格安スマホで格安料金?

格安スマホはMVNOが提供する格安SIMを指したスマホ。

各MVNOの格安SIMは、ドコモなどキャリアの料金と比較すると格安な為、格安スマホにすれば、月額料金が安くなると言われている。

しかし、格安スマホに変更する方法が分からない、どのMVNOのどの格安SIMがいいか分からない、それに格安スマホって本当に安くなるの?など、様々な疑問があるだろう。

以下では、格安スマホの概要と、格安SIMの選び方、格安SIMランキングを中心に格安スマホ、格安SIMの疑問に答えている。

なお、SIMフリーのスマホ本体の端末に関してはコチラで紹介している

月額1,980円からの格安スマホ

格安スマホというと、SIMフリーのスマホを用意して格安SIMを契約して・・・と、格安になるというのはなんとなく分かっていても、実際どのくらい格安になるのか?一体月額料金はいくらなのかが分かりづらかった。

今、格安SIMの世界では楽天モバイルがシェアトップに躍り出たと言われているが、最近でなかなか熱い戦いをしているのが、Y!mobileとUQモバイルではないだろうか。

ソフトバンク系のY!mobileは、以前から格安スマホとキャリアの間に位置していたし、au系のUQモバイルは回線品質の評判は良かったものの、なにぶん特殊な通信方式故に使えるSIMフリースマホがほとんどなく、オススメしたくてもオススメできなかった。

ところが今では、月額1,980円からという月額料金を掲げて格安スマホを牽引しようする勢いだ。

月額1,980円というのは、最初の1年程度の期間限定で、実際には2,980円~と言うのが正確なところだが、それでも十分格安だろう。

例えば、Y!mobileは1GB/月で10分以内のかけ放題(300回/月まで)が付いているし、UQモバイルも1GB/月と5分以内のかけ放題となっている。あとは2年間2GBになるなどのキャンペーンを実施している。

では、ドコモ系の格安スマホは?というと、格安SIMシェアトップの楽天モバイルを紹介してみると、こちらも1年目1,880円~となっている。100円下げてきている辺りは楽天らしいと言うところだろうか。

ただし、2年目以降は2,980円で一緒だ。データ量は2GB+5分以内のかけ放題となっているので、3社ともほとんど同じだ。

ハッキリ言ってしまえば、どれを選んでもそんなに違いはない。

かけ放題の時間的なところとか、ソフトバンクとau、ドコモのどの回線が好みかと言うような話になる。

ただし、楽天モバイルの場合はプレフィックス方式で格安音声通話を実現しているので、使い勝手は若干落ちるのかもしれない。

いずれにしても、格安スマホに変更すると、概ね2,980円/月+スマホ代で利用できるようになる。キャリアだと6,000円前後するのでおおよそ半額になる計算だ。

格安スマホの概要!格安スマホで通信費は安くなる?

最近はSIMフリーのタブレットも多くなったこともあり、各社、格安なSIMを販売している。

通常タブレットをLTE回線で契約すると毎月3,000円以上はするわけだが、格安SIMを使うと、1,000円程度で済んでしまう。

格安SIMと言っても、各MVNOは、ドコモなどのMNOのネットワークを使っておりエリアは携帯電話と変わらないため、繋がりにくいなどの心配はない。

では、デメリットはないのか?というと、さすがにそうはいかない。でも、デメリットが気にならない人にとってはとてもお得な回線だろう。

格安SIMのデメリットは、音声通話が、MNOよりは高めの設定になっていることが多い。特に、ドコモなど通話時間の制限がなくなった昨今からすると、割高感は否めない。

電話をかける頻度が少ない人は格安SIMがおすすめだ。

LINEなどを使っての音声通話もデータ量が増えてしまう為、格安SIMとの親和性がいいとは言えない。この場合、自分からかけるか否かは関係なく、利用すればデータ量が上がるので、格安SIMではあまりおすすめできない。そうはいっても、3MB/分程度のようなので、5時間話してようやく1GBくらいのようだから、気にしなくていい人が多いかもしれない。

いずれにしても、音声通話はもっぱら待受中心という人にこそ格安SIMはオススメで、電話をかけることが多いのなら3大キャリアやワイモバイルと契約しておいた方が格安になる可能性が高い。

もしくは、音声通話はキャリアで契約して、データ通信はMVNOの格安SIMを使うという2台持ちという方法もある。これでも随分、月額は抑えることができるし、実際、音声通話はガラケーを使い、スマホでは通話はしないような人も多い。

また、格安SIMは、最近は、スマホとセットで販売されることも多いが、基本的には、SIMフリーの端末を用意しないといけない。ドコモのスマホなどであれば、SIMフリーでなくてもドコモのMVNOの格安SIMは使えるが、そうでない場合は、SIMフリーの端末を用意しないといけない。

最近は、SIMフリーのiPhoneもあるくらいで、SIMフリースマホSIMフリーのタブレットなども多数登場登場してきている。

ただし、このSIMフリーの端末については少々注意が必要だ。日本国内で正規で販売されているSIMフリーの端末の場合、ほぼ問題ないだろうが、海外製品を輸入して販売されているSIMフリー端末では、格安SIMを挿しても繋がらないことがある。

これは、格安SIMとの相性というような問題もあるのだが、それ以前に、日本国内の周波数帯に対応していないというケースも多い。海外と、国内で販売されているものでは、見た目は同じでも、中身が少々異なっていることもあるから、あまり詳しくない人は、正規品を入手した方がいいだろう。

端末も、格安なSIMフリースマホでいいという人は格安SIMでも問題ないが、iPhoneなどハイエンドなスマホを使いたい人なら、キャリアで、契約して、スマホ代をサポートしてもらう方がお得なケースも少なくない。

特に2年ごとに最新機種に機種変するという人は、月々サポートなどを利用して購入すると、格安SIMを利用するケースと比較して、ビックリするような価格差は無くなってしまう。もちろん、毎月のデータ通信量が多い人ほど格安SIMの使用は有効だ。一般的な1~3GB/月だとメリットは大して無くなってしまう。

簡単にシミュレーションしてみよう。

例えば、2015年6月現在、ドコモでiPhone6(16GB)を購入する場合、ドコモでは実質9,720円(税込)で機種変できる。

一方アップルストアで購入した場合は93,744円(税込)だ。

その差は84,024円。

これを24ヶ月で割ると、3,501円となる。ドコモで契約した場合、2GBのプランで月額6,500円となり、また、格安SIMで、3GBのプランだと、だいたい1,000円弱なので、その差は、約2,000円となるのだ。

ここに、格安SIMの場合通話料が上乗せされるわけだ。電話を使わないのであれば、十分安いが、電話を使う回数が多い人というより、月に50分以上電話をする場合、ドコモの方が安くなるということになる。ドコモの利用年数が15年を超えていたら、もっと価格差は小さくなるし、キャンペーンをうまく利用すれば条件は随分変ってくる。

ただし、このシミュレーションは、2年毎に新しい機種に変更することが前提だ。もっと長期間に渡って利用したり、そもそもハイエンド機種は必要ない場合、また、月間10GBのプランを契約するなどの場合は、格安SIMを利用した方が安いのは言うまでも無い。あくまでも、何でもかんでも格安SIMを利用したら安くなるわけではないというパターンの例だ。

例えば、データ量を月間10GBは欲しいという人は、キャリアとも契約しておいて、格安SIMも別途契約するという2台持ちがおすすめだ。

ドコモだと、パケット料が月間9,500円もするが、格安SIMだと3,000~4,000円で利用できるのだ。約6,000円/月も割安になるのだ。

まとめると、常にハイエンドスマホを使いたい人、電話をよくかける人は、キャリアの方が格安になる可能性はある。

電話は待受中心、もしくはほとんど利用しない人や、データ量が多い人は、格安SIMの方が安くなる可能性が高い。

このように格安SIMを使うと何でもかんでも安くなるというわけでは無いが、上手に使えば、安くすることはできるので、自分がどういう使い方をするのかをよく考えてから契約することをおすすめする。

人気MVNOの格安SIM比較ランキングはコチラ

格安スマホの通信速度は速い?遅い?

格安スマホを使う上で、気になる一つの点は、その通信速度だろう。

はっきり言ってしまえばキャリアよりは遅い。だから格安なのだ!と言い切ってしまってもいいだろう。

各MVNOの格安SIMの速度を計測している雑誌や、サイトもあるが、これも、どの程度参考になるかは、かなり微妙だ。

なにより、ユーザーが何時頃にどこで接続によって全く異なるのは言うまでもない。

地下鉄に乗ると今でこそずっと接続できる区間が多いが、かつては駅以外は接続できなかったわけだが、そういう場合、駅での速度は使い物にならないくらい遅くなることは、キャリアの回線を使っている人でも経験があると思うが、このように場所や時間でもかなり異なる。

さらに、MVNOがキャンペーンなどで、想定以上に契約数が伸びた場合などは、ユーザーを捌き切れずに通信速度が遅くなるのは、よくある話だ。

無料キャンペーンなどで契約した場合は、特にそういう傾向が強い。

しかし、こういう場合は、MVNOの調整や回線増強などで改善していく。ただし、このあたりも、MVNOの方針があるので、どこまで改善するかは分からない部分だし、改善に要する期間もバラバラだろう。

無料キャンペーンで増えたユーザーの中には、無料期間が終わったら解約する人もいるだろうから、それを見込んだ改善策をMVNOが取るのは致し方がないところもあり、ある程度落ち着くまでは速度の改善は期待しない方がいいのかもしれない。

そういう意味では、あまり強力なキャンペーンを実施せずに、安定的にユーザーに人気のある格安SIMを選んでおいた方が無難なのは間違いない。

少し話がそれてしまったが、格安SIMの場合、あまり速度面では期待しないことがいい。どこでもLINEやメールが見れるくらいなら十分使えるのが格安スマホというところだ。

ましてや、データ通信量無制限のプランであれば、尚更だ。

パソコンを接続して、仕事に使うというのであれば、WiMAXなどデータ通信専用の回線の契約を検討するのが無難だ。

実際、格安SIMを契約している人の多くが1,000円未満のプランを契約していることを鑑みれば、格安スマホはヘビーユーザーというよりは、あまり使わない人にとってメリットが大きいだろう。

音声通話料金から診る格安スマホ比較

格安スマホに乗り換える時に、一番問題となるのが音声通話に関する部分だろう。

基本的に、格安SIMの音声通話は高い。

従って、音声通話を頻繁に利用する人が格安スマホに乗り換えると、格安スマホどころか割高スマホになるケースも十分考えられる。

現在、キャリアの音声通話は、話し放題が一般的だが、格安スマホの場合は20円/30秒だ。

格安スマホにして、仮に月額基本料金が5,000円安くなっていても、125分/月通話すると、その安くなった分はなくなってしまうのだ。

しかし、格安スマホにしたいけど、音声通話もそれなりに使用するという人もいるだろう。

音声通話を前提に、格安スマホを比較してみよう。

まず、音声通話には、通常の音声通話と、IP電話の2種類がある。

一般的に、IP電話は格安だが音声の品質は落ちる。昔ほどではなくなってきたが、それでも個人的には、仕事などで使うことは考えられないし、あまりおすすめしたくはない。

それでも、友達や家族と話すのなら、十分だろう。

また、通常の音声通話にも、格安にする方法がある。

それが、プレフィックス型サービスだ。電話番号の前にプレフィックス番号という特定の番号を付けて電話をすることで、格安になるサービスだ。

プレフィックス番号を付与するのが面倒だが、ほとんどの場合、専用アプリが用意されているので、そのアプリを使って電話をかければ通常の電話と何らかわらない。

それで通話料金が半額などの格安になるのだから、利用しない手はないだろう。

音声通話の定額通話(かけ放題)サービスの詳細はコチラ

ほとんど使わないけど音声通話付SIMを持っておきたい人向けおすすめ格安スマホ

子供用など、ほとんど使わないけど、一応、格安スマホを持っておきたい人も多いだろう。そんな原則として使わない、もしくは着信がほとんどであるケースで、月額料金でできるだけ格安にしたい場合の格安SIM比較をしてみる。

データ通信についても、WiFiなどフル活用するということで、LTEのデータ量は少ない、もしくはLTEの速度が出ないSIMを対象とする。

音声通話については、090など通常の音声通話が必要な人と、IP電話でいい人では少々異なってくる。IP電話で良ければ、LINEでもいいという人もいるだろう。そういう人は、シンプルにデータ通信だけの格安SIMを契約すれば問題ない。

もしくは、データ専用SIMにオプションでIP電話を付ければいいのだ。

例えば、OCNモバイルONEなら、050plusというアプリがある。これだと、月額300円だ。

従って、データ通信SIMの最安プランを利用すれば、900円+300円の1,200円で通話までできるようになる。ただし、アプリを常に起動させておく必要があるため子供や年配の方が利用する場合、若干不安を感じる方もいるかもしれない。

子供やシニア層が持つという前提で考えれば、できるだけシンプルな方が望ましいだろうから、そういうことを踏まえれば、おすすめはTONEだ。

基本的にはIP電話だし、通信速度も 500Kbps~600Kbpsと遅い。しかし、月額料金は1,000円と格安だし、パケットは遅いが使い放題だ。おまけに位置情報の確認も簡単にできるようになっているので子供に持たせるにはピッタリではないだろうか。

デメリットは、専用端末が必要なため、その代金として最初に 29,800円必要となる点だろうか。既にSIMフリースマホを持っている人の場合でも、専用端末が必要なのだ。

これが問題なければ、一つの選択肢といえるだろう。

090など通常の音声通話が使えた方がいいというのであれば、もう少し料金は高くなってしまう。しかし、アプリ起動の必要もなくなるから、トラブルは少ないと思われる。

この場合は、1,400~1,600円位が格安SIMを利用した場合の相場だろうか。イオンモバイルの500MBのプランなら月額1,180円だ。子供に持たせるのなら、これが一番おすすめかなと思う。

但し、格安SIMの音声通話の通話料金は高いので、発信をほとんどしないという前提だ。

子供などに持たせる場合に、勝手に発信する可能性があるのなら、話し放題などのオプションがある格安SIMを選んでおいた方が無難なケースもあるだろう。

話し放題のプランは少々ややこしいので、まずは、話し放題なしのケースで、ここまでの話をまとめてみる。

音声通話は、LINE電話で問題ないのであれば、適当な格安SIMのデータ通信プランでいいだろう。格安SIM人気ランキングなどを参照してもらいたい。

LINEのアカウントはないなどLINEは使いたくない人で、IP電話でいい人は、シンプルさと価格の安さで1,000円のTONE。

続いて、OCNモバイルONEデータ専用110MB/日+050plus。これだと1,200円だ。

IP電話ではなくて通常の音声通話がいいという人は、イオンモバイル音声500MBプランが1,180円。

他だとDTI SIMの音声プラン1GBが1,200円。イオンモバイル音声1GBプランが1,280円。DMMモバイル通話SIMライトプランが1,140円。DMMモバイルのこのプランはLTEの速度が出ませんが使い放題だ。

このあたりが最安クラスだろう。おすすめは比較的評判がいいイオンモバイルだが、DTIもDMMも評判が悪いわけではない。

2016/11/24 8:21:00

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。