WiMAX2+を検討するにあたり、様々な比較ポイントがある。

まず本当にWiMAX2+という回線でいいのか?どのプロバイダーと契約するのがいいのか?など、様々な比較ポイント毎に、詳細に解説してみた。

結論から言えば、ギガ放題プランがおすすめで、

WiMAX契約プランの比較

WiMAX2+の契約プランには、通常プランとギガ放題プランの2種類がある。通常プランは月間7GBを超えると速度制限がかかってしまう。

ギガ放題プランの場合は月間のデータ通信量による速度制限はない。

ただし、3日間で10GB以上使うと速度制限はかかってしまう。

3日間で10GBということは、ギガ放題プランでも月間100GBが限界っぽいのだが、実際には、速度制限対象になるのが翌日18時頃から翌々日2時頃までの8時間ほどであるため、実際には100GB以上を使うことも可能ではある。

筆者は上記時間帯はほとんど利用しないため、実際には速度制限がかかっていても気づかない可能性が高い。実際、かなり使い込んでも速度制限を感じたことは全くなかった。

3日間で10GB以上という条件なので、通常プランの場合はどのみち速度制限対象となる。

やはりWiMAX2+の良さはこの使い放題な部分にあると言えるだろう。速さも魅力の一つかもしれないが、速さで言えばLTEでも問題ないだろう。しかしLTEは使い放題がなくはないが使い勝手が良くない部分が多い。

その点においてWiMAXはギガ放題プランを提供しており、使い勝手が段違いといえよう。従って、WiMAX2+を契約するのならギガ放題プランを強くおすすめする。

10GBのデータ量の目安

ところで、10GBとはどの程度のデータ量なのかを紹介しておこう。

Youtubeの場合、高画質HDで13時間、超高画質なら7時間と、この辺は油断をすると超えてしまうレベルだが、標準画質SDだと約47時間もかかる。3日間で47時間だとすると、毎日16時間近く見続けなくてはならないので、かなり難しそうだ。

そもそも速度制限といっても概ね1Mbps程度の速さがあり、YouTube動画の標準画質レベルなら視聴可能な速度となっている。

このように、10GBを超すのはかなり贅沢をしないと難しい。そうはいっても、スマホなどで使うならその通りなのだが、パソコンを接続すると少々問題が発生する。

一番の問題はWindows Updateだ。これが動くと10GBや20GBくらいあっという間に消費しかねないのだ。ましてや家族でPCを使って・・・となると、速度制限を免れようがない。

最近のWiMAXは速度が上がってるおかげもあり、固定回線の代わりとして利用するホームルーターを選ぶ人も多いが、一人暮らしならまだしも、家族と一緒に使う場合は、少々荷が重いといわざるを得ない。

やはりWindows Updateはできることなら他の固定回線やWiFiスポットなどで実施した方がいいだろう。もちろん、上述したとおり10GBを超えても8時間制限がかかるだけなので、何とかなるレベルではあるのだが・・・

WiMAX2+プロバイダ通信速度比較?やっぱりUQ WiMAXが速い?

WiMAXはUQ WiMAXの回線を使用しているが他のプロバイダーと契約した場合、その速度がどうなるのかが心配という人も多い。

UQ WiMAXでは全く同じ状態で各社に提供しているため、原則、同じ速度になるそうだ。

ただし、プロバイダー側で何らかの処理をかぶせていたら、遅くなる可能性はあるとのことだ。

実際には、若干だがUQ WiMAXの方が速いようだが、ほとんど影響がない程度とのことだ。

格安SIMであればユーザーの捌き方などISP系のMVNOはやはり上手で通信速度は速い傾向にあるが、WiMAXの場合はそういったメリットは無いと考えていいだろう。

ましてやアクセスポイントへの接続のしやすさに関しては全く関係ないので、安心して好きなプロバイダーを選択してもらって良いだろう。

ところで、そもそもWiMAX2+の通信速度は速いのか?に関しては、格安SIMのLTEのような極端に遅い速度になったことは少なくとも筆者は経験がない。パソコンでモバイルデータ通信するならWiMAX2+が一番おすすめだ。

WiMAX2+の速度や接続など不安な人はUQ WiMAXでTry WiMAXという15日間お試しできるサービスがあるので利用するといいだろう。実際に、自分が使うだろうエリア・時間帯で試してみて問題ないか確認できる。

借りたルーターは返却するのでUQ WiMAXで契約する必要もない。他のプロバイダーと契約しても問題ない。

WiMAXの支払方法で比較

プロバイダー比較の一つになるのだが、支払方法で比較してみよう。

WiMAXを契約するに当たって、その支払方法は、ほとんどがクレジットカード払いとなっている。

口座振替を希望する人も一定数いるのだが、不正申し込みが多いことあり対応しているプロバイダーはUQ WiMAXBIGLOBEなどに限られる。

中には口座振替にするとキャンペーンが適用されないキャンペーンもあるし、基本的にはショボくなる。

このように口座振替の場合はキャンペーンの選択肢が極端に減るというか、ほとんど期待できないと考えた方がいい。

オプションで比較

auスマホを使っていると月額1,000円割り引かれるとか、LTEオプションが無料になるなどはセールスページに書かれてはいるが、これは全てのWiMAXに共通する話なので比較するようなことではない。契約解除料に関しても同様だ。

両社を比較して異なる点があるとすれば、後はオプションだろう。

GMOとくとくBBの場合、安心サポート300円、安心サポートワイド500円、WiFi362円であり、このうち安心サポートとWiFiは2ヶ月、安心サポートワイドは初月が無料となっている。

So-netは、カスペルスキー500円、安心サポート300円、くらしのお守りワイド450円となっており、この全てが12ヶ月間無料なる。これらのサポートを利用したいということであればSo-netの方がお得なのはいうまでもない。

なお、GMOとくとくBBの安心サポートというのはルーターの故障に関する補償で、So-netの安心サポートは使い方などのサポートをさしており、両社のサービス内容が全く異なる点は注意が必要だ。

So-netのくらしのお守りワイドは「自宅の水回り・鍵・ガラスなどの生活トラブル解決をサポートするサービスに、インターネット接続機器の水濡れ・破損の場合の万が一の出費をバックアップする保険をプラスしたくらしのトータルサポートサービス」であり、GMOとくとくBBの安心サポートワイドに自宅関連の補償も加えられたものといえる。GMOとくとくBBの場合ルーターは無料で交換して貰えるが、So-netの場合は全額保障とはならない点も注意が必要だろう。

これらオプションに関して、So-netは申込時に申し込まないという選択ができるが、GMOとくとくBBは安心サポートと安心サポートワイドの選択ができるだけで基本的に契約する必要がある。そのため申し込んだ後に解約する必要があるのだが、この場合、別途料金が発生するリスクがある。最悪の場合はそのままずっと支払い続ける可能性も否定できない。

もしも使い方のサポートなどが必要だと思うのならSo-netの方がいいだろう。

支払額がとにかく安い方がいいのであればGMOとくとくBBだが、So-netの光などを契約している場合は当然So-netの方がおすすめだ。

キャッシュバックの受け取りに関しても、両社ともに登録時のメールアドレスではなく各社が提供するメールアドレスに連絡がいくようになっており、受け取り漏れのリスクはあるので、この点は十分注意したいところだ。

WiMAX対応ルーターで比較

WiMAX2+のルーターは限られている。

モバイル用なら大きく2種類しかないし、加えてホームルーターが一つだけだ。

モバイルルーターの2種類はかつてはLTE対応の有無という大きな差があったが、現在はどちらもLTE対応となっており、比較するような差異はほとんどない。

WiMAX2+とポケットWiFiや格安SIMとの比較

WiMAX2+を検討するに当たって、ポケットWiFiや格安SIMとどちらがいいかを考える人も多いだろう。

結論から言えば、現時点でポケットWiFiを選ぶメリットはない。詳細は下記を参照してもらいたいが、ポケットWiFiをわざわざ契約するメリットは思いつかない。

格安SIMとの比較に関しては、データ通信という点ではWiMAX2+の方がおすすめだが、利用方法によっては格安SIMがオススメな場合もある。

特に動画やSNSのヘビーユーザーは格安SIMという選択肢があっても良さそうだ。

更新日:2018/09/26 9:14:08
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。