WiMAXルーター比較

最新WiMAX+5Gのおすすめルーター機種はどれ?!

WiMAXは従来はモバイル利用が大半だったが最近は自宅で固定回線の代わりとしての利用も増えている。

そのためルーターもモバイルルーターのみならずホームルーターも登場し、しかもホームルーターはとても人気を集めている。

WiMAXのモバイルルーターもホームルーターもそれぞれ2社から販売されており最新機種としては2機種ずつある。

ただし、機能的には大きな違いは無く、加えて最新機種と旧型機種でも最高速度以外の点では差異は少ない。

そのため、おすすめWiMAXルーターの結論としては、モバイルルーターかホームルーターかさえを決めてしまえば、どちらのメーカーの機種でもいいので、あとはキャンペーンで安い方があるなら安い方で問題ない人が大半だろう。

さらには、最新機種と一世代前の機種を比較しても殆ど違いはないので、旧機種の方がキャンペーンの条件がいいことも多いことから、敢えて旧機種を選ぶこともおすすめする。

モバイルルーターとホームルーターどっちを選べばいい?!

WiMAXのルーターには、モバイルルーターとホームルーターの2種類がある。

モバイルルーターは、文字通りモバイル用途のルーターで、外出時に持ち運んで使えるものである。

一方でホームルーターは、室内でコンセントに繋いで繋いで使うものだ。

これだけみれば、モバイルルーターは当たり前だが室内でも使えるので、ホームルーターを選ぶメリットはないようにも思える。

ところが、ホームルーターにはホームルーターのメリットがある。

ホームルーターのメリット

  • 同時に接続できるWiFi機器が多い
  • WiFi機器が繋がり易い

モバイルルーターの場合、沢山のWiFi機器を同時に接続して使用することは想定されていない。

スペック上は16台ほど接続出来るように書いているが、実際のところはそんなにたくさんの機器を繋ぐと動作が重くなる。

一方でホームルーターの場合は、20台以上とスペック上も台数が多いが、実際に接続できる台数も多い。

もちろん、回線がWiMAXであるため、たくさんの端末を繋げてもWiMAXの回線速度が上限となってしまうため使い難いが、それでもモバイルルーターよりは安定する。

特に昨今いろんな家電機器がWiFi対応してきているため通信自体は少なくともたくさんのWiFi機器がルーターに接続したい。

こういう場合にはホームルーターを使うべきだろう。

そしてホームルーターのもう一つのメリットは、アンテナがモバイルルーターより優れている点だ。

モバイルルーターは筐体が小さいためアンテナの大きさも控え目だ。

一方でホームルーターの場合には、アンテナ設置のスペースがたくさんあることから、WiFi機器との接続も安定感があるのだ。

モバイルルーターの場合もクレードルに設置することでアンテナが増えるので、基本的に家で使うが時々は持ち歩きたいという人ならば、モバイルルーター+クレードルの組み合わせも悪くない。

ただし、この場合も同時接続機器数は増えないため、あくまでもモバイルルーターは1~2人の少人数で使う前提だと考えておいた方がいいだろう。

WiMAX+5Gのルーターの比較

以下、ホームルーター、モバイルルーターでそれぞれ比較して紹介する。

なお、対応周波数帯に関してだが、仕様上の表記は若干異なるが、これは発売時期によって記載方法が変わっただけで、「NR化」と「<sub6・ミリ波>以外の周波数」は同じと考えていい。

WiMAX+5G ホームルーター比較

ルーター名L12L11
メーカーNECZTE
最大速度2.7Gbps2.7Gbps

WiMAXのホームルーターは、NECプラットフォームズ社製のL12とZTE社製のL11がある。

L12は2021年11月上旬新発売予定だ。

ZTE社は、ファーウェイと同様アメリカでは規制対象となっている。気になる人はNECプラットフォーム社製のL12をおすすめする。

仕様的には特に大きな差はない。

WiMAX+5G モバイルルーター比較

ルーター名X11Galaxy
メーカーNECSamsung
最大速度2.7Gbps2.2Gbps
連続通信時間約490分約1,000分

WiMAX+5Gのモバイルルーターを紹介しておこう。

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiはサムスン製のWiMAX+5Gのモバイルルーターだ。下り最大速度は2.2Gbpsとなっており、他のWiMAX+5Gルーターと比較すると若干遅い。X11はNECプラットフォームズ社製で、最大速度は2.7Gbpsだ。連続通信時間はGalaxyの半分程度となっているが、連続通信時間約490分というとおよそ8時間あるので、実際には必要十分な時間は確保できていると考えられる。また、X11はアンテナ内蔵クレードルも(別売)あるため、これを利用すれば自宅で利用する際に安定性が増す。

WiMAXルーターの通信モードで比較

まずは、通信モードを解説しておきたい。正直なところWiMX2+での利用を考えると比較ポイントであるとは言えないが、一応、簡単に触れておく。

ハイスピードモード(標準モード)

これは、WiMAX2+が利用できる通信モードで、下り最大220Mbpsとなる。もちろん、ルーターやエリアの対応状況によっては、下り最大110Mbpsとなる。

標準モードと言うくらいだから、通常はこのハイスピードモード(標準モード)で通信することとなる。従って、これに対応していないと通信できないわけで、未対応ルーターは存在しないので、これをわざわざ紹介する意味がないくらいだ。

ノーリミットモード

これは、WiMAXを速度制限なしで利用できる通信モードで、下り最大13.3Mbpsとなる。

WiMAX2+でなく、WiMAXだ。現在、WiMAXの帯域はWiMAX2+用に変更されており、どんどん狭くなっているので、この理論値の値よりずっと遅いと思われる。今後このモードを使う意味も無いため、新型のルーターは未対応となっている。

よって、ノーリミットモードに対応しているルーターを選ぶ意味もほとんどなく、無視しておいていいだろう。

ハイスピードプラスエリアモード

ハイスピードプラスエリアモードは、auの4G LTEが利用できる通信モードだ。下り最大75Mbpsとなっている。

ハイスピードプラスエリアモードに切り替えることで利用できるのだが利用した月だけ1,005円/月(税抜)の「au 4G LTE」オプション料金がかかる。ただし3年契約でWiMAXを契約するとオプション料金が無料となる。

WiMAXエリアは、広がったとはいえ、auのエリアと比較すれば狭い。

しかも、WiMAXは高い周波数帯を利用していることもあり、建物の内部などは苦手で、ビルの中に入ったらエリア内なのに繋がらないなんてことはありがちなのだ。一方のLTEは周波数帯が低いため、障害物があっても、結構まわりこんできてくれて接続できることが多い。

そのため、どうしても繋がらないと困るという人は、このハイスピードプラスエリアモードに対応したルーターを持っていると便利だろう。

ただし、このハイスピードプラスエリアモードを使うとギガ放題プランでも速度制限がかかってしまう可能性があるので、その点は注意が必要だろう。

WiMAXルーターの高速化方式で比較

通信モード比較は一応したが、あまり意味がないのだが、この高速化方式も、2019年現在、あまり意味が無くなってきたといってもいいだろう。

WiMAXは2015年春から220Mbpsに対応したわけが、その高速化への対応方式が、キャリアアグリゲーションと4x4MIMOの2種類あるのだ。

そして、従来はこの両方式に対応しているルーターは無ったので、どの高速化の方式に対応しているかでエリアにおける最高速度が異なっていたのだ。しかし、現在ではどのエリアでも両方式に対応しており、またルーターも両方式に対応していることから、ユーザーが意識するようなことは殆どない。

4x4MIMO

まずは、4x4MIMOで高速対応しているのがNECのWX03、WX04などの名称のルーターだ。

この技術はWiMAX2+の全ての基地局でスイッチ一つで切り替えるだけで利用できることもあり、当初より広いエリアで対応している。

キャリアアグリゲーション(CA)

もう一つがキャリアアグリゲーションだ。キャリアアグリゲーションによって高速化対応しているルーターが、ファーウェイのW01、W02だ。

この方式は、4x4MIMOのように基地局をスイッチ一つで切り替えるだけで対応とはいかず、基地局を一つずつCA対応に変更していく必要がある。

そのため、どうしてもエリアの広がりが遅いのだ。当初は、ほとんど、未対応エリアばかりだったが、現在は全国的にかなり対応できている。

それでも、UQ WiMAXではそれぞれの方式で下り最大220Mbpsに対応していないエリアのリストを公開しているが、キャリアアグリゲーションの方が4x4MIMOの3倍くらい非対応エリアが多いので、まだまだ4x4MIMOの方が有利なのは間違いない。

そうは言っても、これはあくまでも一般論である。自分が頻繁に利用するエリアがどこなのかによって、全然意味が違ってくる。

更新日:2021/10/08 10:18:56

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ