DMMモバイルは本当の格安SIM

DMMモバイルの最大の魅力は、やはり価格だろう。

当初は業界最安値を謳っていたが競争が激化して他社の細かな攻勢に対応しきれなかったのか、現在は業界最安値水準ということで、プランによっては他のMVNOに最安値を譲っているところもあるが、それでも、料金だけ見れば、格安SIMの中でも格安の料金と言える。

DMMモバイルのキャンペーン情報

DMMモバイルの格安SIMはIIJがサポート

DMMはプロバイダ業を行っていない会社であるが、このような会社が健全にMVNOとして運営できるのか?という心配する人もいるのではないだろうか。

実際、プロバイダが運営する格安SIMと、そうでない会社の場合、混み合ったときの裁き方が、プロバイダ業を行っている会社の方が一日の長があるものだ。

では、DMMはダメなのか?というと、実はそうでもない。なぜなら、DMMmobileのMVNEはIIJだ。

MVNEを間に挟んでいる格安SIMの場合、MVNEのでき次第で回線速度などはかなり影響を受けるが、IIJは品質がいいこと有名であり、なにより日本国内のプロバイダの草分け的存在だから、やはり安心感は別格だ。

そのIIJがサポートしているのであれば、信頼していいだろう。

DMMモバイルの格安SIMはバースト機能?!

DMMにはバースト機能という特長がある(ただし、これはDMMというよりはIIJの特長とも言える)。

速度制限がかかると200kbpsになってしまうが、バースト機能があると、最初の少しだけ、LTEの速度で転送されるのだ。

これにより、メールのようなテキストなら、ほとんど転送が完了してしまうので、速度が遅くてもあまり気にならないという仕組みだ。

画像が多いと、あまり効果はないが、メールやLINEなどであれば、もうLTEがいらないのではないか?という気もするくらいだ。

DMMモバイルの格安SIMカードのその他の特徴

その他には、8GB以上のコースだけになるが、SIMカードを最大3枚まで持つことができる。データ通信だけなら、SIMカードを追加してもに月額料金は変らない。1人でタブレットやスマホなど複数端末を持つケースもあるだろうし、家族などとシェアするなど、様々な使い方ができそうだ。

余ったデータ通信量の繰り越しにも対応している。翌月までは有効で、翌々月には失効する。追加チャージ分については、翌月から3ヶ月後の末日までは有効となっているので、比較的気軽にチャージもできるのではないだろうか。

セット販売されるSIMフリースマホの種類が多いのも他社とは一線を画している。

DMMmobileの有料オプション

DMMモバイルでも、いくつかの有料オプションが用意されているので、紹介しよう。

DMM Wi-Fi by エコネクト

DMMモバイルには無料のWiFi接続サービスは無いのだが、Wi-Fi接続できるようになる有料オプションが用意されている。

それが、この「DMM Wi-Fi by エコネクト」だ。

DMM Wi-Fi by エコネクトは、月額362円で、日本全国の公衆無線LANのアクセスポイントが利用できる。

アクセスポイントとしては、BBモバイルポイントとWi2だから、格安SIMでは一般的だといえそうだ。

これもありがちだが、「Wi2premium」「Wi2premium_club」は利用できないため、アクセスポイントの数ほど使い勝手のいいサービスとは言い難い。

名称から分かるようにエコネクト社のサービスをそのまま提供しているようで料金も直接エコネクト社と契約した場合と同額だし、料金自体もとりたてて安いわけでもない。

DMMモバイルのオプションとして利用するメリットがあるようには思えず、もしWi-Fiが必要であれば、無料WiFiサービスの付いている格安SIMをおすすめしたい。

スマート留守電

スマート留守電は、留守電メッセージを文字として表示するサービスだ。

不在時に、スマート留守電のセンターに繋がり伝言を受信する。すると、その音声を文字変換してくれ、メールやスマート留守電アプリで確認できるようになるサービスだ。

音声は、mp3のデータが添付ファイルとして添付される。

また、宅配便などの電話番号の場合は、連絡先に登録が無くてもデータベースから検索してくれて表示される。

当然だが、留守電センターにわざわざ電話する必要はないし、メッセージを文字の確認自体にはメールの受信に要するパケット料のみだから、別途通話料などは不要のため海外などでも利用しやすい。

料金は、月額290円となっている。

タブホ

タブホは、OPTiM社が提供するサービスで、ビジネス誌から趣味の雑誌まで400誌以上、1,000冊以上の雑誌が読み放題になるサービスだ。

一度ダウンロードすると、7日間はオフラインでも読むことができる。

月額料金は500円となっている。

このサービスもWi-Fiオプション同様、他社と同額のため、このオプションのためだけにDMMモバイルの格安SIMを選ぶ必要はないだろう。

DMMモバイルの利用者がタブホを利用したいのであれば使える程度のサービスと思われる。

DMM光mobileセット割!

DMMではフレッツ光の光コラボレーションを使った光回線サービスのDMM光を提供している。

そして、そのDMM光とDMMmobileの両方を利用するとDMM光mobileセット割が適用され、毎月500円割引される。

DMMモバイル

DMMモバイルの最大の魅力は、価格だろう。「一時的なキャンペーン価格と原価を下回る場合を除いて、さらに安い値段での提供を目指す」としており、実際、他社が値下げした場合も追随しており最安値になっている。コストで選ぶならDMMモバイルで決まりだろう。

中でも、660円/1GBの超格安プラン。これは、DMM.comの会員獲得など相乗効果を狙った戦略的価格のため、DMMのようなコンテンツを持っていないプロバイダなどでは難しい価格だろう。

1GBと容量が少ないが、大半の時間でWiFiを使えるという人や、そもそもほとんど使わないという人なら、1GBでも十分使える方も少なくないはずだ。

加えて、DMMモバイルの場合は、速度制限になった場合でも、バースト機能として、最初の一定量のみLTEの速度が出るようになっているので、動画は厳しいが、メールのチェックくらいすぐに読み込んでくれるので、速度制限になってもさほど問題ない。

プロバイダ以外の業者の場合、システム不安はあるのだが、DMMモバイルでは、IIJのMVNOサポート事業を利用しているため、システムなどはIIJのものを使用している。IIJのシステムなら、やはり安心感が違う。

なお、通信速度は、最大225Mbpsとなっている。残念ながら、対応している端末は現時点ではほとんど無い。

また、DMMモバイルはスマホセットの格安スマホの種類も、楽天モバイルについで多いのも特長だ。

DMMモバイルのデータ通信プラン一覧

プラン名通信量上限通信速度月額料金
シングルコース1GB1GB225Mbps480円
シングルコース2GB2GB225Mbps770円
シングルコース3GB3GB225Mbps850円
シングルコース5GB5GB225Mbps1,210円
シングルコース7GB7GB225Mbps1,860円
シングルコース8GB8GB225Mbps1,980円
シングルコース10GB10GB225Mbps2,190円
シングルコース15GB15GB225Mbps3,600円
シングルコース20GB20GB225Mbps4,980円
シェアコースデータSIMプラン8GB8GB225Mbps1,980円
シェアコースデータSIMプラン10GB10GB225Mbps2,190円
シェアコースデータSIMプラン15GB15GB225Mbps3,600円
シェアコースデータSIMプラン20GB20GB225Mbps4,980円
シングルコースライト無制限200bps440円

DMMモバイルの音声通話付きデータ通信プラン一覧

プラン名通信量上限通信速度月額料金
シングルコース1GB1GB225Mbps1,260円
シングルコース2GB2GB225Mbps1,380円
シングルコース3GB3GB225Mbps1,500円
シングルコース5GB5GB225Mbps1,910円
シングルコース7GB7GB225Mbps2,560円
シングルコース8GB8GB225Mbps2,680円
シングルコース10GB10GB225Mbps2,890円
シングルコース15GB15GB225Mbps4,300円
シングルコース20GB20GB225Mbps5,980円
シェアコース通話SIMプラン8GB8GB225Mbps4,080円
シェアコース通話SIMプラン10GB10GB225Mbps4,290円
シェアコース通話SIMプラン15GB15GB225Mbps5,700円
シェアコース通話SIMプラン20GB20GB225Mbps7,380円
シングルコースライト無制限200bps1,140円

国内通話料:20円/30秒

SMS送信料:送信:3~30円/通 受信:無料

スマホセット対象のスマホ一覧

機種名価格備考
ASUS ZenFone2 Laser22,800円
ASUS ZenFone339,800円
ASUS ZenFone Go19,800円
ファーウェイ P9lite29,980円
ファーウェイ P959,800円
ファーウェイ Y69,800円
ファーウェイ GR534,800円
モトローラ Moto G4 Plus35,800円
富士通 ARROWS M0229,800円
富士通 ARROWS M0333,800円
シャープ AQUOS SH-M0229,800円
Acer Liquid Z53024,800円
ASUS ZenPad 7.021,800円
NEC Aterm MR05LN23,000円

DMMモバイルの解約方法

DMMモバイルには、DMMモバイルマイページというページがWEB上にあるので、その中で、解約することができるので、簡単だろう。なお、毎月の最終日には解約申し込みができないので、早めに申し込む必要がある。

解約した場合、SIMカードは返送する必要がある。

2016/11/24 8:20:53

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

  • DTI SIMは格安SIMの中の格安SIMDTI SIMは格安SIMの中の格安SIM
    DTI SIMは積極的なキャンペーンと格安な価格設定で人気の格安SIMだ。通常の音声通話のかけ放題にも対応しており、電話を頻繁にかける人におすすめだ。また、ネット使い放題プランもある。
  • 楽天モバイルの格安SIM 楽天でんわで音声通話も格安!楽天モバイルの格安SIM 楽天でんわで音声通話も格安!
    ドコモのMVNO楽天モバイルの格安SIM。楽天だけあって楽天ポイントが貯まる。格安スマホやルーターとのセット販売も多数用意されている。楽天でんわを使えば10円/30秒で通話できる。データ通信量を確認できるアプリもある。
  • @nifty WiMAX 2016年12月キャンペーンの詳細情報@nifty WiMAX 2016年12月キャンペーンの詳細情報
    @nifty WiMAXは人気のワイマックスプロバイダの一つです。@nifty WiMAXは、キャッシュバックキャンペーンを随時実施しています。キャンペーン内容は毎月変わるので要チェックです。
  • OCNモバイルONEは安定感抜群の格安SIM!3日間の速度制限無しOCNモバイルONEは安定感抜群の格安SIM!3日間の速度制限無し
    OCNモバイルONEはシェアトップクラスの格安SIMだ。他のMVNOの攻勢でやや陰りは見られるが、それでも回線の安定性などで人気の格安SIMだ。3日間のデータ通信量による速度制限が無いのが最大の魅力だ。無料WiFiにも対応している。