回線の品質では随一の格安SIMならIIJ

IIJmioは格安SIM最大手ともいえるMVNOだ。実績も評判も随一といっていいだろう。

価格も最安値水準であるから、特に選ばない理由はない。

IIJは、MVNEとしてMVNO支援事業も行っている。IIJを上位とするMVNOには、DMM mobileやBBエキサイトモバイルなどがあるが、総じて回線の品質に関しては評判がいい。イオンモバイルもIIJをMVNEとしている模様だ。

IIJ自体も、品質を売りにしているので、品質を気にするのなら、IIJmioもしくは、IIJ系MVNOはおすすめだ。

IIJmioのキャンペーン情報

IIJmioの特長だが、DMM mobileで有名だが、バースト転送機能が最大の特長だろう。これは速度制限時に最初の75KB(200kbps×3秒分)だけ最大225Mbpsで転送してくれる機能で、動画などではあまり効果は無いが、テキストが中心など転送量の少ないサイトを見たり、LINEやメールなどであれば、速度制限がかかっているのが分からないくらい普通に使える。Twitterのタイムライン程度ならこのバースト転送でほとんどいけてしまう。

ちょっとしたWebサイトの閲覧やLINE、メールなどが主であれば、この機能だけのためにIIJmioもしくはIIJ系MVNOにしておきたいくらいだ。このバースト転送機能があれば、速度制限も気にせず使えるという人も少なくないだろう。

なお、このバースト転送機能は、速度制限時のみでなく、高速通信をOFFにしても機能する。

みおふぉんダイアルで50%OFF

みおふぉんダイアルは、プレフィックス番号を付加して発信する音声通話だ。

IIJmioの音声通話機能付きSIM(みおふぉん)を契約している人なら誰でも利用できる。

みおふぉんダイアルアプリを使えば、自動的にプレフィックス番号を付加してくれる。また、スマホに登録している連絡先も同期することができるため、わざわざ連絡先を登録する必要はない。

通常の音声通話は20円/30秒だが、このプレフィックス番号を付加することで、10円/30秒の50%OFFとなる。

なお、このプレフィックス番号を付加したからといって、通話先にプレフィックス番号が表示されることはない。

IIJmio

IIJmioは、格安SIM最大手ともいえるMVNOだ。

バースト転送機能があり、速度制限がかかっても、ちょっとした表示なら高速表示されるので、テキスト中心で使うなら、速度制限されても、通常通り使えてしまう人もいるだろう。

また、高速通信のON/OFFを簡単に切り替えられる機能もあるので、高速通信は必要な時以外はOFFにしておけば、データ量を超える可能性が低くなる。

ファミリーシェアプランもあり、これは、SIMを最大3枚まで使えるので、家族で、共有したり、複数の端末に使ったりできる。

IIJmioのデータ通信プラン一覧

プラン名通信量上限通信速度月額料金
ミニマムスタートプラン3GB225Mbps900円
ライトスタートプラン5GB225Mbps1,520円
ファミリーシェアプラン10GB225Mbps2,560円

SMS対応:140円/月

SMSを利用する場合はSMS機能付SIMカードが必要

IIJmioの音声通話付きデータ通信プラン一覧

プラン名通信量上限通信速度月額料金
ミニマムスタートプラン3GB225Mbps1,600円
ライトスタートプラン5GB225Mbps2,220円
ファミリーシェアプラン10GB225Mbps3,260円

国内通話料:20円/30秒

SMS送信料:送信:3~30円/通 受信:無料

スマホセット対象のスマホ一覧

機種名価格備考
ASUS ZenFone2 Laser27,800円
ASUS ZenFone Max27,800円
ASUS ZenFone Go19,800円
ファーウェイ P8lite28,600円
ファーウェイ GR532,800円
富士通 ARROWS M0229,800円

IIJmioのFAQ

IIJmioに関する気になること、FAQを紹介している。

SMSを後からつける

SMSの有無は、SIMカードで行っているので、SMSのないSIMカードを利用中に、SMSをつけたい場合は、SMS機能付のSIMカードに変更する必要がある。

なお、SIMカード交換には、1枚につき2,000円の費用が発生する。

また、逆にSMS付SIMカードからSMS無しにする場合も、SIMカードの交換が必要だ。

IIJmioの解約

IIJmioの解約はWeb上でできる。

なお、解約付の日割りはなく、解約日は月末日となる。

SIMカードはレンタルであるため、解約後返却する必要があるが、返却できなかった場合でも特にペナルティはないようだ。

2016/07/04 13:21:48

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

  • NifMoは@niftyの格安SIM 安いだけじゃなく得するSIMNifMoは@niftyの格安SIM 安いだけじゃなく得するSIM
    @niftyの格安SIMであるNifMoは、格安SIMとしても十分格安なのだが、トクする仕組みが最大の特長。提携ショップで買い物をしたり、NifMoのおすすめアプリをダウンロードすると割引還元があるのだ。
  • DMMモバイルの格安SIMはバースト機能で速度制限も大丈夫!DMMモバイルの格安SIMはバースト機能で速度制限も大丈夫!
    DMMモバイルの格安SIMカードは、1GBで660円という業界最安値水準の価格だ。しかもバースト機能で速度制限化でも実用的な通信が可能になっていたり、シェアコースもあるなどユニークな格安SIMカードサービスだ
  • ビッグローブの格安SIM イオンスマホでも使われるMVNOビッグローブの格安SIM イオンスマホでも使われるMVNO
    格安スマホのイオンスマホとセットで販売されることが多いビッグローブの格安SIM。もちろんビッグローブで単体で契約できる。老舗ISPが提供する格安SIMはやはり安心だ。繰越やWiFiスポットにも対応した格安SIMとしても老舗なのがビッグローブ。
  • イオンスマホなら格安スマホの契約も超簡単!格安SIMも登場イオンスマホなら格安スマホの契約も超簡単!格安SIMも登場
    イオンモバイルが提供するイオンスマホの登場で格安スマホ市場が一気に活性化しました。それまで難しそうだった格安スマホだが、イオンスマホなら大手キャリア同様にイオン店舗で契約することもできる。簡単に使える格安スマホが欲しい人におすすめの格安スマホだ。