>

ホームルーター

docomo

最近は、光回線のような固定回線を自宅に敷くより、ホームルーターでモバイル回線を自宅で利用する人が増えている。

特に一人暮らしなどの場合は、固定回線をわざわざ敷く必要性も少なく、また、設置工事が必要ないので、ホームルーターが届けばすぐに利用できるメリットがある。

即日発送してくれるプロバイダも多いため、申し込んだ翌日に利用することも不可能ではない。

ホームルーターの設置は基本的には簡単だ。開封したらコンセントに挿すだけでルーターとして機能する。設定箇所としてはWiFiの設定くらいだ。

モバイルルーターとホームルーターの違い

モバイルルーターもホームルーターもルーターの側でモバイル回線を利用するだけなら違いはあまりないので、わざわざホームルーターを選ぶメリットを感じない人も多いかもしれない。

しかし、ホームルーターには2つ大きなメリットがある。

ホームルーターの長所

  • 電波の届く範囲が広い
  • 同時接続WiFi機器数が多い

電波が届く距離だ。モバイルルーターはポケットWiFiと言われるくらいなので、電波が届く範囲が狭い。せいぜい10~20mほどだ。

一方でホームルーターなら50~60mほど届くと言われている。もちろん、家具や壁などの障害物があるとそれだけ届きにくくなる。

ワンルームならモバイルルーターで十分だが、一戸建てだとホームルーターでないと届かないと思われる。

UQ WiMAX

ただし、モバイルルーターでもクレードルに設置することで、アンテナが増えて感度を上げることは可能だ。これはWiFiのみならずモバイル回線のアンテナ感度も良くなる。例えばWiMAXのWX06はクレードルを利用することで通信速度が60%向上するほどだ。

もう一つのメリットは、同時接続できるWiFi機器の数だ。これもモバイルルーターならせいぜい10台程度が限界だが、ホームルーターになると30~60台繋ぐことができる。

とはいえ、後述するがWiMAXのホームルーターの場合は、同時接続数が20台程度と決して多いわけではない。現実的には20台も繋がれば問題ないだろうが、スペック上モバイルルーターとそんなに大きな差を感じない。

昨今の家電はWiFi接続することも多いため、家族で利用する場合はモバイルルーターでは荷が重いだろう。

ホームルーターの短所

  • 持ち運べない

逆にホームルーターの短所はというと、電源を繋いでいないと使えないため持ち運びできないことに尽きる。

WiFiルーターとしてはモバイルルーターよりは優れているのは上述したが、折角のモバイル回線でも自宅から持ち出せない。

一人暮らしならモバイルルーターで問題なし

一人暮らしや二人で暮らしているのなら、わざわざホールルーターを選ばずともモバイルルーターをクレードルに設置して自宅では利用しておき、外出に持ち出せるようにしておく方法がおすすめだ。

WiFiルーターとしてはモバイルルーターよりは優れているのは上述したが、折角のモバイル回線でも自宅から持ち出せない。

特に一人暮らしなら、誰かの都合で自宅に置いておかなくてはならないということもないので、モバイルルーターでいいだろう。

少し話がホームルーターから逸れるが、以下で少し一人暮らしのWiFiルーターの話に触れておく。

ここではモバイル回線を利用するケースを想定しているが、もし仮に光回線などの固定回線がある場合なら、そこに繋ぐWiFiルーターは、いわゆるWiFiルーターと呼ばれるもので、WiFiルーターとしての機能はホームルーターのそれと同じようなものとなる。

正直なところ、一人暮らしでネットに繋がればいいと思っている程度であれば、安価なWiFiルーターで十分だ。ホテルルーターと呼ばれるホテルで使うような小型のルーターでも大丈夫だろう。

一人暮らしでも、大きな一軒家で一人暮らしともなると話が変わってくるが、一般的に一人暮らしの場合、ワンルームや1DKなど小さな間取りのことが多いはずで、となれば、電波が届かない部屋があるという問題は発生しにくい。

従って、電波が届く届かないの観点でルーター選びをする必要はなく、また、同時接続できる機器数もさほど気にしなくてもいいだろう。そう考えれば、WiFiルーター選びのポイントとしては、価格や速度くらいしかない。

速度に関しては価格に相応するので、自分の希望する価格帯の人気商品を選んでおけば問題ないだろう。

安価なものなら、5,000円以下の商品でも問題ない筈だ。ただし、当然ながら価格が高い方がアンテナの感度もいいし、速度も速いことは言うまでもないので、予算が許すのなら1万円ちょっとの商品がおすすめだ。

これもエントリーモデルにはなるが、最新の次世代規格Wi-Fi6(11ax)対応している。

モバイル回線のホームルーターと光回線どっちがおすすめ?!

光回線と比較する場合は、モバイル回線のホームルーターは設置工事が不要な点が最大のメリットとなる。早ければ翌日、遅くとも1週間後には利用できるはずだ。

光回線の工事も早くはなっているが、2週間程度はみておく必要があるし、場合によっては2ヶ月ほどかかる可能性もある。

そのため光回線の工事が完了するまでの間に、モバイル回線を貸し出してくれるプロバイダもある。

料金は、WiMAXのキャンペーンなどを利用すればホームルーターの方が安くなるが、劇的な差があるわけではない。

通信速度に関しては、一般論としては、光回線と比較してもWiMAX+5Gやドコモの5Gなどは十分高速であり、光回線の方が速いかもしれない程度の差である。

ただし、モバイル回線は特に接続する場所や時間で速度が極端に変わるし、光回線にしてもIPv6対応していないフレッツ光の夜間などはかなり遅いので、一概にどちらが速いとは言い難い。

結局は、ホームルーターを窓際に設置するかどうかでも変わるし、時間帯でも変わってくるので、速度がどの程度変わるかは実査に使ってみないと分からない部分が多いのだ。

ただし、光回線の最大のメリットであり、ホームルーターのデメリットになるのが、速度制限に関する条件だ。

光回線は、かなり極端な使い方をしない限りどんなに使っても速度制限にはかからないが、ホームルーターによるモバイル回線の場合は、データ量無制限とはいいながらも3日間で10GBなどの条件があるため、その条件に引っかかると速度制限対象となってしまう。

これも一人で利用する場合ならあまり問題にならないのかもしれなが、家族で利用するとなると速度制限の問題はかなり大きいと言わざるを得ない。

従って、複数人で利用するようなケースでは強く光回線をオススメする。

ホームルーター比較

HR01Airターミナル4HOME 5G L11HOME 02
キャリアdocomoSoftbankau/UQ WiMAX
メーカーシャープ製HUAWEI製ZTE製NEC製
最大通信速度4.2Gbps962Mbps2.7Gbps440Mbps
WiFiIEEE802.11 a/b/g/n/ac/axIEEE802.11 a/b/g/n/ac
LANポート1000BASE-T100BASE-T
同時接続数64643020

docomoのホームルーターはシャープ製である。auのホームルーターは、以前のL02まではHUAWEI製だったが、L11は中国のZTE製になっている。ソフトバンクAirのホームルーターもHUAWEI製だ。HUAWEIもZTEもアメリカでは規制対象となっているので、気になる人はdocomoかHOME 02をおすすめする。

docomoのホームルーターが最も高速だが、5Gエリアはまだまだ狭く、またエリア内でも速度が出るとは限らない。

auの最大2.7Gbpsというのも、5G、LTE、WiMAXを全て組み合わせて実現していることもあり、こちらもエリアはかなり限定的だ。

ソフトバンクAirのホームルーターは古く5Gには対応していないので最大速度は遅いが、962Mbpsという速度は一般的な光回線の速度1Gbpsと理論上は遜色ない速度である。

WiMAXのHOME 02は更に遅いが、実効速度から考えれば十分であると考えられる。

そもそも、WiFiの転送速度は最大1,201Mbpsであり、有線LANの1000BASE-Tは1000Mbpsしか出ないのだから、理論上の通信速度を比較しても仕方がない部分は多い。

なお、WiMAXの場合なら、モバイルルーターを購入してそのまま利用することも可能だ。モバイルルーターだけだと自宅が広いとWiFiの感度が物足りないかもしれないが、クレードルと組み合わせればWiFiの感度も上がる。

一人暮らしの場合などは、いざという時に持ち出せるモバイルルーターとクレードルの組み合わせの方がおすすめだ。

docomo home 5G

docomoのhome 5Gは、2021年8月下旬提供開始予定となっている。

ルーターは、ホームルーターのHR01のみとなっている。

料金プランも「home 5G プラン」のみだ。別途スマホを利用しているのであれば、スマホ料金が毎月1,100円割り引かれる。ただし、「5Gギガホ プレミア」「5Gギガホ」「5Gギガライト(1GB超)」「ギガホ プレミア」「ギガホ」「ギガライト(1GB超)」に限る。

また、同一ファミリー割引グループ内でドコモ光を契約している場合は「ドコモ光セット割」が適用される。

home 5G プラン

  • 4,950円/月
  • データ量は無制限
  • 「home 5G セット割」で各回線が1,100円/月割引

契約事務手数料は3,300円。ホームルーターのHR01の代金は未定だ。

データ量は無制限となっている。3日間のデータ量として定まっていないようだが、速度制限がかかることはある。また、大量のデータ通信を行ったり、長時間接続し続けた場合などには制限されることがあるので、サーバーを公開するような用途には使えない。

月額料金は、4,950円となっている。同等のサービスである「5Gギガホプレミア」は7,315円であり、home 5Gでは音声通話はできないのだが・・・比較するとかなり割安だ。

home 5G パック

「ケータイ補償サービス550円/月」と「ネットワークセキュリティ385円/月」がセットになって770円/月と、165円割り引かれるパックも用意されている。

とはいえ、ホームルーターなので、水濡れなどのトラブルはほぼ無いだろうから、「ケータイ補償サービス」に入る必要性があるかは微妙な所だろう。

更新日:2021/07/29 7:33:13

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ