最近、ドコモ光と同じように人気なのがソフトバンクの光回線サービスのSoftbank光だ。

ソフトバンク光もドコモ光同様フレッツ光の光コラボを利用したサービスだから、エリアは日本全国に対応している。ソフトバンクのスマホを使っているのなら是非検討したい光回線と言えるだろう。

ソフトバンク光のプロバイダはYahoo!BB

ソフトバンクの光回線サービスには「Yahoo! BB 光 with フレッツ/フレッツコース」と「SoftBank光」がある。

Yahoo! BB 光 with フレッツ/フレッツコースは、NTT東日本・NTT西日本が回線事業者のフレッツ光を利用し、ソフトバンクはプロバイダとしてサービスを提供している。

一方のソフトバンク光は光回線自体もソフトバンクが提供している。と、ソフトバンクのHPには書かれている。

ソフトバンクはADSL回線を提供していることから光回線もソフトバンクが自前で敷設しているように見えるが実際にはそうではなく、フレッツ光コラボレーションを利用したサービスだ。

従って、イメージとしてはビッグローブ光やOCN光などと同じで、光回線自体はフレッツ光を使ってプロバイダーとしてソフトバンクが存在する。基本的にはドコモ光と同じだ。ドコモ光とソフトバンク光の最大の違いはプロバイダーを選べない点だろう。それ以外に違いはない。

Yahoo!BB 光 with フレッツ/フレッツコースと何が違うのかというと、料金がソフトバンク光として契約する方が安くなるのと請求自体も一括請求となる点だ。加えてソフトバンクのスマホと一緒に使うと全体で割り引かれる。

契約自体も一括となるので、フレッツ光のようにプロバイダーだけを変更したいと思っても一旦、回線も含めて解約し、別途契約し直す必要がある。これは他の光コラボも同様だ。

そのため、もしプロバイダーを変更する可能性があるのなら、光コラボではなくフレッツ光として光回線を契約しておくことも検討したい。

ソフトバンク光のエリアはフレッツ光と同じ

ソフトバンク光はフレッツ光コラボレーションを使ったサービスであるため、フレッツ光のエリア内であれば利用できる。

そのため日本全国ほぼ全てが対象エリアだといえる。

この点は、独自の光回線サービスと異なり最大のメリットと言えそうだ。

SoftBank光の費用

ソフトバンク光の料金だが、まずは初期費用をみてみよう。

契約事務手数料が3,000円、そして開通工事費が必要だ。

既にフレッツ光だ導入されているマンションなどに住んでいるのであれば、立ち会い工事の必要がないため、このようなケースでは2,000円となっている。

しかし、一般的な一戸建てなどでは立ち会い工事が必要となり、この場合は24,000円必要だ。ただし、宅配配線が既にある場合などは9,600円ですむ。光ファイバーが導入されていないマンションの場合も同様だ。

SoftBank光の月額料金

SoftBank光ファミリー・ライトというプランがある。これは、インターネットの利用機会が少ない人向けに、料金が二段階定額料金となっているプランだ。

2年契約の自動更新プランと、自動更新しないプランがあるが、自動更新プランでみてみる。

月額のデータ量で料金が決まり、データ量が3GBまでなら3,900円、その後10GBになるまで従量制となり、10GB以上が5,600円となる。従って上限が5,600円だ。

スマホだけの利用なら10GBで収まるケースも多いだろうが、WindowsなどPCを接続している場合、そのアップデートなどでかなりのデータ量を要するため10GBくらいは簡単に超えてしまう。

もちろん、スマホでも10GB以上のプランがあるように超える人は超える。

このように、わざわざ高い工事費を払って光回線を引くわりにはメリットがあまりないように思える。もし10GBくらいで収まるのであれば、WiMAXソフトバンクAirなどのモバイル回線などをおすすめしたい。

というのも、ソフトバンク 光の通常のプランだと、5年自動更新プランで4,700円、2年自動更新プランでも5,200円なのだ。固定回線を引いてる以上、データ量を気にせず利用したいのは筆者だけだろうか。

ソフトバンク光キャンペーン比較ランキング

以下で紹介するソフトバンク光キャンペーンは、ソフトバンク光代理店独自のキャンペーンになる。

一方で、ソフトバンク株式会社が実施ているキャンペーンもあるが、これは基本的にはどの代理店で契約しても共通で適用される。

ただし、一部併用できないキャンペーンもある。

SoftBank光 キャンペーン

ソフトバンク光では最大33,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施している。

新規にソフトバンク光を申し込むと33,000円のキャッシュバックとなる。他社からの転用の場合は13,000円だ。

もしくは28,000円のキャッシュバックと、Wi-Fiルーター(WHR-1166DHP4)か無線LAN中継機のいずれかを選ぶこともできる。ただし、こちらは新規契約の場合だけとなる。

更新日:2019/01/24 12:09:39
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。