WiMAXの1年契約キャンペーン

WiMAX2+はここ数年1年契約がなくなり2年契約と3年契約が中心だった。それも2019年にはほぼ3年契約だけとなっていた。

しかし、2年契約と3年契約が共存していた頃は2年契約の方が人気だったし、1年契約があった頃には1年契約も根強い人気があった。

モバイル通信技術は、1年も経つとかなり進歩する。契約後1年経つと、もっといいサービスだったりもっと安いサービスだったり、いずれにしても、乗り換えたいサービスが登場している可能性が高い。

そんなことを考えている人は多いようでWiMAXも1年契約は人気だった。

WiMAXの1年契約のキャンペーンは、実は隠れた人気キャンペーンだったのだ。

当サイトのようなWiMAXキャンペーンサイトでは、1年契約の場合やや割高感があり、全体でみると人気は落ちるので人気ランキングにすると下位になりがちなのだが、一定数の需要は常にあったものだ。

ところが上述のとおり1年契約どころか2年契約さえなくなっていた。

しかし、2019年10月の新ギガ放題プラン登場に伴い、2年契約も復活し、ついには1年契約も登場した。

料金自体は、料金比較を見てもらうと分かりやすいが、どうしても割高感はある。しかし1年で解約できるメリットはそれなりにあると思う。

また、1年契約は今のところBIGLOBE WiMAX2+だけで、まだ他社の追随は今のところない。

WiMAX1年契約と、契約縛りなしの比較

WiMAXの1年契約は、現時点でBIGLOBE WiMAX以外にはない。1年契約以外となると、UQ WiMAXなどの契約期間条件なしのプランだけだと考えて問題ない。

1年契約のBIGLOBE WiMAXの月額料金は4,378円(税込)。

UQ WiMAXの契約縛りなしの月額料金は4,455円(税込)。

その差は、僅か77円。これだけみれば、わざわざ1年とはいえ契約期間のあるBIGLOBEをおすすめする必要はなさそうだが、BIGLOBEの場合キャンペーンで17,000円のキャッシュバックがある。

しかも、翌月にキャッシュバックされるのだ。すなわち、BIGLOBEの実質的な月額料金は、4,378円-1,417円(17,000÷12ヶ月)=2,961円なのだ。

実に毎月1,370円の差があるので、ここはBIGLOBE WiMAXをおすすめしたい。

WiMAXを2年使う場合もBIGLOBE WiMAXがおすすめ

上述したとおり、1年間だけ使うのであれば、BIGLOBE WiMAXがおすすめだ。

しかし、WiMAXを使う場合、通常はルーターを購入する必要がある。そして、BIGLOBEの場合、ルーター代は2年間使うことで実質無料となる。もし仮に1年で解約した場合は、約1万円の残債が残ることとなる。

他のWiMAXプロバイダの場合でも、契約縛りがない場合などは大抵ルーター代が発生してしまう。

そのため、出来れば2年間は使いたいところだ。

では、2年間使う場合は、どのような選択肢があるのだろうか。

2年間の場合も、ほとんど選択肢はなく、1年契約のBIGLOBEをそのまま使い続けるか、UQ WiMAXなどの2年契約を申し込むかのいずれかだ。

UQ WiMAXの2年契約には、自動更新ありと自動更新なしの2種類がある。自動更新なしの場合は1年契約の時と同じ4,455円だが、自動更新ありの場合は4,268円になる。

従って、BIGLOBEより110円安い。110円×24ヶ月すると2,640円の差だ。BIGLOBEのキャッシュバックは17,000円のため、BIGLOBEをそのまま使い続ける方がお得度が高くなる。

そのため、ここでもBIGLOBEをおすすめしたい。

1年契約のWiMAX2+キャンペーン

BIGLOBE WiMAX2+キャンペーン

BIGLOBE WiMAXキャンペーン
ギガ放題プラン料金
契約年数1年
初期費用3,300円(税込)
初月0円
1~25ヶ月目4,378円+880円(端末代)(税込)
25ヶ月目以降4,378円(税込)
キャンペーン内容17,000円キャッシュバック
3年総額165,028円(税込)

BIGLOBE WiMAX2+からギガ放題の1年契約プランが登場した。しかもサービス開始月の翌月に17,000円のキャッシュバックだ!

対象ルーターはW06、WX06、HOME 02、HOME L02となっており、代金は21,120円(税込)だが、毎月880円(税込)の24回分割払いとなっている。

1年契約ということもあり端末代の分、支払総額は高くなるが月額料金自体は決して高くない。

他社ではありがちな有料オプションへの加入義務はない

なお、口座振替の場合は端末代金21,120円(税込)を代金引換で一括支払する必要があるのと、代引手数料440円(税込)が別途必要だ。

BIGLOBEのベーシックコース220円(税込)が含まれているため、BIGLOBEの光回線などを利用している人なら更にお得だ。

また、1年契約である為LTEオプション1,105円/月は有料となっているが、auスマートバリューmineを利用すればオプション料は無料となる。

BIGLOBE WiMAX2+BIGLOBE WiMAX2+では、端末が不要な人向けに、SIMだけの契約もできる。キャッシュバックは無くなるが、月額料金は端末アリと同額になっている。

コロナ禍で端末出荷が滞っており、もし古い端末を入手できるのであればSIMだけを契約する方法が一番手っ取り早くWiMAXを使う方法かもしれない。

ルーターWX06、W06、HOME 02、HOME L02

BIGLOBEのキャンペーンは6月30日まで!

このキャンペーンの特長はなんと言っても1年契約という点。3年間の総支払額でみるとGMOとくとくBBなどには敵わないが、いつ解約するか分からないから契約期間が短い方がいいというのならBIGLOBEがおすすめだ。

今後、5Gのサービスが本格化することを考えると長期契約よりは1年など短期で契約しておくのも良さそうだ

ただし、端末代金は2年間の分割になっているため、1年で解約すると残金を一括払いする必要がある点は注意が必要だ。

それでも、2年で解約するとしても現時点ならUQ WiMAXよりBIGLOBEの方が支払総額は安い。

従って、1~2年で解約すると思っているのならおすすめなのだが、2年で解約するのならGMOとくとくBBで契約して違約金を払う方が安い。

また、他社からの乗り換えなどで既に端末を持っているのなら、SIMだけの契約もできる(ただしキャッシュバック特典はない)。

契約年数が少ない方がいいのならレンタルという選択肢もある

WiMAXの1年契約は上記を見てもらうと分かると思うが、割高になっている。

UQ WiMAXの2年契約(自動更新あり)の月額料金より高いのだ。

しかし、2年間の支払総額で見れば、BIGLOBEの方が安い。

ところが、2年間の支払総額という点でみるのなら、GMOとくとくBBで3年契約して、違約金を払ってでも解約した方が2年間の総支払額は安くなるのだ。

従って、わざわざ契約年数にとらわれる必要もないという気がする。

筆者は何となく違約金を払うのが嫌なのだが・・・そういう人で、もし、WiMAXでなくてもいいと考えているのなら、レンタルWiFiという選択肢もある。

機種が選べないとか、WiMAXではなくてLTEしか選べないなど各社によって様々な制約はあるのだが、契約期間が短かったり全くないものある。

かといって長期間使ったとしても決して割高なわけでもない。

端末を借りているという点に不満がないのであれば、レンタルWiFiを検討してみてはどうだろうか。

更新日:2021/05/13 8:57:46

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ