おすすめ光回線の比較

いつからかインターネットを自宅や外出先で使うことはパソコンのヘビーユーザーなら当たり前のようになり、スマホの登場でほとんどの人がどこかでインターネットに接続してデータ通信をするようになっている。

データ通信をするとなると、何らかのインターネット回線が必要だ。

ここでは、自宅などに光回線などを引く固定回線と、WiMAX2+に代表される高速モバイル通信サービスを比較しながら紹介していく。

おすすめ光回線比較のポイント

おすすめ光回線比較ランキング

光回線と一口に言っても光回線にもいくつかの会社が提供している。

自宅まで光ファイバーのケーブルを敷く必要があるため、沢山の会社があるわけではないが、首都圏等ならいくつかの光回線を比較検討することができる。

一方で地方都市などは、フレッツ光か、せいぜいauひかりまでだろう。

光回線といえばフレッツ光がおすすめ

当然といえば、当然なのだが、NTT東西のフレッツ光が光回線では一番人気だ。

フレッツ光が他の光回線と比較して人気なのは、いうまでもなくエリアの広さに尽きる。

他の光回線が、一部地域だけにしか対応していないのと比較して、フレッツ光は日本全国をエリアにしているのだから当然の結果だろう。

都市部でも、集合住宅の場合はその集合住宅が対応している光回線しか使えないことになるが、その点でもフレッツ光が対応していることが多い。

従ってフレッツ光以外の光回線の選択肢がない人も少なくない。例えばNURO光を使いたいと大阪の人が思ってもどうしようもない。

また、最近は光コラボレーションとして、ドコモやソフトバンク、その他プロバイダーなどが、フレッツ光を卸して割引価格で提供する等をしている。ドコモ光やソフトバンク光という名前を聞いたことがない人は少ないのではないだろうか。

このフレッツ光の光コラボレーションを絡めた料金比較をすると、単に光回線の料金だけで比較するのではなく、スマホまで含めた家族の通信費をトータルで比較しないとどの光回線が安いか分からない。

また、フレッツ光を契約するに当たっても、様々なキャンペーンが実施されている。

フレッツ光は、NTT東日本とNTT西日本のサービスであるため、両社に直接申し込む人も多いだろうが、キャンペーンとしては代理店経由の方がお得度が高いことが多い。

もちろん、上記の光コラボレーションの場合も、各プロバイダーがキャンペーンを実施していることもあるため、申し込むタイミング次第ではあるが、キャンペーンを確認してから、どのサイトから申し込むかを比較検討することをおすすめする。

フレッツ光・光コラボレーションキャンペーン情報などの詳細はコチラ

auスマホを使っているならauひかりがおすすめ

フレッツ光が、光コラボレーションを始めるきっかけになったのが、このauひかりだろう。

auスマートバリューというサービスだ。

ドコモ光やソフトバンク光がフレッツ光を利用しているのに対し、このauひかりは、KDDIだけあって独自の回線を敷く。

さすがにフレッツ光には及ばないが、広範囲で利用できる。

速さで選ぶならNURO光がおすすめ

so-netの光回線がNURO光だ。

サービスエリアは関東圏だけだったのが、ようやく関西もサービスエリアとなっている。

最近では、まだ狭いエリアだけだが、10Gbpsのサービスを開始する他、2Gbpsの光回線など、高速な光回線に注力している。

投資で使うなら複数の光回線という選択もある!

株式投資やFXなどのトレーダーがパソコンのモニターを6枚くらい並べている写真をみることがあるが、彼らにとっては情報は命だ。

そのモニターに表示されている情報を元にトレードする。

従って、ネット回線が途切れると話にならない。ましてやネット回線を通じて取引するわけだから、高速回線である方がいい。

高速で且つ安定した回線が必要だ。

光回線は、自宅に敷く回線としてはその条件を満たしている。しかし、光回線といっても、全く繋がらないことはある。

物理的に繋がらなくなった場合は、どうしようもないが、上位設備の影響で繋がらないこともよくある話だ。

ネットで映画を観ているくらいなら、よくある話だで済むところだが、これがトレードともなると、一度に失う金額は計り知れない。

そのため、複数の回線を用意している人もいる。

光回線にも、上述したとおり、NTT以外にもNUROやau、他にも地方によっては存在する。例えば関西ならeo光という光回線は人気の光回線の一つだ。

フレッツ光以外の光回線の場合は、だいたいプロバイダーを別途契約する必要がない。必要がないというよりは選択できない。

逆にフレッツ光はプロバイダーを選択できる。もちろん、光コラボの、例えばビッグローブ光のような光回線だとプロバイダーがセットになってしまっているので、この場合はBIGLOBE以外は選べないのだ。

何故、こんなことをかいているのかというと、光回線が繋がらない理由の多くはプロバイダーに問題があることが多い。簡単にいえばユーザーを捌ききれなくなっていることが多々ある。

もし一度回線の接続を停止して繋ぎなおしたら、通常通りに繋がったというのであればいいが、そうでないこともある。

そういった場合に備えて、フレッツ光ならプロバイダーを2社契約しておくという方法もある。

ちなみにフレッツ光なら、2社とも同時に接続することもできる。このように比較的安価なバックアップ回線としても利用できるのだが、これがフレッツ光側の問題になれば、もはやプロバイダーがどうしようが関係なくなってしまう。

そのため、もし予算的に余裕があるのなら、更に別の光回線を契約しておくという方法もありだろう。

光回線だけでは不安だというのであれば、CATVに、モバイル回線のWiMAXなどまで用意しておけば、いざというときに助かるだろう。

ちなみにフレッツ光のプロバイダーだけを追加するのであれば、追加の月額で1,000円代の支出ですむ。光回線をもう一つとなると5,000円以上は必要で、モバイル回線となると更に5,000円と増えていく。

フレッツ光と、別の光回線一つ、そしてWiMAX。加えてフレッツ光はプロバイダーを2社。ここまですればほぼ完璧だ。というか、これ以上の対策はなかなか難しいだろう。

しかし、月額の費用としては2万円もし無い筈だ。トレーダーとしてネットを利用しているのであれば、このくらいの投資をしておいても損はないのではないだろうか。

更新日:2018/09/12 13:16:41
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

  • フレッツ光キャンペーン比較ランキング!フレッツ光キャンペーン比較ランキング!
    フレッツ光はNTT東日本やNTT西日本から申し込むこともできるが代理店の方がキャンペーン内容がお得だ。工事費無料はもちろん、キャッシュバック金額も大きなキャンペーンも多い。フレッツ光のキャンペーンを比較してランキングで紹介している。
  • 格安SIMとは?!おすすめMVNOの格安SIMプランはこれだ!格安SIMとは?!おすすめMVNOの格安SIMプランはこれだ!
    格安SIMでスマホ代は本当に安くなるのでしょうか?今なら月額1,980円からのプランが中心になっており間違いなく格安だ。安かろう悪かろうではないの?格安SIMに変更したいけど難しくない?など格安SIMの疑問を解消!
  • WiMAXキャンペーンのおすすめを比較!2018年11月最新版WiMAXキャンペーンのおすすめを比較!2018年11月最新版
    WiMAX2+はキャンペーンが盛んだが各社のキャンペーンは日を追う毎に複雑化しているのだが、今後は3年契約のみとなる見通しだ。2018年10月末現在販売されているルーターの在庫がなくなり次第、3年契約のみとなるので2年契約したい人はとにかく急いで契約すべきだ
  • おすすめルーターはこれ!いろんなWiFiルーターを比較おすすめルーターはこれ!いろんなWiFiルーターを比較
    おすすめのWiFiルーターを紹介します。WiMAX2+で人気のルーターから、ポケットwi-fi、自宅で無線LAN用WiFiルーター、ホテルルーターまで様々なWiFiルーターを比較しながらおすすめを選んでいきます。