパケットをカウントしないサービスが格安SIMにはある。

おすすめポケットWiFi5選

nuroモバイル データ使い放題プラン(S)

格安SIMのnuroモバイル「データ使い放題プラン(S)」は、ソフトバンク回線のLTEを使ったデータ専用SIMだ。

データ容量が無制限で月額料金は3,828円(税込)だ。

定期契約縛りはないため契約解除料は不要だ。

データ容量としては無制限だが、3日間で10GBを超えた場合は速度制限(700kbps)となる可能性がある。

nuroモバイル

nuro mobileキャンペーン

nuroモバイルは以前So-netブランドで提供されていた格安SIMだ。

新料金プランとなり、ぶっちぎりの安さを前面に押し出してきた。

ドコモ、au、ソフトバンク回線に対応している。

データ専用SIMとして、データ通信量が無制限の「データ使い放題プラン(S)」(3,828円/月)がある(ソフトバンク回線のみ)のも特長だ。

GMOとくとくBB WiMAX2+

WiMAXで一番人気のプロバイダがGMOとくとくBBだ。

GMOとくとくBB WiMAX2+はキャッシュバックキャンペーンが特に人気のWiMAXプロバイダだ。月額割引キャンペーンも若干支払総額は上がるがキャッシュバックを貰い損ねるリスクを考えるとこちらの方がおすすめだ。

GMOとくとくBB WiMAX2のキャッシュバックキャンペーンを利用した場合が、WiMAXプロバイダの中では実質月額料金が最も安いということになる。

なお、WiMAXの場合は、プロバイダ毎に通信速度差が異なるということはないため、基本的に料金で選んで問題ない。

そのため、WiMAXを選ぶのならGMOとくとくBBがおすすめだ。

契約期間が3年で問題なければ、GMOとくとくBB WiMAX2+を選んでおけばいいだろう。

難点は、キャンペーンを適用されるタメにはオプションが必須となっている点だ。もちろん申込時は無料だが無料期間が過ぎる前に解約し忘れると余計な費用負担が必要なる。

このような面倒が嫌なら、多少料金は割高になるがカシモWiMAX1年契約のBIGLOBE WiMAXをおすすめしたい。割高といっても十分安い。

Rakuten WiFi Pocket

Rakuten WiFi Pocket

楽天モバイルからもポケットWiFiが登場している。

楽天モバイルなので、料金プランはRakuten UN-LIMIT Ⅵとなり3,278円(税抜2,980円)/月でデータ容量は使い放題だ。

難点は、楽天モバイルはまだまだエリアが狭い点に尽きる。しかし、データ通信量が1GBまでなら無料になることを考えると、とりあえず申し込んでおいて使ってみるのも悪くないだろう。

カシモ WiMAX

3年契約のWiMAXプロバイダだ。

ギガ放題の料金が3,971円(税込)とシンプルな料金プランになっている。

GMOとくとくBBの月額割引キャンペーンよりも実質支払額が若干安い程度だが、オプション加入なども必要ないので、面倒なことはないので、キャッシュバックキャンペーンが嫌な人にはおすすめだ。

ビッグローブ WiMAX

ビッグローブWiMAXの最大の特長は1年契約できる点だ。

1年契約になるため3年契約のWiMAXプロバイダと比較すると割高だが、中途解約することを考えれば十分に安いレベルだ。

キャッシュバックキャンペーンのキャッシュバックも申込み月の翌月に貰えるため、他のキャッシュバックキャンペーンのように貰い損ねるリスクは小さい。

なによりビッグローブという老舗プロバイダの安心感もあるので、1年程度で考えているのならビッグローブ WiMAXをおすすめした。

なお、仮に3年使うと、GMOやカシモと18,000~23,000円の差となるのだが、月額に換算すれば500~640円ほどの差となる。これを高いとみるか安いとみるかである。

通常WiMAXを3年契約の2年目に解約すると14,000円の契約解除料が必要になるので、2年目に解約する可能性があるのならビッグローブにしておいた方が無難だろう。

加えて、もしビッグローブの固定回線などを利用しているのであれば、毎月200円安くなるので、多少差は小さくなるだろう。

そして、口座振替にも対応している点も特長の一つだ。

更新日:2021/04/06 9:58:57

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ